野球

イチローの1993年(2年目)。全ヒット(安打)成績・記録・打率まとめ【動画あり】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

1993年のイチロー全ヒット(安打)成績・記録・打率

1993年のイチロー。おなじみの構えではない

1992年にドラフト4位でプロ入りし、40試合に出場したイチロー。

レジェンド中のレジェンドとなった彼のイメージとは違い、プロ1年目のシーズンから圧倒的な結果を残したわけではなかった。

おすすめ記事

イチローの1992年(1年目)。全ヒット(安打)成績・記録・打率まとめ

続きを見る

今回の雑学では、プロ2年目・1993年のイチローの成績・記録・打率とともに、全ヒット(安打)についてご紹介していこう。

この年からイチローフィーバーが訪れるかと思いきや、苦節の2年目だったのである。

【スポーツ雑学】イチロー全ヒット(安打)成績・記録・打率【1993年】

新人ちゃん
1993年、プロ2年目のイチローってどんな感じだったんっすか?
マッチョ課長
この年のイチローのシーズン総合成績は、43試合に出場、64打数12安打、打率.188だな。

【雑学解説】イチローの1993年は苦渋の年だった

イチローが圧倒的なバッターとして君臨するのは、実は翌年の1994年からである。つまり、1993年のイチローは、一言でいうと活躍していない。

前年の1992年は40試合に出場。1993年は43試合に出場したため試合数こそ微増したものの、打数は95から64に減少している。

打率も1992年の.253から.188に下降。プロ野球1軍ピッチャーの壁が、イチローに立ちふさがった1年だったともいえよう。

新人ちゃん
あのイチローにも苦難の年なんてあったんっすね。

開幕1軍入りを果たしたイチロー!しかし…

芳しくない成績を残してしまった1993年のイチローだが、開幕では1軍入りを果たしている。しかも第1戦・第2戦にスタメン出場しているのだ。

プロ2年目は順風満帆に思えたが、ここでイチローは挫折を経験することになる。11試合に出場したものの、あの稀代のヒットメーカーが12打数1安打という残念な結果…。打率にすると.083だ。ヒット打ちまくりのイチローのイメージからは程遠い…。

1軍で結果を出せなかったイチローは、再び2軍(ウエスタン・リーグ)に降格となる。4月25日のことだった。プロの世界は厳しい…。

結果的に1993年のイチローは、3度も1軍と2軍を行ったり来たりしている。1軍定着を果たすことはできなかったのだ。

マッチョ課長
当時のイチローには、1軍の壁は大きかったのだろうか…。

スポンサーリンク

ウエスタン・リーグでは打ちまくり

しかし、2軍のピッチャー相手になると、イチローが格上だった。

2軍落ちした4月25日から8月7日までで、なんと30試合連続安打を達成。もちろんこれはウエスタン・リーグ記録だった。しかも前年からの記録を足すと、46試合連続でヒットを放っていることになる。

うんうん、これこれ。私たちが知っているイチローの姿に近づいてきた。

オフシーズンはハワイで野球するぜ!

野球がどんだけ好きなのか、それとも努力の天才なのか、1993年のイチローは、日本の野球シーズンが終了後、ハワイのウインター・リーグに参加している。

新人ちゃん
え?オフでも野球に打ち込んでたんっすか?!

このとき、かつて広島カープにいた「ティム・アイルランド」が監督を務める「ヒロ・スターズ」というチームに入った。

イチローはここで45試合に出場し、164打数51安打、打率.311とまずまずの結果を残す。チームは優勝し、収穫のあるオフシーズンとなった。

しかし、このときイチローは20歳。オフシーズンだからといって遊び回らず、海外でガチの野球をやるとは、当時から意識高すぎな若者である。

スポンサーリンク

【1993年】イチロー全ヒット(安打)一覧

ここで、1993年のイチローの通算成績をみてみよう。以下の表に、1軍での全ヒットをまとめてみた。

※横にスクロールできるぞ。

日付 ヒット数 内容 カウント 投手 イニング ランナー 対戦相手
4/11 25 右翼線二塁打 0B-1S 伊良部秀輝 5回先頭 なし ロッテ
6/12 26 右前安打 3B-2S 野茂英雄 1回先頭 なし 近鉄
6/12 27 右越本塁打(1) 初球 野茂英雄 8回先頭 なし 近鉄
6/16 28 中前安打 初球 村田勝喜 1回先頭 なし ダイエー
6/16 29 一塁内野安打 0B-1S 村田勝喜 6回先頭 なし ダイエー
6/18 30 右前安打(1) 1B-2S 渡辺久信 5回1out 1・2塁 西武
6/18 31 右翼線二塁打 初球 渡辺久信 7回1out なし 西武
7/4 32 二塁内野安打 1B-2S 佐野重樹 9回2out なし 近鉄
9/8 33 中前安打(1) 1B-2S 石井丈裕 2回2out 2塁 西武
9/9 34 左前安打 1B-2S 鹿取義隆 7回先頭 なし 西武
9/9 35 右前安打 初球 鹿取義隆 9回2out 1塁 西武
9/21 36 左前安打 1B-2S 足利豊 4回1out なし ダイエー

【1993年】イチローのシーズン成績

1993年のイチローのシーズン通算成績は以下の通りだ。

ポイント

  • 出場:43試合
  • 安打数:64打数12安打
  • 安打内訳:単打9本・二塁打2本・三塁打0本・1本塁打
  • 打率:.188
  • 打点:3打点
  • 盗塁:0盗塁

あまりにもイチローらしからぬ打率だ。目を疑いたくなるレベルである。あんなにMLBで塁を盗みまくった男が盗塁がゼロというのもなんだか切ない。

唯一の救いといえば、6月12日に放ったプロ初ホームランだろうか。しかも相手投手は、あの野茂英雄である。このあとMLBでも対戦することになるとは、2人とも予期していなかったことだろう。

以下の動画は、イチローの初ホームランの映像だ。野茂もまだ細マッチョ時代である

マッチョ課長
のちに偉大なメジャーリーガーとなる2人…若いな…。

スポンサーリンク

【1993年】イチローの全ヒット(安打)分布図

1993年にイチローが打ったヒットは12本。その分布図を作成した。

画像の数字はヒットの本数だ。

【1993年】イチローの全ヒット(安打)分布図

右方向へのヒットが多い。逆方向へ逆らわずに打つ、イチローのよさがあまり出ていない。

【1993年】イチローの全ヒット(安打)内訳

1993年にイチローが打ったヒットは12本だが、その内訳は単打9本・二塁打2本・本塁打1本だった。円グラフにして内訳をみてみよう。

【1993年】イチローの全ヒット(安打)内訳

1993年は、イチローの初ホームランが生まれた年だった。

しかし、1本のホームランが全体の8.3%になったしまうほど、打ったヒット数が少ない…。

新人ちゃん
プロ2年目、なんかあったんっすかね?

雑学まとめ

今回の記事では、1993年のイチローの全ヒット(安打)成績・記録・打率についてご紹介した。

あまりにイチローのイメージとかけ離れすぎた成績で、びっくりした方もいただろう。しかし、翌年の1994年、イチローは210本ものヒットを放つのだ!

1993年は、イチローにとって苦汁をなめた年でもあるが、まさに爆発前夜の年といってもいい。改良に改良を重ね、努力を積み重ねた結果が、翌年に結実するのである。

新人ちゃん
イマイチの結果を残したこの2年目を乗り越えて、3年目にはイチローはどんな結果を残すんっすか?
マッチョ課長
それは以下の記事から見ていこうか。イチローが『イチロー』になる年なんだぞ。

おすすめ記事

1994年のイチロー全ヒット(安打)成績・記録・打率について解説
イチローの1994年(3年目)。全ヒット(安打)成績・記録・打率まとめ【動画あり】

続きを見る

うーん、ほんとに見習いたいことばかりで、最敬礼モノだ…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー