意外なルール 暇つぶし

ディズニー内での万引きは罪にならないってホント?夢の国の特例…?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ディズニー内での万引きは罪にならない?という雑学

誰もが憧れる夢の国といえば、そう「ディズニー」だ。

元祖ディズニーランドはカリフォルニアにあるが、日本の東京ディズニーランド及びディズニーシーは世界でも有名。ミッキーマウスを筆頭に多くのディズニーキャラクターに会うために連日、大盛況となっている。

そんな大勢の人でにぎわうディズニーだが、心配なのはやはり人の多さによるトラブルだろう。来園者同士でのいざこざをはじめ、なにかしら恐ろしい犯罪が起こっても不思議ではない。

筆者もこの雑学記事を書いている少し前にディズニーシーにいったのだが、入園ゲートで荷物検査があることに驚いた。

だが、万全のセキュリティを設けているディズニーなのだが、ここでとある噂を聞いた。なんと、ディズニー内での万引きは罪にならないというのだ。いやいや、さすがにそんなわけはないだろう・・・。まさか、夢の国と呼ばれるくらいなのだから、独自の法律でもあるのだろうか?

というわけで今回は、ディズニーリゾートと万引きについての雑学をご紹介しよう!

【面白い雑学】ディズニー内での万引きは罪にならない?

秀吉くん
さっすが夢の国!犯罪なんてもんは存在しないってことっすね?!
信長さん
このうつけ者め!たとえディズニー内でも万引きは罪になるに決まっているだろうが!

【雑学解説】ディズニー内でも外でも万引きは犯罪です。

まずは結論からだが…ディズニー内で万引きを犯した場合、捕まる。というより、常識的に考えたら調べるまでもないことなのだが…。

ただ、どうやら巷ではディズニー内で万引きをしても初犯は許されるといったものや、園内で捕まることはなく、出口を越えた瞬間に捕まるといった噂が根強いようだ。

なぜ、そんな元も子もない噂が流れたのかについては諸説あるようだが、やはり「夢の国」のイメージが影響しているのだろう。ディズニーは子供から大人まで楽しめるファンタジーな世界観。そんな場所で万引き犯を捕まえるような現実的なトラブルは野暮ということだろう。

ただ、これはあくまでも理想であって実際に万引きをすれば捕まえないわけにはいかない。ディズニーのイメージを崩すからと見逃していたら、万引きされ放題なのだから当然だ。

秀吉くん
あー…万引き見逃していたら、それこそ『夢の国』じゃなくなっちゃうっすよね。

だが、先にもいったように夢の世界のイメージを崩すわけにはいかないので、ディズニー内では制服の警備員というのはおらず、私服警備員によって巡回が行われているそうだ。たしかに筆者もディズニーシーで警備員は見かけなかったような…。

セキュリティに関する情報は公開されるわけがないので、詳しいことは定かではないが、仮に万引きが見つかった場合、私服警備員に声をかけられ目立たないように裏方の施設に連行されるということだろう。

このようにディズニー内でも万引きは罪であることがわかった。そもそも、世界のどこであれ万引きは窃盗という立派な犯罪である。皆さんも、そんな噂を真に受けることのないように気をつけてほしい。

信長さん
ディズニー内外問わず、万引きなんてくだらない犯罪を犯さないように!!

スポンサーリンク

【追加雑学】ミッキーマウスの著作権は近い将来切れる?

ここでもう1つ、ディズニーに関する噂を見つけたので紹介しようと思う。それはあの「ミッキーマウス」の著作権が近いうちに切れるかもしれないという噂だ。

ミッキーマウスの著作権が切れたらどうなるかというと、誰でもミッキーマウスで商品を作れたり、創作活動をしたりすることができるようになるかもしれない(意匠権などの法律が複雑に絡み合うため、実際のところは不透明)。

さて、ミッキーマウスの著作権がなぜ切れてしまうかというと、そもそも著作権は数十年は保護される決まりだが、永遠ではないからだ。ミッキーマウスでいうと著作権が切れる期限が2023年から2024年頃といわれている。

だが、これはあくまで初期デザインのいわゆる「オールドミッキー」の話。実はミッキーマウスはデザインが一新されたり、新コスチュームが増えたりした際、それぞれで独立した著作権をもっている。

秀吉くん
一口に『ミッキー』っていっても、デザインとかが違ったら著作権も別物になっちゃうんっすね…。

仮に、ミッキーマウスの著作権が切れたとニュースになっても「どのミッキーマウスなのか」注意しよう。

世界で最も人気のあるキャラといっても過言ではない「ミッキーマウス」。誰もが自由にグッズを作ったり、イラストを描けたりすればそれこそ夢のような話だが、ディズニーは著作権に厳しいことで有名。なんらかの対策を練っているかもしれないので期待せずに待っておこう。

信長さん
ディズニーがあれほど著作権に厳しいのには、『キャラを奪われた』という過去があるのだ…。

おすすめ記事

ディズニーが著作権に厳しいのは、ユニバーサル社にキャラクターを奪われたからという雑学
オズワルドよ…ディズニーが著作権に厳しい理由はユニバーサル社が原因…。

続きを見る

「ディズニー内の万引き」の雑学まとめ

今回の雑学では、ディズニーにまつわる噂と真相についてまとめてみた。

東京ディズニーランドもディズニーシーも新エリアの開発が決まっているし、今後も老若男女に愛される夢の国としてにぎわうことだろう。ただし、マナーは守って純粋に楽しみたいものである。ディズニーの中でも外でも万引きはもちろん犯罪だ。

ちなみにこれから初ディズニーを計画している人へ筆者からのアドバイス。園内はかなり広く、足を痛めやすいのであらかじめ足首にサポーターを装着しておくのがおすすめだ。

信長さん
ちなみに東京ディズニーランド"の面積は510,000平方メートルで、東京ディズニーシーの面積は490,000平方メートルだ。それぞれおおよそ東京ドーム10個分だな。
秀吉くん
でかっ!そりゃあガチで遊び倒すならサポーター必須っすわ…。

おすすめ記事

深い…!ディズニーランドのトイレに鏡がない理由とは?

続きを見る

【動画】アナ雪の"生まれて初めて"にラプンツェルが!?いとこ同士ってホント?

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー