アニメ

となりのトトロの裏話。サツキとメイはもともと1人だった!2人になった理由は?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「となりのトトロ」のサツキとメイは、当初1人のキャラクターだったという雑学

「となりのトトロ」といえば、2人の姉妹とトトロの交流を描いた作品だ。今となっては、主人公の女の子たちはサツキとメイの2人であるが、初期のころは1人だったことを知っているだろうか?

どうして初期のころの1人で、「となりのトトロ」を制作することができなくなったのだろうか? それは、作り手側の都合によるものだった。

今回は、そんな「となりのトトロ」の裏側にまつわる雑学を紹介しよう。

【サブカル雑学】「となりのトトロ」のサツキとメイは、当初1人のキャラクターだった

ひかり
「となりのトトロ」のサツキとメイは、最初1人のキャラクターとして作られていたんだよ!
ゆい
え…!それ、本当?
ひかり
本当だよ!その証拠に、初期の映画のポスターには、トトロの横に1人の女の子しか描かれてないの!

【雑学解説】尺を延ばすために姉妹になった

となりのトトロは、尺を延ばすために姉妹になったというトリビア

1人だった女の子が、サツキとメイの2人になった理由はとても単純なものだった。それは、「映画の尺を延ばすため」である。

「となりのトトロ」は、当時「火垂るの墓」と一緒に上映されることになっており、予定ではどちらも60分の映画として作られるはずだった。しかし、「火垂るの墓」の尺が伸びて、80分ちょっとの映画になってしまったのだ。

そのことを聞いた宮崎監督は、「だったらこっち(となりのトトロ)も尺を伸ばす!」といい、急遽「となりのトトロ」の尺を増やすこととなった。

しかし、そこで困ったのが、延びた分のストーリーだ。「残りの尺をどうやって埋めるんだ?」と、プロデューサーの鈴木敏夫が尋ねると、宮崎監督は軽くこう答えた。

ひかり
主人公を姉妹にすればいいじゃない!

こうして、「となりのトトロ」はサツキとメイの2人が主人公となり、無事に現在の形に収まったというわけだ。

ゆい
す、すごいわ…!

無理に当初の予定のままストーリーの尺を埋めるのではなく、登場人物を増やして作り直すというところに、宮崎監督の柔軟性を感じる。

関連雑学

となりのトトロには恐ろしい原作がある?という雑学
都市伝説?"となりのトトロ"には恐ろしい原作がある?【隣のととろ】

続きを見る

【追加雑学①】トトロの本名は「ミミンズク」

せっかくなので、追加雑学としてトトロの本名について解説をしよう。実は、トトロは「トトロ」という名前ではない。正確には「ミミンズク」という名前なのだ。

それでは、メイが初めて出会ったときに発した「トォトォロ~!」という叫び声は何だったのだろうか? 実は「となりのトトロ」の絵コンテに、その答えが書かれている。

あのときトトロは「眠いよぉ~!」といっていたのだ。たしかにメイと初対面したときのトトロは昼寝をしていた。そこをメイに起こされて、「眠いよぉ~!」といっていたのだ。

この叫びが「トトロ」に聞こえて、メイに「あなたトトロっていうのね!」と返されたというわけだ。

ちなみに、「ミミンズク」という名前は、1番大きなトトロの名前だ。中トトロは「ズク」・小トトロは「ミン」という名前となっている。

映画内では呼ばれることが一切ないので、これを知っているのはよほどのマニアぐらいだろう。

ゆい
私も、トトロはトトロって名前なんだと思っていたわ…!

関連雑学

ジブリの裏設定!"もののけ姫"のコダマ→進化→トトロになる

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学②】実は興行成績は赤字だった

となりのトトロは、実は興行成績は赤字だったというトリビア

今となっては、幅広い世代に愛されている「となりのトトロ」。金曜ロードショーでも放送されることが多い。ジブリといえばヒット作を生み出すアニメ会社なので、「となりのトトロ」もヒットしたのだろうと思うかもしれない。

しかし、実は公開当時「となりのトトロ」の興行成績は赤字だったというトリビアがある。

「となりのトトロ」の観客動員数は約80万人、興行収入は約5.9億円だった。スタジオジブリで最も成績の良かった「千と千尋の神隠し」は、観客動員数が約2350万人、興行収入が約304億円だったことと比べると、かなり成績が悪いのが分かると思う。

ひかり
えええ!興行収入にいたっては、50倍以上も差があるじゃん…!

赤字で終わってしまった「となりのトトロ」だが、内容が子供だけでなく大人にも受けたこともあり、「日本映画ベストテン1位」などの数々の作品賞を受賞している。

さらに、金曜ロードショーで放送すれば高視聴率をたたき出す…公開当時成績の悪かった映画だったとは思えない反響だ。

興行成績が赤字で終わっても、そこで終わらなかったのが「となりのトトロ」の凄いところだと思う。

関連雑学

クレヨンしんちゃんの映画は「嵐を呼ぶジャングル」で終わっていたかもしれなかったという雑学
興行成績が…クレヨンしんちゃんの映画は"嵐を呼ぶジャングル"が最後かもしれなかった

続きを見る

雑学まとめ

「となりのトトロ」の主人公は、もともと1人の女の子だったという雑学を紹介した。しかし、「火垂るの墓と同じように尺を延ばしたい」という制作側の都合によって、サツキとメイの2人に分かれたのだ。

1人の女の子だったパターンのストーリーも、少し見てみたい。サツキとメイは姉妹ならではのストーリー展開となっていたが、1人の女の子のパターンはどうなっていたのだろうか?

ゆい
もし1人のままだったら、かんたくんやおばあちゃんは登場していなかったかもしれないわね…!
ひかり
たしかに!その可能性も十分あるよね!どちらにしても、あたしは今のトトロが大好きだから、2人になって良かったな!

関連雑学

日本には「トトロ駅」があることに関してのトリビア
全国の"トトロ"まとめ!トトロ駅/トトロのバス停/トトロの岩などなど…

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー