スイーツ・お菓子の雑学一覧

雑学の中でもスイーツとお菓子の雑学を集めてみました。

洋菓子・和菓子・アイスなどなど、生活に欠かせないヤツら…。

そんなスイーツとお菓子に関するトリビアをどうぞ!

人気の雑学


ティラミスの意味と由来はかなりアダルトな世界だった!R18指定!?【動画】

続きを見る


「白い恋人」の類似品が大量にあるという雑学
"白い恋人"に激似ッ…な類似品が全国にある。権利関係は大丈夫…?

続きを見る


「半殺し」「皆殺し」は料理の用語という雑学
おはぎが由来…!"半殺し・皆殺し"は料理用語だった

続きを見る

 

新着記事

チョコレートはもともと薬という雑学

スイーツ・お菓子

チョコレートはもともと薬!カカオの栄養素と歴史とは?

みなさんはチョコレートはお好きだろうか? その甘さから幸せな気分になる人も多いのではないだろうか。でも、健康に気を遣ってチョコレートを制限している、なんて人もいるのではないだろうか? そんな方に朗報がある。実はチョコレートは薬だったらしいぞ! 【食べ物雑学】チョコレートはもともと薬!カカオの栄養素と歴史とは? チョコレートはお菓子ではなく、薬だった。 【雑学解説】カカオの歴史 チョコレートの歴史は薬として始まった。その歴史を辿ると、紀元前まで遡ることになる。当時はカカオ豆をそのまま生で食べていた。 150 ...

台湾みやげで大人気の「パイナップルケーキ」に関する雑学

スイーツ・お菓子

めちゃうま!台湾みやげで大人気の"パイナップルケーキ"とは?【動画】

筆者は焼き菓子大好き。日持ちのしない高級生ケーキももちろん好きだが、気軽につまめる焼き菓子は甘党の心の安らぎだ。 中でも大好きなのは台湾の「パイナップルケーキ」なのだが…最近大注目のスイーツとはいえ、日本の地方で店頭入手するのはまだまだ難しい。この魅力、ぜひ多くの甘党に伝えたい! 【食べ物雑学】台湾みやげで大人気の「パイナップルケーキ」とは? パイナップルジャムをホロホロとした柔らかいクッキー生地で包んだ、台湾の伝統的なお菓子。日本人にも大人気で、いまや大定番の台湾のお土産。 【雑学解説】最近ブームの台湾 ...

植物性と動物性の生クリームの違いに関する雑学

スイーツ・お菓子

植物性と動物性の生クリームの違いとは?メリットとデメリットがあります

味覚がお子さまの筆者は、コーヒーに砂糖とクリームが欠かせない。クリームには普段、お買い得な「コーヒーフレッシュ」を使っているが、たまには高級な生クリームを入れて、至福の味わいに浸ることもある。 断然「動物性生クリーム派」の筆者だが、家人はあっさりした「植物性生クリーム(いわゆるコーヒーフレッシュ)派」。 ふと疑問に思ったのだが、この2つには具体的にどんな違いがあるのだろう。値段や保存期間の差も気になる…! 【食べ物雑学】植物性と動物性の生クリームの違いとは? 原料が植物油か牛乳などの動物由来かの違い。本来 ...

チョコレートの語源は「苦い水」という意味だったという雑学

スイーツ・お菓子

甘くない!チョコレートの語源は"苦い水"という意味だった

「チョコレート」と聞いてどんなものをイメージするだろうか? ほとんどの人は甘くて固形のお菓子と思い浮かべたのでは? しかし、チョコレートの語源を調べてみると驚くべき事実が明らかになった。現在のチョコレートのイメージとはかけ離れたあるものが語源になっていたのだ。 【食べ物雑学】チョコレートの語源は「苦い水」という意味だった チョコレートの語源は「苦い水」という意味。 【雑学解説】チョコレートの語源はナワトル語 チョコレートはもともとメキシコインディオたちが薬として用いていた「ショコラトル(xocolatl) ...

饅頭(まんじゅう)と大福の違いに関する雑学

スイーツ・お菓子

餡がカギ!饅頭(まんじゅう)と大福の違いとは?

左:饅頭 右:大福 ふっくら食べ応えがあって幸せになるおやつ…饅頭(まんじゅう)。温かいお茶と一緒にいただくと、心もホッとする。真っ白いふくふくとした大福とともに、和菓子系おやつの代表格である。 …というか饅頭と大福って、一見するとほぼ同じに見えるが…何か違いがあるのだろうか。どちらもアンコが入っていて、甘くて丸いイメージだが。大福は餅の仲間…? それなら饅頭の皮って何でできてるの? 【食べ物雑学】饅頭(まんじゅう)と大福の違いとは? 饅頭は小麦粉の皮、大福は米粉の皮を使って餡を包んだもの。大福の餡が小豆 ...

饅頭(まんじゅう)の種類が多すぎるという雑学

スイーツ・お菓子

どのくらいわかる?饅頭(まんじゅう)の種類が多すぎる…

定番のもみじ饅頭 温泉のおみやげ定番といえば温泉饅頭(まんじゅう)だ! 筆者は甘党なので大喜びするのだが、甘いものが得意でない家族は「また温泉饅頭?」と文句をいうことがある。じゃあ何ならいいの? と聞いたところ、「肉まん」という返事が返ってきた。 肉まん。想像していた答えとは違ったが、確かにヤツも饅頭には違いない…そしてふと思った。饅頭ってどれくらい種類があるのだろう。同じような大福は甘い物しかないのに、饅頭…もしかしてすごいんじゃないか…? 【食べ物雑学】饅頭(まんじゅう)の種類が多すぎる 大きく分ける ...

桜餅と柏餅の歴史についての雑学

スイーツ・お菓子

江戸時代に誕生!桜餅と柏餅の歴史とは?

春の和菓子、桜餅と柏餅。スーパーで見かけると思わず買ってしまうという人もいるかもしれない。 では、その歴史について知っているだろうか? どちらも江戸時代に誕生した和菓子で、その歴史は長い。しかし、誕生の仕方はまったく違っていた。 今回は、桜餅と柏餅の歴史についての雑学をお届けしよう! 【食べ物雑学】桜餅と柏餅の歴史について 桜餅と柏餅、どちらも江戸時代に流行した和菓子! 【雑学解説】桜餅の歴史について 桜餅は江戸時代・享保2年ごろ、長命寺というお寺で寺男として働いていた「山本新六」という人物が、タルで塩漬 ...

桜餅の葉は「食材」、柏餅の葉は「器」という雑学

スイーツ・お菓子

食べられる?"桜餅の葉っぱ"と"柏餅の葉っぱ"の違いは?

左:桜餅 右:柏餅 「和菓子」といっても、その種類はじつに多い。和菓子のなかでも時期になると、スーパーなどで季節コーナーが作られ、ひんぱんに見られるものとして「桜餅」と「柏餅」がある。 それぞれを包んでいる「葉っぱ」だが、桜餅と柏餅で役割がちがうことは、ご存じだろうか? 桜餅の葉っぱは食べ物として口に入れてもなんら問題はない。いっぽうで柏餅の葉っぱは、そもそも食べるものではないらしい!? 今回は、これらふたつの春の和菓子について調べたので、ご紹介しよう! 【食べ物雑学】桜餅の葉は「食材」、柏餅の葉は「器」 ...

みたらし団子は「御手洗団子」が由来という雑学

スイーツ・お菓子

下鴨神社が発祥!みたらし団子は"御手洗団子"が由来

みたらし団子。ほんのり焦げたお団子に、からみつく甘い醤油だれ。私は小さい頃からみたらし団子が大好きだった。 田舎暮らしの私は、たまに都会に連れて行ってもらったとき、お土産はおしゃれなケーキではなく、有名店のみたらし団子をねだって買ってもらった。そんな大好きなみたらし団子が、漢字で書くと「御手洗団子(みたらしだんご)」となると知ったのは、ずいぶん大人になってからだ。 知らない人が読むと「おてあらいだんご」と読んでしまう危うさ…。「御手洗」という漢字は、団子の形状や味には関係してなさそうだ。では、なぜこの漢字 ...

「シュークリーム」は英語だと違う意味になるという雑学

スイーツ・お菓子 笑える

気をつけろッ!"シュークリーム"は英語だと違う意味になる

ある日、英会話教室のネイティブ講師に「好きなスイーツは何?」と聞かれた私は、前日に食べたシュークリームを思い出していた。 「シュークリームって、英語でもそのままシュークリーム?」 ふとそんな疑問を感じたが、「シュークリーム」と答えた。すると「シュークリーム?本当に?」と、一瞬で怪訝そうな顔をする講師。 ここで「あ、何か間違えたな。」と気づいた私は、「食べたのはこれだよ。」と大人しくシュークリームの画像をみせることに。 「あ〜cream puffのことね!」 えっクリームパフ? 何、それ? そして、ネイティ ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.