日本史

唯一の例外?天皇陛下が海外に行くときパスポートは必要?

天皇陛下が海外に行くときパスポートは必要?という雑学

皇居

国外へ旅行へ行く際に必要なパスポート。それは旅行であれ仕事であれ、日本を出国する際に必ず必要なのだが、公務などで海外へ行く機会が多い天皇陛下はパスポートがいらないらしい!?

いわゆる顔パスってやつか! 「私だ!」と言ってさっそうと国に入ることができるのだろうか。

世間ではあまり知られていない天皇陛下のパスポート事情。今回はそこにスポットを当ててみよう。

【歴史雑学】天皇陛下が海外に行くときパスポートは必要?

天皇陛下にはパスポートはいらない。

【雑学解説】天皇陛下はパスポートがいらない

天皇陛下はパスポートがいらないというトリビア

海外へ渡航する機会の多い天皇陛下は、パスポートの必要がないのだ。これは国際的な慣例として日本の国家元首にあたる天皇陛下と皇后陛下はパスポートの必要はないとされているのである。

これは1970年代に外務省で検討された事例であり、国の象徴である天皇陛下が出入国の手続きをすることはふさわしくないと判断した。

たしかに、国の代表が出入国するのにいちいち手続きするのは、なんとも融通が利かない印象を与える。まして国の象徴なのに身分の証明を求めるのもいかがなものか。

ちなみに、天皇陛下が海外へ渡航する際は、空港の貴賓室に貸し切った小型飛行機をそばにつけ、乗り込むという。おそらく同じ空港内に天皇陛下がいたとしても、それだけ厳重に警護されているのだから気付く人はなかなかいないと思う。

【追加トリビア①】天皇陛下以外の皇族の方はパスポートが必要

天皇陛下以外の皇族の方はパスポートが必要というトリビア

天皇陛下と皇后陛下にパスポートの必要がないからといって、皇族の方全員が必要ないのかといえばそうではない。

実は天皇陛下と皇后陛下以外の皇族の方はパスポートが必要なのだ。次期天皇の皇太子殿下が公務で海外へ行く際もパスポートの所持が必要ということである。

ただし、出入国の審査をその場で行うことはほとんどなく、事前に審査や手続きを済ませて、そのまま渡航されることが多いようだ。

しかも皇太子殿下の場合は、専用機でも貸し切りでもなく一般機を利用する。貴賓室から専用車で飛行機につけ、ファーストクラスに乗り込む。そう、もしかしたら我々と同じ便に乗り合わせている可能性もあり得るのだ。

スポンサーリンク

皇族のパスポートの色は濃茶色

皇太子殿下含む皇族の方が使用しているパスポートは、我々には全く馴染みのない濃茶色である。これは外交旅券と呼ばれ、皇族の方以外にも国会議員などが使用している。ちなみに、有効期間は1年とかなり短い。

この他にも茶色のパスポートがあるのだが、これは緊急旅券といって外交旅券とは全く異なる。渡航先でパスポートを紛失した際や家族が海外で事故に巻き込まれた場合など、緊急時に発行されるものだ。

【追加トリビア②】天皇陛下が飛行機に乗る際は航空会社社長も同乗する

天皇陛下が飛行機に乗る際は航空会社社長も同乗するというトリビア

天皇陛下が飛行機に乗る際は、なんと利用する航空会社の社長も同乗することがある。

万が一にでも事故に遭われるなんてことが絶対にあってはならない。その保障や安全の案内のためなど、さまざまな理由で航空会社の社長が同乗しているのだろう。

また、機内サービスにおいても航空会社選りすぐりの客室乗務員が行うという。天皇陛下とご一緒するのであれば、当然の対応だ。

【追加トリビア③】総理大臣もパスポートが必要

天皇陛下がパスポート不要なら、総理大臣もパスポートは不要では? と思われるかもしれない。しかし、総理大臣にはパスポートが必要だ。

あくまで国家元首は天皇陛下と皇后陛下となっているので、たとえ公務で海外へ渡航するとなっても総理大臣は濃茶色のパスポートを使う。

アメリカの様に天皇がいない国では、大統領が国家元首となるため、パスポートの必要はない。そのまま出入国可能である。

日本の文化的なところから、アメリカのような大統領が国家元首の国とは違う。

トリビアまとめ

今回は、天皇陛下にはパスポートが必要なのかどうかについてご紹介した。

パスポートを使わずに、国の行き来ができる人がいることを知らない人もいたかもしれない。これはかなりレアケースなので、まず普通はありえない。国家間の礼儀みたいなものが作った制度とも言えるだろう。

個人的には、違う色のパスポートが使える国会議員いいな〜と思った。そんなに海外行かないので、たぶん使わないまま期限きれちゃうと思うけど…。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.