驚きの雑学一覧

アジア 驚き

2020/10/5

すんごい日常!インドにはそこらへんに"野良牛"がいる【動画あり】

日本の都市部で動物を見かけることはめっきり少なくなった。 時折、野良猫を見かけるくらいで、ひと昔前では街をうろついていた野良犬すら近年ではまったく見ない。 野良犬が消えた理由と背景だけで一記事書けそうではあるが、今回の雑学テーマは犬でも猫でもない。 乳製品・牛肉など、豚や鶏と並んでなくてはらない家畜代表「牛」…の、野良バージョン! 「野良牛」! である。のらうし…。口ずさんでみても大抵の人にはまったく馴染みがないワードだろう。 【面白い雑学】インドには「野良牛」がいる 信長さん インドでは、街の中心部や路 ...

「心頭滅却すれば火もまた涼し」といった人は焼死しているということに関する雑学

寺・神社 驚き

2020/7/13

"心頭滅却すれば火もまた涼し"といった人は焼死。犯人は信長!

『鬼滅の刃』の「心頭滅却すれば火もまた涼し」でおなじみの悲鳴嶼さんクイズはこちら! 戦国時代から安土桃山時代にかけて生きた、快川紹喜(かいせん じょうき)という僧がいる。快川は、あの織田家とも渡り合った戦国武将の武田信玄も師事したほどの人物。当時誰もが認める人格者であった。 快川の残した有名なセリフに、「安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火もまた涼し」というものがある。火さえも涼しいと言ってのけるとは、いかに鍛え抜かれた心の持ち主だったのだろう…。 と思っていたら、この快川紹喜という人物、なんと焼死 ...

日本人と西洋人で泣き方が違うという雑学

人体の不思議 驚き

2020/6/29

涙より鼻水。西洋人と日本人は泣き方が違う!

悲しいとき・感動したとき・うれしいとき…。 いろいろな場面で人は泣く。そして、泣くときには涙は付き物だ。感情が高ぶったとき、はらはらと目から涙が止まらなくなる。 しかし、西洋人が泣く場合、われわれ日本人とは少し異なるようだ。彼らが泣くとき、涙よりも別の液体の方が多く出てくるらしい…。今回はそんな西洋人の涙にまつわる雑学だ。 【人体雑学】日本人と西洋人で泣き方が違う 科学者くん ダヴィンチさん、日本人と西洋人で泣き方が違うってどういうことですか? ダヴィンチさん 日本人は泣くときには涙がたくさん出てくるけど ...

虫・昆虫 驚き

2020/7/15

カマキリのオスは交尾後にメスから逃げ回る。食べられるぞォ!【動画】

カマキリのオスが、交尾をしたメスに食べられてしまうのはけっこう有名だろう。 子供を作るためだけに利用され、用が済んだら食べられてしまうとしたら悲しすぎる! カマキリのメスはなんと凶暴で恐ろしいのだろう。 しかし、イメージと違いカマキリのオスはタフなのである。今回は、カマキリのオスの交尾に関する雑学についてご紹介しよう。 【面白い雑学】カマキリのオスは、交尾後にメスに食べられるのをがんばって回避する 信長さん 交尾中でもメスに食べられることがあるカマキリのオスだが、実は超逃げ回る。だから食べられる確率はかな ...

おからは産業廃棄物と認定されているという雑学

食べ物の由来 驚き

2020/6/29

"おから"は産業廃棄物に分類されている…!その理由とは…?

突然だが、おからを食べたことがあるだろうか? おからは栄養も高く、和え物にしたら最高においしいし、食べ応えもあるからダイエットにもいい。ちなみに、わたしはおからが好きだし食卓にも出てくるからよく食べている。 そんなおからが、食材の世界ではかわいそうな扱いをされていたなんて全然知らなかった…。あまり知りたくなかったが、事実をお伝えしようと思う。 というわけで今回は、おからについての悲しい雑学だッ…! 【食べ物雑学】おからが産業廃棄物に分類されている理由とは? 秀吉くん おからってちょっと庶民っぽい食べ物っす ...

ドラえもんには「土足で家にあがるな」というクレームがきたという雑学

漫画・ゲーム 驚き

2020/6/29

ドラえもんが浮いている理由とは?実はクレームがきっかけだった…

ドラえもんはその放送期間の長さもあって、子どもから大人まで、幅広いファンをもつ作品である。 未来の便利な道具を出してくれるロボットという設定でありながら、「道具に頼りすぎると痛い目に遭う」という教訓が毎回込められているのも、この作品の深いところ。子どもたちも自然と道徳を学べるような作風といえる。 …ところがそんなドラえもんにも、アニメの放送が始まったころには、PTAからクレームが寄せられるようなことがあったという。今回は、ドラえもんに寄せられたクレームについての雑学をご紹介しよう! 【面白い雑学】ドラえも ...

アディダスとプーマの創業者は兄弟だったという雑学

スポーツ全般 驚き

2020/6/29

ケンカして分裂!アディダスとプーマの創業者は兄弟だった

香港の商店街に並ぶアディダスとプーマ アディダスの創業者アドルフ・ダスラーと、プーマの創業者ルドルフ・ダスラーは正真正銘、血のつながった兄弟だ。それぞれの本社が同じドイツ・バイエルン州ヘルツォーゲンアウラハにあるのも、2人がこの街で生まれ育ったからである。 わざわざ同じ街で別々に商売を始めるなんて、お互いリーダー気質で野心家だったんだろうな…などと思わされるが、2人が同じ街で違う会社を作ったのは、それほど単純な理由ではない。 何を隠そうアドルフとルドルフはもともと、2人で運動靴の製造所を共同経営していた。 ...

キリンの鳴き声が牛と似ている理由に関する雑学

草食動物 驚き

2020/6/29

キリンの鳴き声は牛に似てるって知ってた?なぜ鳴く?【動画】

みなさんは、キリンの鳴き声を聞いたことがあるだろうか。キリンは大人しくあまり鳴かないイメージがあるだろう。しかしこのキリン、ひとたび鳴いたら牛と似た「モー」という声を出すという。 本当なのだろうか。牛とキリンは同じ草食動物という共通点があるが、牛の鳴き声はなかなか野太く、キリンがあの野太さで鳴くとは考えにくい。 そこで今回は、キリンの鳴き声についての雑学を調べてみたので、結果をみていただきたい。 【動物雑学】キリンの鳴き声は牛に似ている! ライオンくん たしかに…キリンは『モー』って鳴くぞ。目をつむって聞 ...

森鴎外の子供たちの名前は元祖キラキラネームということに関する雑学

芸術・文学 驚き

2020/6/29

森鴎外の子供の名前はキラキラネーム。そんな名前をつけた理由は?

森鴎外 キラキラネーム。それは、一般的に学がないだの常識がないだのと非難されがちな名前たち。 “光宙”と書いて“ピカチュウ”、“泡姫”と書いて“アリエル”など、「それ、本気で言ってるの?」レベルの名前から、「読めなくはないけどちょっと変かも…」な名前など、そのバリエーションは様々だ。共通していえるのは、どこか違和感を覚える名前であること。 90年代半ばごろから台頭してきたとされるキラキラネームは、それ以降の若い世代にみられる流行とされ、若者の学のなさを揶揄する材料とされてきた。 だが100年ほど前に、学が ...

世界で最も読まれている本は聖書ということに関する雑学

ためになる 驚き

2020/8/6

世界一読まれている本は聖書!世界のベストセラーランキングを発表!

ニュースなどを見ていると、頻繁に耳にする「ベストセラー」という言葉。要は本がめっちゃ売れたということで、著者は印税でボロ儲けである。 ところで、世界一のベストセラーが何かを、あなたは知っているだろうか。 「世界一のベストセラーとか…書いた人どれぐらい儲かったのかな…」などと想像してしまうが、この本は儲かるとかそういう考えとは無縁だ。だって、聖書なんだもん。 そう…聖書の発行部数は、どんなに売れた本も叶わないぐらいで、軽く億を超える。今回はそんな世界一のベストセラー本、聖書に関する雑学を紹介するぞ! 【面白 ...

© 2020 雑学カンパニー