意外 武将・武士

ほんとっぽい。豊臣秀吉は指が6本あった説。|面白い雑学

豊臣秀吉は指が6本あった説に関する雑学

歴史上の有名人といえば? …という質問の答えの中に、必ずといっていいほど入っている豊臣秀吉。日本史を学習した人の中で、その名を聞いたことがないという人はいないだろう。

では、豊臣秀吉と聞いて思い浮かぶものは?

関白・太閤検地・刀狩り・鳴かせてみ(せ)ようホトトギス・農民の希望の星・人たらし・猿・ハゲネズミ…

他にもいろいろ有名なエピソードがある。というか、ハゲネズミって…。織田信長が命名したそうだがさすが信長公、「猿」よりえげつないニックネームだ。

そんな豊臣秀吉、指が6本あったという説があるのはご存知だろうか。

実はこのエピソード、根拠のない噂話ではなく書物にも書かれている! 今回は、豊臣秀吉の噂についての雑学を紹介していくぞ!

【歴史雑学】豊臣秀吉は指が6本あった

豊臣秀吉は多指症により指が6本あったといわれていて、書物にも書かれている。

【雑学解説】秀吉の容貌や態度について

歴史上の人物に関する説や逸話は、なんとなく嘘っぽいものも多い。何百年も前の資料なんて残っていない方が普通で、確認するすべもないのだから仕方がないが。

逆に、資料が残っていれば、どんなに作り話っぽいことでも「事実」になりえる。

「豊臣秀吉の指が6本あった」というのも、後から作られた作り話じゃないのか? …と思いきや、この説には「事実」とする根拠が2つもあるのだ!

第一の根拠、ルイス・フロイスの『日本史』

ルイス・フロイスは戦国時代に日本にやってきたポルトガルの宣教師で、日本での活動の記録をまとめたのが『日本史』だ。

その『日本史』の中で、「(豊臣秀吉は)優秀な武将で戦闘に熟練していたが、気品に欠けていた。身長が低く、醜悪な容貌の持ち主だった。片手には六本の指があった――」と書かれている。品がなくてチビでブサイクって…! ちょっと言いすぎなのでは…。

この記述に関しては、「フロイスは秀吉と仲が悪かったし、この記述には私怨が入っている!」という見方もあり、あまり信じられてこなかった。

しかし、いくら秀吉のことが嫌いでも「指が6本あった」という嘘を書く必要があるだろうか?

「フロイスはまるで憂さ晴らしのように秀吉のことを悪く書いているが、そこでさらに『指が6本ある』という嘘をつく必要はない。だから、秀吉の指が6本だったというのは作り話ではなく、フロイスが実際に見たことを書いたに過ぎない。」…といっている人もいる。

いわれてみればたしかに、「指が6本あった」というのは誹謗中傷のための嘘にしては微妙なことのようにも思える。

フロイスが書いたのは「指が6本」という事実だけで、それに対する自分の感想や評価などは書いていないため、ただただ事実を記したのだろう。

スポンサーリンク

第二の根拠、前田利家の『国祖遺言』

フロイスは秀吉を嫌っていたというのは本当のことのようで、『日本史』だけではちょっと信憑性に欠けるところもあるだろう。

そこで登場するのが前田利家の言行録『国祖遺言』だ。

前田利家は、秀吉とは若い頃からの大親友。一時仲違いしたこともあったが、秀吉に「自分が死んだら息子の秀頼のことを頼む」と言われるほど信頼されていた人物だ。

その『国祖遺言』に、「大閤様ハ右之手おや由飛一ツ多六御座候(中略)上様ほとの御人成か御若キ時六ツゆひを御きりすて候ハん事にて候ヲ左なく事ニ候信長公大こう様ヲ異名に六ツめかな とゝ御意候――」と書いてある。

意訳すると、「秀吉は右手の親指が1本多くて6本あった。小さいときに切ればよかったのに切らなかったから、織田信長に『六ツ目』ってあだ名付けられてた」

という感じ。言行録なので、前田利家が言っていたことの記録である。若い頃から仲の良かった秀吉と利家。これは信憑性が高まるのではないか。

スポンサーリンク

【追加トリビア】フロイスは秀吉がめちゃくちゃ嫌いだった…?

秀吉が信長の意向を継いでキリスト教に寛大だったころは、彼とフロイスの仲はそこまで悪くなかった。しかし、秀吉がキリスト教を邪法として伴天連追放令(バテレン追放令)を出した後から、二人の関係は悪化したようだ。

上記で、フロイスの『日本史』に書かれている秀吉の悪口(事実だったのかもしれないが…)について触れたが、フロイスはさらに秀吉のことをこき下ろしている。
先ほど紹介したものの続きがこちら。

「――片手には六本の指があった。眼がとび出ており、支那人のように鬚が少なかった。極度に淫蕩で、悪徳に汚れ、獣欲に耽溺していた。抜け目なき策略家であった」
…まあヒドイ言い様である。

関連雑学

豊臣秀吉のヒゲは付け髭という雑学
コンプレックス…豊臣秀吉のヒゲは付け髭!ヒゲ禁止令の歴史|面白い雑学

続きを見る

他にも、

  • 「高貴な生まれではなく、日本の君主になるには程遠い家系だった」
  • 「かなりの恩知らずで、周りの人が親切にしてくれてもシカト。お世話になった人を追い出したり貶めたりとか日常茶飯事だった」
  • 「すごい野心家だったが、野望を持ちすぎるあまり残酷で嫉妬深くて不誠実。そんでもって横着者で大嘘つき」
  • 「権力をもつにつれてイジワルになった。自分の家臣だけじゃなく外部の人にもすぐキレるから嫌われていた。というか秀吉のことを憎んでいる人しかいなかった」

意訳だがこのようなことが『日本史』には書かれているようだ。

秀吉がこの書物を読むことはなかっただろうが、もし読んだら確実に涙目…!

これは、フロイスの私怨が入っているといわれても仕方がないような気もする。もちろん事実も含まれているであろうが、ちょっと話を盛ったところもあるかもしれない。

トリビアまとめ

今回は、天下人・豊臣秀吉の指が6本だったという雑学を紹介した。

根拠となる書物が2つもあるから真実だろうとは思うが、書物が残っているというだけで、その書物に書いてあることが確実に真実だということは証明できない。

しかしそのような昔の文献を見ながら、ああでもないこうでもないと思いを巡らせるのも、歴史の楽しみ方だと思う。

「猿」や「ハゲネズミ」というあだ名はよく知られているが、同じく信長が付けた「六ツ目」というあだ名はあまり知られていない。

秀吉が自分の指が6本だったことを嫌がり、そのあだ名だけは後世に残らないように画策したのではないか…と考える人もいるようだ。

こうやっていろんな想像ができるから、やっぱり歴史はおもしろい。

関連雑学

豊臣秀吉には「サル」以外に別のあだ名もあったという雑学
サルじゃない!信長が命名した豊臣秀吉のあだ名がパワハラ。|面白い雑学

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.