世界史の雑学一覧

ヘレン・ケラーは嗅覚と触覚で人を判別できたという雑学

世界史

ヘレン・ケラーは嗅覚と触覚で人を判別できた【動画】

24歳のヘレン・ケラー 人間にとって外界を認識するうえで大切な器官となる「視覚」や「聴覚」。仮にこれらの機能が失われてしまったら、これまで通りの生活をおくることは困難に違いない。 視覚や聴覚を失った人物と聞いて、真っ先に思い浮かぶのがヘレン・ケラーである。彼女はこうした機能を失っても、嗅覚や触覚のはたらきを頼りに、外界の動きを察知していたという。この記事では、ヘレン・ケラーのトリビアについてご紹介する。 【歴史雑学】ヘレン・ケラーは嗅覚と触覚で人を判別できた ヘレン・ケラーは嗅覚や触覚だけで、その人物の性 ...

「セイラム魔女裁判」の悲劇に関する雑学

世界史

"セイラム魔女裁判"の悲劇とは?男性も犠牲者になった【魔女狩り】

判事を務めたジョナサン・コーウィンの家 キリスト教社会では、悪魔と契約した者を魔女と呼び、背教者とする習慣がある。中世のヨーロッパでは、こうした背教者を裁判にかけて、尋問を繰り返してきた。歴史に名高い「魔女狩り」である。 魔女狩りの対象となるのは、女性のみならず男性にも及んだ。その代表的な裁判のひとつといえるのが、17世紀のアメリカで開かれた「セイラム裁判」である。 この記事では、17世紀のアメリカにおいて開かれた魔女裁判の真相についてご紹介する。 【歴史雑学】「セイラム魔女裁判」の悲劇とは? 犠牲者たち ...

アルキメデスの残念すぎる最期に関する雑学

世界史

"テコの原理"で有名なアルキメデスの残念すぎる最期とは…?

アルキメデス像 歴史上の偉人のなかには、その名声とは裏腹にあっけない最期を遂げた者も少なくない。古代ギリシャの数学者にして物理学者でもある、アルキメデスもそのひとりである。 彼はローマ兵のふるまいに腹を立てて文句を言ったところ、あえなく殺されたとの逸話が残っているのだ。この記事では、アルキメデスが殺害された際の真相に迫っていく。 【歴史雑学】"テコの原理"で有名なアルキメデスの残念すぎる最期とは…? 地面に図形を描いて考えごとをしていたアルキメデスは、ローマ兵が突然乱入したことに腹を立て文句を言ったことが ...

純粋なホモサピエンスは何人が引き継いでいる?という雑学

世界史

ネアンデルタール人の血?純粋なホモサピエンスは何人が引き継いでいる?

生物はさまざまな進化の果てに、現在の姿と形に落ち着いている。それは私たち人間も同様である。 人類は生物学上ではホモサピエンスに分類されているが、ホモサピエンスについて、こんなトリビアがあることをご存知だろうか。 「アフリカ系の人々は純粋なホモサピエンスの遺伝子を保持している」 この記事では、アフリカ系の人々がホモサピエンスの純粋な直系である真相に迫っていく。 【歴史雑学】純粋なホモサピエンスは何人が引き継いでいる? アフリカ系の人々はネアンデルタール人との接点がないために、純粋なホモサピエンスの血を引き継 ...

ニュートンは生涯童貞だった説についての雑学

世界史

結婚は犯罪!?ニュートンは生涯童貞だった説

男性にとって生涯童貞というのは、どの様な意味を持つのだろうか。チャンスがなく仕方なしに童貞でいるのか、はたまた意思を持った童貞なのか…。 革命的な発明や発見をしてきた歴史上の偉人には、生涯童貞を貫いたとされる人物がいる。歴史上の偉人には変わった嗜好を持った人が多いという勝手なイメージがある。 ニュートンも変わった人物だった? から、生涯童貞だったのだろうか!? 【歴史雑学】ニュートンは生涯童貞だった説 ニュートンは生涯童貞だったといわれている。 【雑学解説】ニュートンは一度も精を漏らしたことがない 科学者 ...

ノストラダムスは自分の死も予言していた?という雑学

世界史

本当?ノストラダムスは自分の死も予言していた説

ノストラダムス 予言の書は数多く存在している。日本でも聖徳太子の預言が書かれた未来記・未然記という書があると語られているが、現存しているかどうかは不明だ。 聖書も予言の書として見られている。コンピューターによって規則性のある文字列を組み合わせると、予言になっているらしい。 そのような予言のなかでも特に有名なのはノストラダムスの大予言ではないだろうか? なんとノストラダムスは人類滅亡だけではなく、自分の死も予言していたようだ! 【歴史雑学】ノストラダムスは自分の死も予言していた? 自分の死を予言にしたように ...

聖書では悪魔より神のほうが人を殺しているという雑学

世界史

どういうこと…?聖書では悪魔より神のほうが人を殺している

神様と悪魔、どちらの方が人間に害をなしているのか? と聞いたら、多くの人は悪魔というだろう。字の通り、「悪」い「魔」物なのだから。 一方神様が人間に害をなすなんてとんでもない! 神様は私たちを守ってくれているんだ! のように思っている人も多いだろう。 しかしこれは、単なるイメージにすぎない。聖書を開くと、なんと悪魔より神様のほうが、よっぽどヤバいやつだと判明するのだ! 【歴史雑学】聖書では悪魔より神のほうが人を殺している 神様は悪魔より、何百万倍も多く人を殺している。 【雑学解説】聖書において、最も人を殺 ...

ギロチンの刃を改良したルイ16世はギロチンで処刑されたという雑学

世界史

皮肉…!ギロチンの刃を改良したルイ16世はギロチンで処刑された

ルイ16世 うつ伏せになった死刑囚の首をめがけて鋭い刃を落とす、世にも恐ろしい処刑道具・ギロチン。実際に使われていたのが、つい数十年前の話だということを考えると、身震いさせられる。 こんな処刑道具を考えたのは、きっと残酷な独裁者に違いない! と、思うところだが、実はギロチンは慈悲の心をもって開発されたという。どういうこと? イメージと真逆である。 しかも、開発に携わった張本人が、その翌年にはギロチンを使って処刑されてしまったというではないか! 【歴史雑学】ギロチンの刃を改良したルイ16世はギロチンで処刑さ ...

「ピラミッド」と名付けたのはエジプト人ではなくギリシャ人という雑学

世界史

"ピラミッド"と名付けたのはギリシャ人。その由来とは?

エジプトの広大な大地に悠然と佇むピラミッドは、古くから見る者を圧倒してきた。海外旅行に興味のない人でも、一度は間近で見てみたいと思うものではないか。 ピラミッドというその名前の響きも、なんだかミステリアスでその風貌に華を添えている…。と、思うところだが、その由来には、実は拍子抜けするような意味が込められているのだ。 またどうやら古代エジプトの人たちは、ピラミッドとは呼んでいなかったというぞ…? 【歴史雑学】「ピラミッド」と名付けたのはエジプト人ではなくギリシャ人 ピラミッド研究の第一人者はギリシャ人。その ...

チャップリンは日本で暗殺されそうになったことがあるという雑学

世界史

五・一五事件!チャップリンは日本で暗殺されそうになった

喜劇王の異名をもつイギリスのコメディアン、チャールズ・チャップリンは、大の親日家だったことでも知られている。 彼の秘書を日本人の高野虎一氏が務めたことは有名だし、そのほか日本の著名人との交友関係も広かったという。 ここまで好意を示してくれているのだから、日本人としては大いに歓迎するべき人物である。…しかし、そんなチャップリンが来日した際、実は暗殺されそうになったことを知っているだろうか? 【歴史雑学】チャップリンは日本で暗殺されそうになったことがある 海軍の青年将校が政府への抗議で首相を暗殺した際、同じく ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.