小動物の雑学一覧

スカンクが出す臭いモノはおならではないという雑学

小動物

おならじゃないよ!スカンクが出す臭いものはなに…?【動画】

おならが臭いことで有名なスカンク。黒と白がはっきりと分かれたツートンカラーが特徴で、ふさふさと毛が生えたゴージャスなしっぽ。おならが臭いことばかりいわれるスカンクだが、その見た目はかなり可愛い。そして、なんだかおしゃれ。 スカンクは敵に襲われそうになると、ゴージャスなしっぽをひょいっと上げて相手にお尻を向け、超~臭いおならをかます。この臭いが強烈すぎて悶絶しているうちに、スカンクは逃げるのだ。 しかし、このおなら…実はおならではないというではないか! じゃあなにが臭いのか…しっぽを上げてお尻から出すものは ...

リスは敵に襲われると尻尾を切って逃げることがあるという雑学

小動物

リスは敵に襲われると尻尾を切って逃げることがある。【動画】 

その愛らしい表情や姿から世界中でもファンの多い動物のなかに、確実にリスは入るのではないだろうか。 そしてその特徴といえば、小さな身体と同じくらいのサイズの大きな尻尾。そのふわふわとした可愛いキュートな姿で、見ている人を魅了するのだ。 だが、かわいらしいリスの尻尾は切れてしまうことがあるようだ。今回はその真偽に迫りたいと思う。 【動物雑学】リスは敵に襲われると尻尾を切って逃げることがある ウサギちゃん リスの尻尾は切れるようになっているんだよ。これを『自切(じせつ)』というんだ。 ライオンくん あのチャーム ...

ビーバーは森の天才建築家という雑学

小動物

かわいいダム作りのプロ!ビーバーは森の天才建築家【動画】

川をせき止めて、ダムを作ることで有名なビーバー。大きな前歯で木をかじり倒し、川を泳いでせっせと木を運び、その木を泥や砂で固めるのだ。 しかしなぜ、ビーバーはダムを作って川をせき止める必要があるのだろうか。今回は、森の天才建築家ともいえる、ビーバーのダム作りについてご紹介しよう。 【動物雑学】ビーバーはどうやってダムを作る? ウサギちゃん ビーバーは、森で集めた材料で川をせき止めてダムを作る『天才建築家』なんだよ。 ライオンくん 動物がダムを作れるなんてすごいな~!でも、いったいどうやって作るんだ? 【雑学 ...

アマガエルは毒ガエルという雑学

小動物

うかつに触れてはいけない…。アマガエルは毒ガエルなんです【動画あり】

アマガエルを知らない人は、ほぼいないだろう。田んぼや畑、また家の庭先などで見かける身近な生き物だ。 子供のころは、アマガエルの赤ちゃんを手のひらに乗せてよく遊んだものだ。なぜか大人になってからは、触れなくなったが…。あのひやっと冷たくて、ツルツルした感触がいつからか苦手になったのだ。 しかし、触れなくなってよかったのかも!? なんとアマガエルは毒ガエルだというではないか! 子供のころ、普通に触って遊んでいたのは、大丈夫だったのだろうか…。 【動物雑学】アマガエルは毒ガエル ウサギちゃん アマガエルには毒が ...

オポッサムという、死んだふりが得意な動物がいるという雑学

小動物

名優すぎる。死んだふりが得意な動物"オポッサム"とは?【動画あり】

最近寝る前にグーグル先生や某動画コンテンツにて「面白い 動物」「珍 動物」と検索してもらうのが日課になっている。…別に心が疲れているわけではない。 それにしてもそのキーワードは再生回数が多く、みんな珍しい動物に癒されたいのだと勝手に思っている。そんな動物好きのあなたは、とっても器用に死んだふりをする「オポッサム」を知っているだろうか?  また、彼らのおもしろいところは、死んだふりだけではない。今回はとってもユニークなオポッサムの動物雑学をお届けしよう! 【動物雑学】オポッサムという、死んだふりが得意な動物 ...

モグラは穴を掘るのが下手という雑学

小動物 暇つぶし

カタツムリ以下とは…。モグラは穴を掘るのが下手…。【動画あり】

みなさんは実際のモグラを見たことがあるだろうか。モグラといえば誰もが知っているメジャーな動物だが、ご存知のとおり普段は地中で生活しているため、その姿を見かけることはほとんどない。 田舎育ちの筆者は、親戚の畑などで「モグラがいた形跡」くらいなら見たことがあるが…。 そんなモグラ、どんな動物かといえば、猛スピードで穴を掘り、地中を縦横無尽に動いているイメージが強いのではなかろうか。筆者もこれまではそう思っていた。 しかしなんと…実はモグラは穴掘りが下手だというではないか! 地中で生活しているのに、穴掘りが下手 ...

リスは自分が隠したどんぐりを忘れるという雑学

小動物

かわいすぎる。リスは自分が隠したどんぐりの場所を忘れる【動画あり】

癒し系小動物の代表ともいえるリス。チョロチョロと動く様子や、小さな手でどんぐりを持って食べる姿がなんともかわいらしい。 リスは、外敵にねらわれるとジグザグに走って相手をまくという、すばしっこくて賢い動物だ。しかしその一方で、少々おっちょこちょいな一面もある。 リスのエサとなる木の実は、秋に木から落ちて、冬になるとエサがなくなってしまう。そこでリスは、冬に備えてどんぐりを隠してとっておくのだが、なんとその隠し場所を忘れてしまうことがあるというのだ。 今回は、そんなリスの忘れものに関する雑学を紹介するぞ! 【 ...

コウモリの翼は、羽ではなく「手」と「腕」という雑学

小動物

コウモリの翼は羽ではなかった!実は前足。

哺乳類なのに空を飛び、空を飛べるのに鳥類ではない。その特徴から、ときに「どっちつかずの卑怯者」のような意味で使われる動物がいる。 コウモリである。 ムササビやモモンガのように、滑空する哺乳類は他にもいるが、翼をもって鳥のように飛ぶことができる哺乳類は、コウモリだけだ。しかし、その翼は鳥類のそれとは少し異なる。今回はそんなコウモリの翼に関する雑学をお届けしよう。 【動物雑学】コウモリの翼は、羽ではなく前足。 ライオンくん オレ、長いことコウモリは羽があるから鳥だって思ってたけど、哺乳類だったんだな。 ウサギ ...

昔のヨーロッパでは、フェレットに配線工事をさせていたという雑学

小動物

働き者〜!ヨーロッパではフェレットに配線工事をさせていた【動画あり】

ちまたでは猫の人気が上昇中だ。猫に関する本やグッズが大人気で、ネットやSNS上で飼っている猫の動画を配信している飼い主も多い。その影響で猫を飼いだした人もいることだろう。 でも実際に、猫や犬は飼うのにハードルが高いという人も多い。その点、ゲージの中で飼える小動物は常にある程度の人気を保っている。小動物といえば一昔前はハムスターやモルモットが主流だった。 今では種類も様々で、中でもフェレットは人気が高い。フェレットは、正式には「ヨーロッパケナガイタチ」という名前で、その名の通りヨーロッパでは歴史が古い。 し ...

ウサギに肉球がないことに関する雑学

小動物

ウサギには肉球がない。どうやって足を保護してるの?

動物の足の裏というと、何を想像するだろうか? きっと「肉球がある」というイメージをもっている人が多いだろう。もちろん哺乳類なら肉球のある動物は多いが、なかには足の裏に肉球がない動物もいる。 ウサギもそんな肉球のない動物の一種である。犬や猫のように頻繁に触れる機会はないので、イマイチ想像できないが…。肉球がないなら、ウサギの足の裏は一体どうなっているのだろうか? 今回は、そんな意外と知らない人の多い、ウサギの足の裏の雑学を紹介しよう。 【動物雑学】ウサギには肉球がない ライオンくん え?!ウサギちゃんって肉 ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.