人体雑学 面白い雑学

"ショック死=びっくり死"じゃないぞ!驚いても人間は死なない…|面白い雑学

更新日:

「ショック死」とはびっくりして死ぬことではないという雑学

あまりにもびっくりしすぎて、息が止まったようになったり死にそうな気分になったり、キャーキャーと悲鳴を上げパニクったり、あまりの怖さに友達の手をぎゅーっと握りしめたり。そんな経験はないだろうか?

私は小さい頃に見た、海に潜むサメに身体を食いちぎられる映像を、何かのはずみに想像してしまうと、冷や汗が出て呼吸が苦しくなる。

あんなにびっくりな恐怖体験をしたら、人間は本当にショック死してしまうんじゃないか? と考えたらまた動悸がしてきてしまった…。びっくりは心臓に悪いに決まってる!

今回は、びっくりしたら人間は本当に死んでしまうのかどうか調べてみたよ!

【面白い雑学】「ショック死」とはびっくりして死ぬことではない

科学者くん
びっくりして死んじゃうことだと思ってました!
ダヴィンチさん
医学的に「ショック」とは、何らかの原因で臓器が動かなくなって血圧が急激に低下し、それによって細胞が死んで命が危険にさらされることだ。びっくりして死ぬことではないぞ。

【雑学解説】ショック死の原因は4つある

ショック死の原因は4つに分けられる

「ショック死」と一言にいっても、原因は4つに分けられる。

メモ

  1. 心原性ショック
  2. 低容量性ショック
  3. 血液分布異常性ショック
  4. 閉塞性ショック
ダヴィンチさん
ひとつずつ説明していこう。
科学者くん
お願いします!

1.心原性ショック

心筋梗塞や脈の乱れで心臓がうまく機能しなくなってしまい、血圧が下がってショック状態になってしまうことだ。

芸能人では、マエケンこと前田健さんは「虚血性心不全(主に狭心症や心筋梗塞でなる)」という病気。私立恵比寿中学の松野莉奈さんは「致死性不整脈」という、心臓の動きが急に乱れて全身に血液を送れなくなってしまう病気。彼女は18歳の若さで天国へ行ってしまった。

突然死の中で特に多いのが、この心臓に関わるショック死だ。

2.低容量性ショック

事故や怪我で大量出血し、血圧が保てなくなることを「低容量性ショック」という。脱水も当てはまる。

最近ではドキンちゃんの声優だった鶴ひろみさんが、大動脈が急に裂ける「大動脈乖離」という病気になり、高速道路上で急死したのは記憶に新しいかもしれない。

3.血液分布異常性ショック

なんだか難しい名前だが簡単にいうと、食べ物や薬で急激にアレルギーを起こし呼吸が止まってしまうことや、細菌に感染して、その細菌が出す毒素によって身体にさまざまな影響が起き、臓器が機能しなくなることで起こるショックのことをいう。

「蜂に刺されたら死ぬ!」と小さい頃聞いた人も多いだろう。蜂の毒は、刺されてから数十分から数時間で死亡するといわれている。蕎麦を食べてショック死することもあり、これを「アナフィラキシーショック」という。食物アレルギーは、実はとても怖い。

また、細菌感染で血液にばい菌が入ってしまうと、「敗血症」という病気でショックを起こすこともある。

4.閉塞性ショック

「エコノミー症候群(肺塞栓症)」・「緊張性気胸」など、何らかの原因で、心臓に戻ってくる血液量が減って血圧が下がってしまうことを「閉塞性ショック」という。

エコノミー症候群は、飛行機で急死した人がいたことでTVで騒がれた。狭い座席に長時間座っていると、血液が脚の血管内でとどこおり、血の塊ができてしまう。そして、立ち上がった瞬間にその塊が飛んで肺動脈に詰まってしまう病態だ。

これは誰にでも起こるから怖い。車中泊や長距離ドライブなどでも起こるから、休憩を挟みながら運転しよう。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】交通事故死より多い「ヒートショック死」

冬はヒートショック死に注意!

老人がお風呂場で変わり果てた姿で発見された! なんて話は、ニュースなどで聞いたことがあるだろう。

「ヒートショック死」というのは、ヒトが急激な温度差(10℃以上)を身体に受けると、血圧や脈が急激に変化し、心臓や血管に大きな負担がかかることによって、心筋梗塞や脳梗塞を起こし死んでしまうことだ。特に冬場に多く、入浴中に気を失ってそのまま湯船で溺れてしまったり、転倒したりして死亡することが多い。

ダヴィンチさん
「ヒートショック死」の数は、交通事故死の4倍といわれているんだ。
科学者くん
そんなにですか!?おじいちゃんに言わなきゃ…!

もしご家族に高齢の方がいるなら、脱衣所と浴室の温度差を小さくするなどの工夫をしよう! サウナに行く人も気をつけよう。

【追加トリビア②】「心臓の弱い方はご覧にならないでください」の真意は?

ホラー映画や動画などでよく見かけるテロップに「心臓の弱い方はご覧にならないでください」というテロップがある。すでにこれだけで怖さ倍増だ。

しかし、本当に心臓が弱い人が見たらどうなるんだろう? 自分に直接サメが襲いかかるわけでも、井戸から出てきた髪の長い女性が追いかけてくるわけでもないのに、なんで人は恐怖でパニクってしまうんだろうか。

実は、本当に心臓が弱い人は、血圧や脈拍が極端に上がると心不全を起こしてしまう。そのため本当に心臓が弱く、日常生活もままならないレベルの心臓の持ち主は、恐怖体験を避けたほうが良いだろう。心配ならかかりつけの心臓専門医に相談しよう。

また、プロレスを見ていた高血圧の男性が、刺激の強い流血シーンで血圧がさらに上昇し、脳出血で死亡した例もある。心臓や血管系の持病がある人は特に気をつけよう。

【追加トリビア③】恐怖から身を守るための準備運動とは?

人が恐怖体験をしたときに恐怖で手をぎゅっと握りしめるのは、筋肉の血流を増やし、さらに心拍数や血圧を上げて、すぐ次の行動ができるようにエネルギーを確保する行為である。

また手足が冷たくなるのは、体の中心部(心臓など)を優先的に守るために中心部の血流量が増え、手足の血流が一時的に減るからだ。手足は犠牲にしちゃうんだな…。

これは、恐怖と戦う準備や逃げる準備を身体がし始めている証拠で、本能的なものだそうだ。身体の中で準備運動してるようなイメージ。

科学者くん
人間の体って不思議ですね…。
ダヴィンチさん
良くも悪くもな…。

トリビアまとめ

今回は、びっくりしたら人間は本当に死んでしまうのかどうかのトリビアを調べてみたが、いかがだったろうか?

恐怖から身を守るための正常な反応があるにもかかわらず、恐怖体験があまりにも刺激的すぎると、逆に心臓マヒを起こすなんてなんだか皮肉だ。

でもそんなに簡単にショック死していたら生態系が狂うだろうし、生存競争にも勝てないので、持病がない限りはあまり心配しなくても良さそうだ。でも大事なおじいちゃんやおばあちゃんを驚かすのはやめようね!

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.