日本史の雑学一覧

雑学の中でも日本史の雑学を集めてみました。

古代から近代まで、日本史に関するトリビアをたっぷり揃えました!

興味のある雑学を読んでみてくださいね。

人気の雑学


平安時代の貴族がもっている棒「シャク」に関する雑学
平安時代の貴族が持っている棒"笏(シャク)"の使い方は?超便利だった。

続きを見る


三島由紀夫の割腹自殺はリハーサルまで行っていたという雑学
完璧主義すぎ…三島由紀夫は切腹の練習をして割腹自殺を行った

続きを見る


ナメられた…!卑弥呼に"卑"という漢字が使われている理由とは?

続きを見る


関連雑学


 

新着記事

天皇陛下が海外に行くときパスポートは必要?という雑学

日本史

2020/5/24

唯一の例外?天皇陛下が海外に行くときパスポートは必要?

皇居 国外へ旅行へ行く際に必要なパスポート。それは旅行であれ仕事であれ、日本を出国する際に必ず必要なのだが、公務などで海外へ行く機会が多い天皇陛下はパスポートがいらないらしい!? いわゆる顔パスってやつか! 「私だ!」と言って、さっそうと国に入ることができるのだろうか。 世間ではあまり知られていない天皇陛下のパスポート事情。今回はそこにスポットを当ててみよう。 【歴史雑学】天皇陛下が海外に行くときパスポートは必要? 秀吉くん 天皇って海外に行くときにパスポートいらないってホントっすか? 信長さん ああ本当 ...

日本人の平均身長が最も低かったのは幕末という雑学

日本史

2020/4/14

縄文時代よりも!?日本人の平均身長が最も低かったのは幕末

五稜郭跡 日本史でも人気の時代といえば、幕末。坂本龍馬や西郷隆盛、新選組が命をかけて生き抜いた時代。 そんな幕末に関する面白い説がある。それは、日本史上最も平均身長が低かった時代が幕末であるという説だ。 歴史上の偉人たちが日本史上最も平均身長が低い時代だったなんて! まさか、そうなの? 今回は、そんな幕末の平均身長について雑学を紹介していく。 【歴史雑学】日本人の平均身長が最も低かったのは幕末 信長さん 日本人の平均身長が最も低かったのは幕末という説があるのだそうだぞ。 秀吉くん へぇ~意外!いったいどれ ...

2006年まで日本はモンテネグロと戦争状態だったという雑学

日本史

2020/4/11

100年以上!2006年まで日本はモンテネグロと戦争状態だった

モンテネグロ 「モンテネグロ」は、2006年に新しく成立したヨーロッパの小さな国。バルカン半島に位置し、独立する以前はユーゴスラビア社会主義連邦共和国に含まれた一地域であった。 そんなモンテネグロと日本がついこの間まで戦争状態にあったというのだ。…戦争はしてないはずだけど。しかも、その戦争している期間が100年以上…!? 今回は、ずっと戦争状態だったモンテネグロと日本についてご紹介するぞ! 【歴史雑学】2006年まで日本はモンテネグロと戦争状態だった 秀吉くん つい最近まで日本と戦争してた国があったなんて ...

日本で初めてルイ・ヴィトンを買ったのは板垣退助という雑学

日本史 盛り上がる

2020/4/11

後藤象二郎ではなく?日本人で初めてルイ・ヴィトンを買ったのは板垣退助

日本人初のヴィトンの顧客・板垣退助 世界一のファッションブランドはと聞かれて、「ルイ・ヴィトン」を連想する人は多いはずだ。街を歩けばそこかしこでモノグラムの柄を目にするし、財布はヴィトンじゃなきゃという人もいるだろう。 このように現在はすっかり日本にも浸透した、フランス生まれのヴィトン。そういえば日本にやってきたのって、いつごろの話だったのだろう? まだ出回ってないころにヴィトンを手に入れた日本人は、それこそファッションリーダーだったに違いない! …何? 日本で最初にヴィトンを買ったのは、自由民権運動の板 ...

日本の紙幣に初めて登場した女性は神功皇后という雑学

日本史

2020/4/13

日本の紙幣に初めて登場した女性は"神功皇后"。その理由とは?

月岡芳年が描いた神功皇后 野口英世・福沢諭吉・樋口一葉…現代の人が思い浮かべる紙幣の肖像画といえば、このお三方だろう。今ではすっかりお馴染みになったこのラインナップだが、実はこのなかに1人だけ、採用されるのはちょっと珍しい…といえる人がいる。 そう、5千円札に採用されている樋口一葉である。紙幣に女性が使われる例というのは、歴代でもかなり少ないのだ。 そんなレアケースのなか、「では、日本で初めて紙幣になった女性は…?」といわれるとさらに興味をそそられる。今回の主役は、まさに日本人女性初のその人である。 発行 ...

日本人最高齢の医師は日野原重明・105歳だったという雑学

日本史

2020/4/14

波乱万丈の人生。日本人最高齢の医師は日野原重明・105歳だった

世界一の長寿国といわれる日本。長寿大国である理由には、和食に代表される日本独自の食文化や、充実した医者制度を挙げることができる。 また定期的に検査をおこなう「人間ドック」も、病を早期に発見できることから、長寿の理由のひとつに数えられている。ところで、この人間ドックを提唱した人物が、実は日本人最高齢の医師だったことをご存知だろうか。 この記事ではそんな、2017年まで日本人最高齢だった105歳の医師の雑学をご紹介する。同時にその医師の波乱万丈の人生を垣間見ることになるだろう。 【歴史雑学】日本人最高齢の医師 ...

日本で最古の地震はいつ起こった?という雑学

日本史

2020/4/11

日本書紀に記載が!日本で最古の地震はいつ起こった?

日本で生活する以上、地震は避けられない災害の一つである。太古の昔から地震はあったとは思うが、それでは日本の最古の地震はいつ発生したのだろうか。 実は。その記録が日本書紀に残っているのだ! そこで今回は、日本最古の地震と巨大地震にまつわる雑学をご紹介するぞ。 【歴史雑学】日本で最古の地震はいつ起こった? 秀吉くん うわっ!また揺れた…。事前に予測できないし、地震って怖いっすよね~。大昔から日本ってこんなに地震多かったんっすかね~?   信長さん いくつか説はあるが…その一つとして、日本最古の地震は『日本書紀 ...

日本史の「~の変」・「~の乱」・「~の役」などには、明確な違いがあるという雑学

日本史

2020/4/2

使い分けろ!日本史の「~の変・~の乱・~の役」の違いとは?

本能寺の変 現役の学生、はたまたかつて学生だった皆様、日本人として避けて通れない科目といえば日本史だ。 日本史の教科書にはさまざまな出来事が時代ごとに出てくる。「本能寺の変」・「島原の乱」・「弘安の役」…さまざまな戦や事件をテスト前に必死に覚えて、苦労した方も多いことだろう。 ところで、この「変」とか「乱」ってどんな意味があって付けられているか考えたことはあるだろうか? 実は、これらは一定の法則によって分類されているというのだ。 それぞれにどのような意味があるのかを、今回は雑学として解説していくぞ。 【歴 ...

日本で一番古いミイラに関する雑学

日本史

2020/4/25

日本最古のミイラは誰のもの?どこにある?【中尊寺金色堂】

中尊寺金色堂 死後も数百年、ときに数千年の時を超えて保存される「ミイラ」。世界各地ではミイラの存在は昔から知られているが、実は日本においてもミイラが存在していたことをご存知だろうか。 では、日本でもっとも古いミイラはどこにあり、どのような人物なのだろうか。この記事では、日本で一番古いミイラの雑学についてご紹介する。 【歴史雑学】日本で一番古いミイラは? 秀吉くん 日本にもミイラってあったんっすよね。一番古いミイラってどこにあるんっすかね? 信長さん 日本最古のミイラは中尊寺金色堂にある。そこにあるのは、藤 ...

日本で一番古い貨幣は「富本銭」という雑学

日本史

2020/2/14

和同開珎より古い!日本で一番古いとされる貨幣は"富本銭"

富本銭 (複製品) お金への興味は、尽きることがない。たとえ、現代の貨幣ではなく、古代の貨幣でもだ。かくいう筆者も、お金と書くだけで、不穏で不気味な笑い声を立てそうになるほど。お金には、人を狂わせる魔力がある。 そこで読者の皆さんにお金にまつわる雑学をご紹介する。長年、日本で一番古いとされるお金は、「和同開珎(わどうかいちん)」とされていたが、それよりも古い時代の貨幣が存在していたことをご存知だろうか。 この記事では、日本で一番古い貨幣とされる「富本銭(ふほんせん)」の雑学についてご紹介する。 【歴史雑学 ...

© 2020 雑学カンパニー