アニメに関する雑学一覧

雑学の中でもアニメに関する雑学を集めてみました。

ドラえもん・サザエさん・ディズニー・クレヨンしんちゃん・セーラームーン・ポケモンなどなど、いろんなアニメのトリビアを楽しんでってください!

人気の雑学


衝撃…!ジャイアンの母ちゃんはアニメ1作目で死亡設定だった。【ドラえもん】

続きを見る


「サザエさん」のタラちゃんには「ヒトデ」という名前の妹がいるという雑学
サザエさんの幻のキャラ"フグ田ヒトデ"とは?実写で桜田ひよりが演じたぞッ!

続きを見る


「サザエさん」のタラちゃんには「ヒトデ」という名前の妹がいるという雑学
サザエさんの幻のキャラ"フグ田ヒトデ"とは?実写で桜田ひよりが演じたぞッ!

続きを見る

 

新着記事

ガンダムの小説版ではアムロは死ぬという雑学

アニメ

ガンダムの小説版ではアムロは死ぬ。シャアの性格も違う。

1979年4月から放送開始された『機動戦士ガンダム』は、以降40年以上シリーズが継続するほどの人気作となった。 アムロ・レイは、そんなガンダムシリーズの最初の主人公だ。続編では主人公こそ交代しているが、彼の活躍はその後も描かれている。 またさまざまなロボットが登場するゲーム・『スーパーロボット大戦』でも、主要人物として扱われることが多く、現在でも高い人気を誇る主人公である。 そんなアムロだが、ガンダムの監督・富野由悠季(とみのよしゆき)が描いた小説版では、なんと最初のシリーズで死亡してしまう。小説版は、ア ...

エヴァ監督「庵野秀明」がナウシカ2を制作する?という雑学

アニメ

エヴァ監督"庵野秀明"がナウシカ2を制作する?宮崎駿の意向は?

「風の谷のナウシカ」は、宮崎駿監督の代表作の1つである。実はナウシカの話には続きがあることがわかっているため、続編の映画化を望む声は少なくない。しかし、宮崎氏は続編を作らないことで有名だ。 ナウシカに関しても、続編を作ることはないと断言していた。ところが、2011年以降にナウシカの続編の話が持ち上がっているという。 そして、通称ナウシカ2の監督をするのは、エヴァンゲリオンの監督として知られる庵野秀明氏だというのだ。はたして本当なのだろうか? 【サブカル雑学】エヴァ監督「庵野秀明」がナウシカ2を制作する? ...

大山のぶ代が主人公の声優をしたロボットアニメ「ザンボット3」の内容が悲惨すぎるという雑学

アニメ

トラウマ級。大山のぶ代が主人公を演じた"ザンボット3"の内容が悲惨すぎる

大山のぶ代といえばドラえもんの声優で有名である。現在ではドラえもんの声は水田わさびに変更になっており、大山のぶ代以前にもドラえもんを演じた声優はいた。 たくさんの人が演じてきたが、NHKの「ためしてガッテン」でドラえもんのパロディーが放送された際は、ドラえもんはやはり大山氏の声真似であった。ドラえもんといえば大山氏の声というイメージが強い証拠だろう。 しかし大山氏は、ドラえもん以外にもさまざまなアニメに出演している。ザンボット3というロボットアニメでは主人公を演じているが、その内容が驚くほど悲惨なのである ...

鬼太郎は水木しげるが考えたキャラではないという雑学

アニメ

まさかの二次創作!"鬼太郎"は水木しげるが考えたキャラではない

水木しげるロードの鬼太郎 『ゲゲゲの鬼太郎』は、妖怪研究家としても知られる漫画家・水木しげるの代表作である。1968年にアニメ化されて以来、何度もテレビアニメがシリーズ化されており、現在まで続く異例のロングヒット作品となっている。 そんなゲゲゲの鬼太郎だが、実は主人公の鬼太郎は、水木氏が創作したキャラクターではないことをご存知だろうか…。一番代表的なキャラクターがオリジナルではないとは、いったいどういうことだ? 【サブカル雑学】鬼太郎は水木しげるが考えたキャラではない 鬼太郎は、民話を元に作られた紙芝居の ...

機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られたという雑学

アニメ 驚き

スポンサーを騙すため?"機動戦士ガンダム"のOPが熱血系な理由とは?【翔べ!ガンダム】

機動戦士ガンダムは、当時のロボットアニメでは考えられないようなリアル志向のストーリーで制作され人気を得た。 しかし、OP曲はガンダムの内容とはまったく合っていない熱血ロボットアニメのような曲調と歌詞になっている。これは作品にスポンサーをつけるために、わざと作風に合わない曲が作られたという。 機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られた? という雑学についてご紹介しよう。 【面白い雑学】機動戦士ガンダムのOPはスポンサーを騙すために作られた? 機動戦士ガンダムのオープニング「翔べガンダム!」は作品 ...

生身の人間がモビルスーツを破壊するガンダム作品があるという雑学

アニメ

人間>ガンダム…?人間がモビルスーツを破壊するガンダム作品とは?

マスターアジア 機動武闘伝Gガンダムは、富野由悠季以外が監督を務めた最初のガンダム作品である。ガンダムといえばリアルな作風で新しいジャンルを確立した作品だが、Gガンダムはそれまでと全く違う世界観の作品だった。 登場するロボットのほとんどがガンダムという点も視聴者を驚かせることになったが、なんといっても1番の衝撃は、生身の人間がモビルスーツを破壊してしまうことである。今回は、そんな驚きのガンダム作品についての雑学をご紹介しよう。 【サブカル雑学】生身の人間がモビルスーツを破壊するガンダム作品がある Gガンダ ...

横山光輝のあらゆる作品のキャラが登場するアニメがあるという雑学

アニメ

奇跡の共演?横山光輝のキャラが大集合するアニメがある【ジャイアントロボ】

ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日 日本を代表する漫画家の一人・横山光輝(よこやまみつてる)。 『鉄人28号』を手掛け、日本に巨大ロボット漫画のジャンルを生み出したことは有名だろう。また海外ドラマ『奥さまは魔女』から着想を得た『魔法使いサリー』も、魔法少女漫画の元祖だという。 さまざまなジャンルのパイオニアとして、横山氏が日本の漫画界に多大な影響を与えたことは疑いようもない。 そして実は、そんな横山氏が手掛けた作品のキャラクターが、こぞって登場するアニメが存在するという雑学を ...

「ポケットモンスター」の世界では、10歳で成人となっているという雑学

アニメ

若っっ!"ポケモン"の世界では何歳で成人になる?

「ポケットモンスター」には、驚きの裏設定がある。その1つが、年齢に関するものだ。こんなことを思ったことはないだろうか? なぜサトシのような子供が、旅に出ることができるのかと。 アニメや漫画で、いわゆる「子供」とされる年齢のキャラクターが旅をするのはよくあることだが、「ポケットモンスター」にはきちんとした設定がある。今回は、知っているようで知らない「ポケットモンスター」の世界観に関する雑学を紹介しよう。 【面白い雑学】「ポケットモンスター」の世界では、10歳で成人となっている 「ポケットモンスター」のアニメ ...

となりのトトロには恐ろしい原作がある?という雑学

アニメ

都市伝説?"となりのトトロ"には恐ろしい原作がある?【隣のととろ】

となりのトトロはスタジオジブリを代表する人気作品の1つだ。トトロに似た形の岩や木が話題になるなど、トトロに関連したスポットは日本各地に存在している。 スタジオジブリを設立した高畑勲は、トトロは日本全国の子供たちの心に住み着いていると表現し、「ぼくらがめざしたものの頂点」というコメントも残している。 そんなとなりのトトロには、恐ろしい原作があるという噂がある。その原作では、死後の世界を描いているというのだ。今回は、となりのトトロに関する雑学や、都市伝説の真相についてご紹介しよう。 【サブカル雑学】となりのト ...

「セーラームーン」にはサイボーグ化されたセーラー戦士がいる、という雑学

アニメ

"セーラームーン"にはサイボーグのキャラがいる【土萠ほたる】

「セーラームーン」といえば、女の子がセーラー戦士となって戦う作品である。戦う女の子の先駆者であり、今でも多くのファンから愛されている。 セーラー戦士の年齢層は広く、1番年下だと小学生、1番年上だと大学生にもなる。幅広い年齢で構成されているセーラー戦士だが、その中でもひときわ異色を放つ設定をもったセーラー戦士がいるのを知っているだろうか? 今回は、そんな異色のセーラー戦士についての雑学を紹介しよう。 【サブカル雑学】「セーラームーン」にはサイボーグ化されたセーラー戦士がいる 「セーラームーン」に登場するセー ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.