サメの雑学まとめ6選!トリビア&豆知識を一覧にしました

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

サメの雑学まとめ

サメという魚について、どんなイメージをもっているだろう? 「歯が鋭くて最強!」「泳ぎがとても速く人を襲う!」…というような、カッコいいけれども、少しおっかない生き物だと思っている人が多いだろう。

サメは世界各地に広く生息しているが、それでも、いまだに解明されていない謎が多く、神秘的な生き物である。そんな様相に魅了される人も少なくない。

今回は、謎がいっぱいのサメに関する雑学記事をまとめてみた! まだまだ深いサメの世界に浸ってみてほしい!

サメの雑学まとめ6選!トリビア&豆知識を一覧にしました

気になるサメの雑学記事をチェックしていこう!

実はサメよりイルカのほうが強い説に関する雑学

実はサメよりイルカのほうが強い説。水族館のイルカは超強い。

続きを見る

怖いイメージのあるサメと、可愛いイメージのあるイルカ。どちらが強いかと問われたら、ほとんどの人が「サメ!」と答えるだろう。だが実際はなんと、イルカのほうが強いという。その理由も読んでみると納得である。

映画・『ジョーズ』のイメージなどもあり、サメには恐怖を感じるが、海中では意外に弱い存在なのかもしれない。人間が見るイメージと、人間以外が見るイメージでは違うのだなと気づかされた!

サメの弱点に関する雑学

サメの弱点は鼻の頭ということに関する雑学
サメの弱点はどこ?もし襲われたら◯◯をパンチだ!

続きを見る

海の中でサメに襲われたら、逃げても追いつかれるし…直接戦うしかない! そんなとき、やみくもに戦っても、到底勝ち目はないだろう。サメに食われて死ぬなんて、考えただけでも恐ろしい。

このトリビアを読むまでは、あの恐ろしいサメに弱点なんかあるのか? と思っていたが、弱点は意外な場所にあった。諦めずに戦えば、九死に一生を得るかもしれない。

電気の力でサメを撃退! に関する雑学

乾電池を持っているとサメは逃げ出すかも?という雑学
サメ対策!乾電池を持っているとサメが逃げ出すことがある?

続きを見る

水浴客やダイバーがサメに襲われたという痛々しいニュースには、思わず顔が歪んでしまう。これが自分だったらと考えると…。

サメの撃退法は、意外にも身近なものでできるのか。サーフィンをする際には持参しようかなと思ったが…それにしても撃退できる時間が短すぎるぞ! 何とか実用化して欲しいと願うばかりである。

スポンサーリンク

フカヒレを取られたあとのサメの末路に関する雑学

フカヒレをとったあとの鮫の憐れさに関する雑学
無残…。フカヒレを取られたあとのサメの末路とは…

続きを見る

フカヒレといえば、滅多にありつけない高級食材。フカヒレスープやフカヒレラーメン、フカヒレの姿煮など、どのようにアレンジしてもたまらない美味しさである。

だがこのトリビアを読むと、「フカヒレを食べたい!」とは思わなくなるかもしれない。フカヒレを取られたあとのサメの末路が、悲しすぎるからだ。

グルメ番組に翻弄されていた自分に気づき、とても心が痛くなった。これからは、その食材はどこから来ているのか、そこに残酷な血は流れていないのかを考えて食さなければ…。

母体の子宮内で共食いするサメに関する雑学

お母さんの子宮の中で共食いするサメ「シロワニ」に関する雑学
サバイバル…!母体の子宮内で共食いするサメがいる【シロワニ】

続きを見る

自然界は、弱肉強食の世界である。それは理解できるが、母体の子宮内でも弱肉強食だとは驚いた!

生き物は子孫をいかに残すかを考えると思っていたが、覆された。まさか、子宮内で自分の兄弟たちを食べつくして、生まれてくるとは!

魚類には、哺乳類には考えられないような生態がまだまだありそうで、とても興味深い!

水族館のサメは水槽内の魚を食べない?に関する理由

水族館のサメはなぜ同じ水槽の魚を食べないのかという雑学
襲わない工夫!水族館のサメが同じ水槽の魚を食べないのはなぜ?

続きを見る

水族館のサメが同じ水槽の魚を襲わないのは、知ってみるとごくごく自然なことだった。そりゃそうだ。襲うのってけっこう体力使うし、必要なきゃ食べようとしないよね。

…何? 水族館のサメも興奮してほかの魚を襲っちゃうことがある? それってどんな場合?

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー