日常のうんちく

まとめてはダメ!洗濯のとき必ず分けて洗うべきモノとは?

洗濯のとき必ず分けて洗うべきモノに関する雑学

洗濯…好きな人も多少はいるのかもしれないが、男の一人暮らしの私は大嫌いだ。といってもしないわけにもいかないし…。

特に洗濯で悩むポイントは「衣類はどれも一緒に洗って大丈夫なのか」ということだ。別に気にしないという声も聞こえてきそうだが、モノによっては洗濯した意味がなくなってしまうなんてことも…。以下より、洗濯の洗い分けの必要性を解説していこう!

【生活雑学】洗濯のとき必ず分けて洗うべきモノとは?

洗濯の際にほかの洗濯物と分けて洗ったほうがいいと断言できるのは「足ふきマット」。汚れがひどい衣類や雑巾、初めて洗う色柄物も分けたほうが好ましい。

【雑学解説】「足ふきマット」は分けて洗うべき

洋服・下着・靴下・布団カバー・タオル…。男の一人暮らしでさえこれだけのものを洗濯するのだから、女性や子持ちの家庭の洗濯は本当に骨が折れるものだと感じさせられる…。

洗濯の手間や水道料金のことを考えると、これらはできるだけ一度にまとめて洗ってしまおうと考えがちだ。私がズボラなのかもしれないが、一人暮らしで一日に何度も洗濯機を回す人は少ないだろう。

しかし衛生上、他の洗濯物とは分けて洗った方がいいものもある。代表的なのが、お風呂の「足ふきマット」である。

足ふきマットには、雑菌やほこり、髪の毛などがたくさんついている。一緒に洗ってしまうと、汚れが他の洗濯物に移ってしまう可能性が非常に高いのだ。場合によっては洗濯前よりも汚い…なんてことも!

他にも、子どもが遊んでドロドロにした服や、カレーやワインなどで濃いシミができてしまった衣類も、一緒に洗濯すると汚れが移る可能性がある。

また汚れとは別だが、初めて洗う色柄物も、他の洗濯物に色が移ることがあるので、分けて洗うのが無難だ。真っ白なワイシャツがピンクっぽくなってしまったなどは、よくある失敗談である。

服の色移りをたしかめるには、裾の裏など目立たない部分に洗剤を少し溶かし、白いタオルでこすってみるといい。タオルに色が移るのなら、他の衣類にも色映りする可能性が高いぞ。

スポンサーリンク

【追加トリビア】洗濯機を回すのは何時までならOK?

社会人で一人暮らしとなると、洗濯のタイミングにも気を使う。夜遅く帰ってきて近隣を気にしながら洗濯を行う人もいるだろう…。一般的に洗濯機は夜何時までなら回してOKなのだろうか?

家事の中でもひときわ大きな音が出る洗濯…、ここはひとつ先輩社会人の声に耳を傾けてみよう。

マイナビフレッシャーズが行ったアンケートによると、「平日夜は何時まで洗濯機を回しても良いと思うか?」という質問に対する一番多い回答は「21時」だった。

21時と答えたのは33人で、割合にすると18.9%。しかし、2位から4位までの差が少ないのもこの調査の特徴だ。

  • 第1位「21時」33人(18.9%)
  • 第2位「22時」28人(16.0%)
  • 第3位「23時」27人(15.4%)
  • 第4位「20時」26人(14.9%)
  • 第5位「0時」19人(10.9%)

各回答の差が少ないため、何とも言えないところはあるが、20時より前であれば、洗濯機の音が迷惑になることはほぼないといえそうだ。

ただ、忙しい現代人のこと、20時以降に洗濯をできないとなると、現実的でない人も多いだろう。個人的には、日をまたがなければOKではないかと思うが…。

トリビアまとめ

足ふきマットは家庭の洗濯物でも特に雑菌や汚れが激しいものなので、洗濯のときはなるべく分けて洗う方が良い。その他の衣類については個人差があるところだが、汚れがひどいモノや、初めて洗う色柄物はやはり別にしておくのが無難だろう。

洗濯は面倒だが、綺麗になった洗濯物をベランダで干していると、清々しい気分になったりもする。せっかく洗うのだから、より綺麗に洗えるように配慮していきたいところだ。

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.