水中の動物

サメの弱点はどこ?もし襲われたら◯◯をパンチだ!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

サメの弱点は鼻の頭ということに関する雑学1位サメ・2位ウツボ・3位ミノカサゴ

これは何の順位かというと、欧米人ダイバーが好きな海の生物ベスト3だ

サメには危険なイメージを持つ人が多いが、巨大な体に筋骨隆々の姿で、その美しさから日本人にもファンが多い。海でサメに襲われたら、人間は敵うわけないと思いがちしかし、サメはそんなに強い生物ではないのである

強い・怖いというイメージを覆す、サメの弱点をこの雑学記事で知れば、逆に愛すべき存在に思えてくるのではないだろうか。

【動物雑学】サメの弱点は鼻の頭

ライオンくん
陸の王者はオレたちライオンだけど、海の王者はサメだろうな。
ウサギちゃん
サメも強いもんね。でも弱点だってあるんだよ。鼻周辺に敏感な器官が集中しているから、鼻への強い刺激を嫌がるんだ。

【雑学解説】サメに襲われたら鼻をパンチせよ!

サメに襲われたら鼻をパンチせよ!というトリビア

海水浴をしていたりダイビングをしたりしていても、サメに襲われることはめったにない。が! もし大型のサメに遭遇して、サメが攻撃態勢をとってきたときには、サメを刺激しないようにゆっくりと海から上がるべきだ

さらに万が一、海から上がるのが間に合わずにサメにアタックされたときには、サメの弱点である鼻を思いっきりパンチするべし!

池のコイは投げ入れたものは全て口にして、エサでなければ吐き出す行動をとるが、サメはどんなものでも口に入れることはしない。まず鼻の先で食べられるものかどうか判断するために突っつく。そして食べられるものだとわかったら、ガブっと食いつくのだ。

サメの鼻は、臭いを感じるだけでなく、生物が発する微弱な電流を感知する機能も備わっているのである。サメがエサを食べる流れはこうだ!

  1. 25mプールに1滴だけ垂らされた血液をも探知できる嗅覚でエサの近くに移動する。
  2. 100万分の1ボルトというわずかな電位差を感知できる鼻先でエサに近づく。
  3. 敏感な鼻先で突っついてみて、エサかどうか確認する。
  4. 食べる

食べる以外はほとんど鼻を使ってエサを探しているので、鼻への強烈なパンチはサメが最も嫌がることなのである

ウサギちゃん
ボクみたいな小動物のパンチも効くのかな…?

おすすめ記事

乾電池を持っているとサメは逃げ出すかも?という雑学
サメ対策!乾電池を持っているとサメが逃げ出すことがある?

続きを見る

【追加雑学①】サメは海のハイエナ

サメは海のハイエナについてのトリビア

サメは何を主食にしているかというと、元気な魚ではなく、弱った魚などの水中生物を食べている

マグロやカツオといった回遊魚は視力が良く、目で獲物を判断している。

一方、サメは視力が悪く、口の位置もずいぶんと下にあることから、元気な魚を食べたくても逃げられてしまう。そのため、血の臭いや、弱った生物が出す特有の音(水面でパチャパチャしているような音)に非常に敏感である。

海における「百獣の王・ライオン」のようなイメージを持つかもしれないが、実は「海のハイエナ」ともいうべき存在なのである

ライオンくん
サメはオレたちみたいに積極的に狩りをするイメージがあったけど…意外だな。

スポンサーリンク

【追加雑学②】サメみたいなエイ・エイみたいなサメ

サメに近い生物としてエイがいる。サメとエイは軟骨魚類に分類されるが、これらの生き物には明確な区別方法がある。それはエラの位置だ。

サメは体の横にエラがあり、エイはおなか側にエラがある。そのため、見た目ではサメっぽいエイもいれば、エイっぽいサメもいるのである。

サメみたいなエイの代表として、シノノメサカタザメがいる。全長3mにもなり、名前にもサメとついていて、背びれもしっかりあるからサメにしか見えないが、エラがおなかにあるのでエイなのだ。

ウサギちゃん
エイの要素を持ってるサメみたいに見えるね…。

また、エイみたいなサメの代表としてカスザメがいる。平べったくて見た目はエイそのものにしか見えないが、エラは背中側についているし、鮫肌でザラザラしているので、昔はカスザメの革を使ったわさびおろしが作られていた。

エイのように平べったい姿のカスザメが泳ぐ動画を見てもらおう。

ライオンくん
逆にこっちは微妙にサメっぽいエイに見えるぞ!

雑学まとめ

今回の雑学では、サメの強さではなく、サメの弱さについて解説してみたがいかがだっただろうか?

実際にダイビング中にサメを見つけると、ダイバーはサメを追いかけ、サメは逃げるという、ダイビングをしていない人には想像ができない光景を見ることがある

サメを追いかけるときには、もしものときには鼻にグー・パンチと、覚えておくとよいだろう。

ライオンくん
オレは鋭い爪をもっているし、サメにかなりのダメージを与えることができると思うぜ!オレ、海でも王者になれるかもしれないな…!あ、でもサメは『海のハイエナ』だったっけ…。
ウサギちゃん
うーん…そういうことを考える以前に、そもそもライオンくんは海の中を泳げないってこと忘れてないかな…?

おすすめ記事

人喰いザメが川で釣れる街に関する雑学
命がけ!?人喰いザメ"オオメジロザメ"が川で釣れる場所【那覇市】

続きを見る

漁師を殺してしまう「ダツ」とは?という雑学
サメよりヤバい。時速60kmで漁師を殺す魚"ダツ"とは…?【動画】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー