スポーツ全般 驚き

ケンカして分裂!アディダスとプーマの創業者は兄弟だった

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

アディダスとプーマの創業者は兄弟だったという雑学

香港の商店街に並ぶアディダスとプーマ

アディダスの創業者アドルフ・ダスラーと、プーマの創業者ルドルフ・ダスラーは正真正銘、血のつながった兄弟だ。それぞれの本社が同じドイツ・バイエルン州ヘルツォーゲンアウラハにあるのも、2人がこの街で生まれ育ったからである。

わざわざ同じ街で別々に商売を始めるなんて、お互いリーダー気質で野心家だったんだろうな…などと思わされるが、2人が同じ街で違う会社を作ったのは、それほど単純な理由ではない

何を隠そうアドルフとルドルフはもともと、2人で運動靴の製造所を共同経営していた。そこから袂を分かったのは、兄弟の仲違いからだというが…?

【面白い雑学】アディダスとプーマの創業者は兄弟だった

新人ちゃん
アディダスとプーマの創業者は兄弟…両方とも世界のトップスポーツメーカーっすけど、なんで別々の会社を作ったんっすかね?
マッチョ課長
それぞれ会社の創業者であるアドルフとルドルフは、ダスラー兄弟商会という会社を営んでいた。しかし、弟アドルフが兄ルドルフの罪を密告したため関係が悪化し、分裂してしまったんだ。

【雑学解説】アドルフとルドルフの不仲がアディダスとプーマを作った

アドルフとルドルフの不仲がアディダスとプーマを作ったというトリビア

1920年のこと、スリッパなどの室内靴の職人である父の影響から、靴の製造を始めた弟アドルフの商売に、兄のルドルフが乗っかる形で、ダスラー兄弟商会の経営はスタートした。

職人気質の弟は製造、兄は営業というように得意分野の棲み分けができていたこともあり、業績は好調。オリンピックのアスリートなどが同社の製品を愛用したことで、ダスラーブランドは一気に人気を博した。

1936年のベルリンオリンピックでは、陸上競技4種で金メダルを獲得したアメリカ人選手ジェシー・オーエンスも愛用していたというぞ!

しかし得意分野が製造・営業と分かれているのと同じように、兄ルドルフと弟アドルフはその考え方も相容れないもので、兄弟ゲンカも絶えなかった。

新人ちゃん
こういう場合、身内なぶんケンカもよりひどくなっちゃうっすよね。

ここまでならよくある話だが、分裂の決定打となる大事件があったのだ。

弟が兄の罪を密告!関係が悪化した2人は分裂することに

第二次世界大戦中、弟のアドルフは職人として優秀だったため、兵役を免除されたが、兄のルドルフナチスの武装親衛隊に参加しなければいけなかった。

そして終戦後、ナチ党員が罪に問われ、アメリカの捕虜にされていく流れのなか、事もあろうかアドルフは、ルドルフがナチ党員として戦争に参加したことを密告したというのだ! 

新人ちゃん
実の兄を密告…こりゃマジでただ事じゃないっすね…。

兄としては弟が兵役を免れた時点でおもしろくないのに、これを受けて2人の関係は険悪を通り越して最悪になってしまった。こうして1948年、アディダスとプーマという、それぞれ別のメーカーへと別れていったわけだ。

ちなみにアディダスという社名はアドルフの愛称だった「アディ」ダスラーの「ダス」から。プーマルドルフ・ダスラーを略した「ルーダ」から、大型肉食獣のピューマの響きの影響を受け、プーマに転化したといわれる。

スポンサーリンク

【追加雑学①】両社の争いからアディダス派vsプーマ派へ

両社の争いからアディダス派vsプーマ派へというトリビア

ケンカ別れしたダスラー兄弟は、それぞれ同じ街のアウラハ川を境に、北と南に本社を設立した。驚かされるのは、2人が縄張りにしていた北と南で街自体も対立する雰囲気になっていったことだ。

街行く人の誰もがどちらのシューズを履いているかをまず確認するため、ヘルツォーゲンアウラハには、下ばかり見ている「首を曲げた街」という異名まで付いた。

なんでもアディダス派とプーマ派で、それぞれ別派閥の店では買い物をしないという風潮まであったという…。嘘みたいな話だが、それだけ兄弟が地元の成功者として取り沙汰されていたということだろう。

マッチョ課長
同じ町なのに北と南でここまで対立してしまうのは、なんだか大人げない気もするが…。

当然ながら兄弟同士も大金を積んだ宣伝活動、有名選手やチームのスポンサーの奪い合いなどで業績を競い合った。

結局それぞれが亡くなる1970年代まで和解することはなく、亡くなった際には墓まで距離を開け、同じ墓地の両端に作られたというぞ。もはや遺族同士もいがみ合っていたということか…。

【追加雑学②】アディダスvsプーマはサッカーの神様ペレまで巻き込んで…

兄弟の争いは、それぞれの息子の代になっても続いた。有名なのはサッカーブラジル代表を3度のワールドカップ優勝に導いたことで、サッカーの神様と名高いペレを巡る、ペレ協定事件だ。

1970年、ルドルフの息子アーミンアドルフの息子ホルストは相変わらず両社がしのぎを削るなか、「世界一の選手であるペレを相手にしてしまっては、契約金争いに収拾がつかなくなってしまう」という理由で、お互い手を出さないという協定を結んだ。

しかしなんと、プーマ側がこの協定を破り、ペレと契約してしまったのである。「第二次世界大戦ではよくも裏切ってくれたな!」という具合か…。これを機に両社はまたしても確執を深めていく。

新人ちゃん
協定破ったんっすか…こりゃプーマが悪いと思うっすよ…。

仲が悪いのは親同士の問題。時間が解決してくれると思いきや…である。

スポンサーリンク

【追加雑学③】半世紀続いたアディダスvsプーマ問題が解決!

こうして1948年以来、アディダスとプーマの対立は約50年以上にも渡って続いたが、2009年には、なんとヘルツォーゲンアウラハのグランドにて、両社の従業員が交友目的のサッカーを行う進展があったぞ!

以下が試合当日の様子を映した動画だ。選手が右腕にアディダスの3本ライン、左腕にはプーマのピューママークのユニフォームを着ていることがわかる。

マッチョ課長
和やかに試合は行われたようだな。やはりスポーツは人と人との心をつなぐものだ!

両チーム非常ににこやかにやり取りしている印象だ。「昔のことを水に流す機会がやっと訪れた!」という感じか。

ライバルを蹴落とすよりもお互いに協力していくほうが、現代の風潮にも合っているはず。今後、両社が力を合わせて発展していけば、これほど微笑ましいことはないだろう。

アディダスとプーマの雑学まとめ

アディダスとプーマの創業者は兄弟で、もとは共同経営者だった。2人の兄弟ゲンカがちょっと行き過ぎてしまったばかりに、両社は半世紀の間行き違うことになったのだ。街を巻き込み、従業員を巻き込み…2人のケンカはどんどん壮大になっていった。

そのライバル意識のおかげで、それぞれが世界のトップブランドに上り詰めたこともまた、間違いないのだが…。ケンカはやっぱりよくないよ!

マッチョ課長
ちなみに、2人がここまで仲たがいした理由は他にもあるといわれている。兄ルドルフが弟アドルフの妻を好きになってしまったからでないのか、という説もあるんだ。
新人ちゃん
うわー…兄弟で恋愛のもつれ…けっこうヤバい事態に発展しがちっすもんね…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー