小動物

そうだ。うさぎ島、行こう。うさぎだらけの大久野島【動画あり】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

日本には「ウサギ」だけが住む島があるという雑学

「あなたは犬派? それとも猫派?」

なんだか合コンでよくありそうな質問だが、最近犬でも猫でもなく「ウサギ派」と答える人が増えているという。長い耳につぶらな瞳、鼻をピクピクさせながら跳びまわる姿はとても可愛く、ペットとしても人気の動物だ。

そんな人気急上昇中のウサギだが、日本にはウサギだけが住んでいる島がある。思う存分ウサギと遊ぶことができる夢のような島だ!

そんなウサギ派のあなたに、今回の雑学では「ウサギ島」について紹介しよう!

【動物雑学】日本には「ウサギ」だけが住む島がある

ライオンくん
ウサギくん、「ウサギだけが住む島」っていうのが日本にはあるらしいぞ?!
ウサギちゃん
そうなんだ。広島県にある大久野島(おおくのしま)では、人口22人に対して約700~1000羽のウサギが暮らしていて、通称「ウサギ島」と呼ばれているんだ。

【雑学解説】小学校で飼えなくなったウサギを放ったのが始まり?

小学校で飼えなくなったウサギを放ったのが始まり?というトリビア

大久野島にウサギしかいない理由は、1971年に、地元の小学校で飼っていたウサギを飼いきれないから島に放ったという説が有力である。

動物を遺棄するなんて今では考えられない! 動物愛護団体から訴えられそうな事件だが、放たれた8羽のウサギたち繁殖を繰り返し、現在のウサギ島になったのである。

ちなみに大久野島の全住人22名はリゾート施設である「休暇村」の従業員だ。つまり、大久野島には本当にウサギしか住んでいない。ウサギ好きにはたまらない楽園だ!!

ウサギちゃん
そんなにたくさんの仲間がいたら楽しいだろうな!

【追加雑学①】大久野島のウサギは野生だが人に慣れている

大久野島で暮らしているウサギはとても人懐っこい。スーパーの袋をガサガサさせると、「ごはんちょうだい!」といわんばかりに近くに寄ってくるのである。かわいいー! これはぜひ体験したい!!

しかし、エサがないと分かるとクールに去っていくらしい。なんて現金なやつ…!

ライオンくん
人間はエサをくれるって分かっているからフレンドリーに接してるんだな…。なかなか賢いぞ!

大久野島では道端や広場など、あらゆる場所ウサギと遊ぶことができる。すぐに寄ってきてくれるので忘れがちだが、彼らは野生の生き物だ。むやみに追いかけまわしたり抱っこしたりするのは止め、愛情をもって一緒に遊ぼう!

スポンサーリンク

【追加雑学②】大久野島は昔地図に載っていなかった

大久野島は昔地図に載っていなかったというトリビア

大久野島

「ウサギ島」として、観光客に多くの癒しを提供している大久野島だが、太平洋戦争中は、攻撃に使用するための毒ガスを製造していたことでも知られている。毒ガスは秘密裏で製造されていたため、大久野島の存在も隠され、日本地図にも載っていなかったそうだ。

地図を改ざんするなんて…日本軍恐るべし。

ちなみに大久野島にウサギが増えた理由には、毒ガス工場で実験台として使われていたウサギが逃げ出して繁殖したという説もある。この説は嘘だといわれているが、毒ガスの実験にウサギが使われていたのは事実である。

ウサギを実験台に…これまた動物愛護団体から訴えられそうな悲しい事件だ…。

ウサギちゃん
ボクの仲間がそんな恐ろしいものの犠牲になっていたなんて、悲しすぎるよ…!

毒ガスの歴史は大久野島にある「毒ガス資料館」で学ぶことができる。ウサギだけではなく貴重な資料も見ることができるだなんて、ますます行ってみたい。

【追加雑学③】ウサギは爆発的に繁殖力が強い

現在1000羽近く暮らしている大久野島のウサギだが、ここまで増えたのには理由がある。なんと、ウサギはその見た目とは裏腹に、爆発的に繁殖力が強いのだ!

オス精力旺盛すぎて常に発情しており、メス妊娠している上にさらに妊娠するといわれている。可愛い見た目とのギャップがすごすぎる…。

おすすめ記事

性欲ッ…!週刊プレイボーイのロゴにウサギが使われた理由とは?

続きを見る

出産ラッシュである春に大久野島に行けば、きっと可愛い子ウサギにも会えるはず! ここで大久野島で暮らす子ウサギの動画を観てみよう。

ライオンくん
子ウサギ可愛すぎだろ!

可愛いー! 小さい姿で一生懸命ご飯を食べる姿がたまらない! ウサギに囲まれる幸せな体験はまさにプライスレスだ。

雑学まとめ

今回の雑学記事ではウサギだけが住む島、広島県大久野島について紹介した。

大久野島は「ウサギ島」と呼ばれ、たくさんのウサギと遊べる癒しスポットである一方、毒ガス工場があったという悲しい歴史は知らなかった。

現在は観光スポットとして生まれ変わり、たくさんのウサギと遊んだ後は、美味しいレストランや温泉も堪能できるそうだ。

こんなにたくさんのウサギに会えるのは、世界中探しても大久野島だけなので、ぜひ遊びに行ってみよう!

ライオンくん
まさに『ウサギ天国』だな。いつか行ってみたいぜ!
ウサギちゃん
ボクも一生に一度は訪れてみたい島だよ!

おすすめ記事

明治時代には「ウサギ税」が存在したという雑学
人気すぎる…!日本では明治時代に"ウサギ税"があった

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー