サブカル雑学 面白い雑学

性欲♡週刊誌"プレイボーイ"がウサギのマークなのはなぜ?|面白い雑学

週刊誌「プレイボーイ」のマークにウサギが使われているのはウサギの性欲が強いからという雑学

成人向けの週刊誌「プレイボーイ」。そのロゴマークといえば、ウサギだ。

どうしてウサギが使われているのだろう。読者層から考えると「バニーガール」からの発想でウサギを採用しているのだろうか?

いかにもな発想だが、そんな理由ではない。プレイボーイのロゴマークは、可愛らしいウサギの意外な一面から採用されたものだ。今回はそんなウサギの習性に関する雑学を紹介しよう。

【面白い雑学】週刊誌「プレイボーイ」のマークにウサギが使われている理由は?

「プレイボーイ」のマークがウサギなのは、ウサギの性欲が強いから。ウサギは年中発情期で、繁殖力が強い。

【雑学解説】可愛い顔して実は凄いんです…

ウサギといえば、か弱く、人畜無害…そんなイメージがある。しかし、ウサギは凄い…。何が凄いかというと、性欲が強いのだ!

つまりプレイボーイのロゴは、性欲の強さを表したものだという。成人向け雑誌としては、すがすがしいほどストレートな表現である…。

動物には季節によって発情期というものがあるが、ウサギには発情期が無い。季節を問わず繁殖できるのだ。

ちなみにオスは、同じウサギのメスだけでなく、人間にも発情することがあるそう…。まさにプレイボーイも真っ青なストライクゾーンの広さである。

発情しっぱなしのオスはもちろん、メスもいつでも妊娠の準備ができている。というのも、ウサギのメスは交尾がきっかけで排卵するからだ。ちなみに交尾の直後でも排卵する…理屈的には、際限なく交尾を繰り返せるわけである。

「おなかに赤ちゃんがいたら、さすがに交尾はしないでしょ…。妊娠中に交尾したら赤ちゃんはどうなるの?」と思うかもしれない。

しかしウサギは、たとえおなかの中に赤ちゃんがいようが交尾をするし、そこで新しく赤ちゃんができても、母ウサギはどちらの赤ちゃんもおなかの中に宿すことができる。人間の感覚では考えられない体だ…。

どうしてこんなに交尾をして、ポコポコ赤ちゃんを産むのか。これは私の推測だが、ウサギは草食動物…いわゆる「食べられる側」の動物だ。そのため、「ウサギ」という1つの種として生き残るために、繁殖力が強くなったと考えられるのではないだろうか。

…いや、それでも強すぎると思うのだが…。

関連記事

「エッチ」は「変態」の頭文字からきているという雑学
"エッチ(Hentai)"の語源はまさかの学術書…!【変態性欲心理】|面白い雑学

続きを見る

トリビアまとめ

「プレイボーイ」のロゴがウサギなのは、ウサギの性欲が強いからだ。基本的に多くの動物は春や秋に発情期を迎え、それに合わせて交尾をして子供を作る。

しかし、ウサギには季節による発情期というものが存在しない。オスはいつでも交尾する気満々だし、メスはいつでも赤ちゃんを作る準備ができている。

ウサギの性欲が強いといわれると、その見た目とのギャップに驚かされる。しかし食べられる側のウサギだからこそ、子孫を残す力が強く備わっているのだとすると、自然界は上手くバランスが取れているな…と感心させられる。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.