水中の動物

襲わない工夫!水族館のサメが同じ水槽の魚を食べないのはなぜ?|動物雑学

水族館のサメはなぜ同じ水槽の魚を食べないのかという雑学

水族館に行ったことがある方は多いだろう。メインの大きな水槽の中には、さまざまな種類の魚たちが泳いでいる。本来なら、近くで生活していることはないだろうな…と思うような魚が、一緒に泳いでいる姿は、水族館ならではの光景である。

水槽の中をのぞくたびに不思議に思うのは、サメの存在。水族館のサメって、どうして一緒に泳いでいる魚を食べないのだろう…。

どうしても私の中では、サメは凶暴なイメージがある。凶暴なはずのサメが、同じ水槽の中を泳ぐ魚をなぜ襲わないのか、ずっと不思議だった。

というわけで今回の雑学では、水族館のサメについて調べてみたぞ!

【動物雑学】水族館のサメはなぜ同じ水槽の魚を食べないのか

水族館のサメは、じゅうぶんなエサを与えられているので、水槽の魚を食べる必要がない

【雑学解説】サメはお腹がすいていなければ、エサを食べない

サメに限らず、ほとんどの生き物は、生きるために食べる。特に肉食の生き物は、お腹がいっぱいの時には狩りをすることはないのだ。

人間のように、食事を楽しんだり、デザートは別腹…なんてこともない。お腹がすいたらエサを探して食べるという単純な行動なのだ。

自然の海の中ならまずエサを探し回り、狩りをする。そうやってようやくエサを食べることができるのだが、この行動はエネルギーを消耗することになる。

しかし水族館では、決まった時間にじゅうぶんなエサをサメに与えるので、彼らはわざわざエサを探して食べるというエネルギーを使う必要がないわけだ。

つまり、水族館のサメが同じ水槽の魚を食べないのは、サメがお腹をすかせないように管理をしてエサやりをしているからなのだ。

この動画のように、水族館ではさまざまな魚たちがサメと一緒に暮らしている。

もしサメのエサやりの時間を忘れて、サメがお腹をすかせてしまったら…と思うと、ぞっとする。おそらく、悲惨な光景を観客に見せてしまうことになるだろう。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】じつは食べてしまうこともある

じゅうぶんなエサを与えられてお腹がすいていないはずなのに、じつはまれに、サメが魚を食べてしまうことがあるそうだ。やっぱり食べるんかい! と思っただろう。わたしもそう思った。

人食いザメの映画「ジョーズ」でも描かれていたが、サメは血の匂いに敏感である。水槽の壁に激突して血が出てしまった魚がいると、異常に興奮して食べてしまうことがあるそうだ。

また、弱って動きが鈍くなっている魚にも、サメは反応する。動きが速くて元気な魚は襲う気にならないが、目の前に弱々しく泳ぐ魚がいれば、食べてしまう…。これはサメの本能なのかもしれない。

サメが食べてしまえば、水槽の中の魚が減ってしまう。水族館では減った分の魚を、ときどき補充しているのだとか…。

サメが魚を襲う。自然に考えれば、これが普通だよな…と、素直に納得。

【追加トリビア②】水族館はサメが食べないように工夫している

水族館ではエサやりをする時間はもちろん、サメとほかの魚を共生させるための工夫をしている。

エサとして与える魚とは違う魚を共生させる

たしかに、エサと同じ魚が目の前に泳いでいれば、エサだと思って食べたくなるのは当然だ…。

夜は少し明るくしておく

サメは夜行性。夜真っ暗になると活発に動き出す習性がある。

暗くて狭い水槽の中だと、魚たちが壁にぶつかってケガをするかもしれない。そうなれば、血の匂いに興奮したサメに襲われてしまう…。そういったことを防ぐために、少しだけ照明をつけておくのだそうだ。

う~ん…。サメはやっぱりサメだけのほうがいいのでは…。そう思ってしまうのは、わたしだけだろうか。

トリビアまとめ

今回の雑学で、同じ水槽の中でサメが魚を食べないのは、サメにじゅうぶんなエサを与え、魚を襲わないように工夫をしているからだと分かった。

サメはお腹がすいている、いないに関わらず、魚を襲う凶暴なイメージを勝手にもっていた。しかし、生きるためだけに食べるとはちょっと意外だった。いつでも物を食べる人間のほうが、ある意味凶暴だな…。

いろいろな種類の魚が一緒に泳ぐ水槽は、たしかにダイナミック。もしサメが魚を食べる瞬間に遭遇したら…わたしはやっぱりショックだと思う。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.