世界のびっくり 意外

"邪視"は厨ニには好かれるが海外では嫌われている【邪眼】|面白い雑学

海外で忌み嫌われている「邪視」とは?に関する雑学

「邪眼の力をなめるなよ!」

はい、全国のジャンプ愛読者をニヤリとさせるこのセリフ。いい歳してまだまだ厨ニ病の筆者も、つい高まってしまう。

なぜこんな出だしかというと、そう、今回のテーマは「邪視」だ。日本では「邪眼」・「イービル・アイ」とも呼ばれ、漫画やアニメの設定でもよく使われている。だが、ファンタジー世界のイメージに引っ張られて、実際の「邪視」がどのようなものかを知っている人は少ないだろう。

本来の「邪視」は厨ニゴコロをくすぐるようなカッコイイものではなく、世界中から忌み嫌われている存在だそうだ。一体どのようなものなのか、雑学として解説していこうと思う。

【面白い雑学】海外で忌み嫌われている「邪視」とは?【邪眼】

秀吉くん
邪眼かっけーっすよねえ…!片目だけ光りたい。
信長さん
日本では人気だが、海外では「相手に不幸を呼ぶ力」として、昔から恐れられてるんだぞ。

【雑学解説】邪視・邪眼とは世界中に伝わっている伝承の1つ

邪視・邪眼は古くからある伝承

まず、最初に断っておきたいのが、これから解説するのはいわゆるオカルトの要素も含まれており、科学的な根拠はないということだ。信じるか信じないかはあなた次第!(言いたいだけです、ごめんなさい)

さて本題に入るが、「邪視」は、特定の国や地域だけではなく、世界の広い範囲で類似の逸話が伝わる伝承・言い伝えがある。その内容を簡単にいうと、目で見た相手に呪いをかけられるというものである。呪いの内容はさまざまで、病気になったり単純に不幸が訪れたり、ひどい場合には命を落としたりするといわれているそうだ。

ヨーロッパでは、神話の世界に登場する神や怪物がこの力をもっていると信じられていた。もちろん架空の存在でもあるので一種の信仰になるのだが、中東では瞳の色が青いだけで邪視の力があるとされ、実際の人間を恐れたらしい。

またエジプトの一部の部族では、特定の身分の人が邪視をもっていると信じられていたり、古代のイスラエルでは、神に使える聖職者のみが扱えるといわれたりしていた。

このように、一概に邪視とはいっても、国や文化によってどんな人間が関わりをもつかはさまざまだ。

ちなみに日本ではそういった逸話や伝承は少なく、邪視という概念が入ってきたのは近代に入ってからのこと。南方熊楠(みなかたくまぐす)という学者が、海外のそういった逸話を「邪視」という言葉で訳したのが最初といわれている。

秀吉くん
ナイスなネーミングっす!

ただ、日本には「目は口ほどに物を言う」という格言や「目ヂカラ」という言葉もあるので、視線だけで相手に何かを伝えることができる、という感覚がわかる人も多いだろう。筆者も学生の頃、厳しい体育の先生と目が合っただけで体が緊張して動かなくなったものだ(これも一種の邪視体験かもしれない…)。

これらが世界に伝わる邪視の概念だ。本当にその力が実在したら恐ろしいものだが、発動条件は悪意を向けられるかどうかということなので、人様に嫌われないように清く正しく生きていけば問題ないだろう!(おそらく)

信長さん
なかなか難しいよねえ…

スポンサーリンク

【追加トリビア】世界には邪視・邪眼を防ぐお守りがある

さて、邪視の恐ろしい力を紹介したが、科学的根拠はないといっても、当然信じてしまうオカルト好きな人たちも多いだろう。

邪視は世界中に広く伝わっている逸話であるため、その力から身を守る方法も数多く存在する。そのいくつかをまとめたので、ぜひ目を通してほしい。

ファリック・チャーム
邪視・邪眼のお守り「ファリック・チャーム」

リアルすぎる造形。

古代ローマより伝わるお守り。ネックレスやペンダントとして身につけることが多い。

その形状は、性的に興奮した男性器。…待て待て。説明を聞きたまえ。卑猥に思うかもしれないが、宗教的なモチーフとしてはよくあるのだ。街で身につけている人を見かけても決してハレンチとは思わないように!

秀吉くん
日本だとやっぱりハレンチっすよ!
コルナ

こちらはお守りではなく魔除けの動作。やり方は簡単で、手をグーに握ったまま人指し指と小指だけを立てて振るだけだ。ちょうど野球の「2アウト」を知らせるジェスチャーと同じ。

邪視対策だけではなく、「黒猫が目の前をよぎる」というような不幸の前触れに遭遇したときにも使われる。ただし、地中海地域では侮辱的な動作と誤解されるので、使う場面は注意しよう。

ナザール・ボンジュウ

トルコのお土産として定番の工芸品。青系のガラスに瞳のような模様が入っており、ストラップ・キーホルダー・アクセサリーとして幅広く売られている。

目をモチーフとしているので、自分の代わりに邪視と目をあわせてくれるといった意味があるそうだ。

トリビアまとめ

今回は、世にも恐ろしい邪視の力についての雑学を解説した。筆者は、そういった目に見えない不思議な力というものを信じる派なので、機会があればお守りを買ってみようと思う。

ちなみに筆者と同じく厨ニ病を発症している読者の皆さんの中には、自称・邪視(邪眼)の使い手がいるかもしれないが、いろいろと誤解を招きかねないので、その能力は自分の心にだけしまっておこう!

秀吉くん
殿!見てください!いま左目光ってないっすか!?
信長さん
光ってねえわ!

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.