寺・神社

クイズ:日本の三大大仏は?奈良と鎌倉と…どこだ!?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

日本の三大大仏は?に関する雑学

皆さんは、「知ってる大仏はなに?」といわれて、どこの大仏を思い浮かべるだろうか? 奈良・京都・鎌倉など、有名どころを思い浮かべたことと思う。

では、日本の三大大仏は? と聞かれると悩む人も多いはず。たしかに有名な大仏はいくつか知っているが、三大大仏といわれても、意外と答えられない…。

というわけで今回は、日本の三大大仏についての雑学を紹介するぞ!

【歴史雑学】日本の三大大仏は?

日本の三大大仏に関する雑学

秀吉くん
日本の三大大仏…奈良の大仏と、鎌倉の大仏と…あと一つ…

信長さん
猿、いい線いってるな。残り一つの大仏は、現代では『空位』らしいぞ。

秀吉くん
え?空位!?じゃあ実質二大大仏じゃないっすか!

【雑学解説】三大大仏は奈良・鎌倉に一つずつ、残り一つは時代と共に変化している

三大大仏の一つ目は、奈良県奈良市の東大寺にある「奈良の大仏」である。聖武天皇によって745年に作られた。小・中学校の時に習った記憶があるという人も多いだろう。

三大大仏二つ目は、神奈川県鎌倉市の高徳院にある「鎌倉大仏」である。人気の観光スポットでもあるため、訪れたことがある人も多いのではないだろうか。

そして三大大仏の三つ目だが、時代とともに変化しており、現在は空位ということになっている。戦後以降、富山県富山市にある「高岡大仏」や岐阜県岐阜市にある「岐阜大仏」などもあげられたが、定説はないようだ。

秀吉くん
そういえば僕、奈良の大仏っぽいヤツ作ろうと思って京都のお寺に大仏建てたことあるんっすよ。開眼前に地震でおじゃんになったんっすけどね。
信長さん
あれ、お前のところのせがれが作り直したけど、今度は大仏殿燃えちゃったりして大変だったよな。
秀吉くん
まぁ、その後も建て直しとかあったみたいっすけど、昭和の火事で無くなっちゃったみたいっすね。マジ腹立ちますわ!

【追加雑学①】世界一巨大な大仏?!

世界一巨大な大仏「牛久大仏」に関する雑学世界一大きな大仏は、茨城県牛久市にある「牛久大仏(うしくだいぶつ)」といわれている。

高さ約120メートルという巨大さ。なかなか想像ができない…。

先ほど紹介した奈良の大仏が14.9メートルなので、牛久大仏は奈良の大仏の約10倍である。奈良の大仏を見たことがある人なら、相当デカイことがわかるのではないだろうか。

実際の動画があったのでぜひ見てほしい。4Kで超キレイな大仏様が見られる。

秀吉くん
ちょ!この大仏、迫力ハンパねぇっすよ!

ちなみに牛久大仏は、アメリカにある自由の女神3個分ともいわれている。牛久大仏の手のひらに自由の女神を乗せることも出来るらしい。なんだそのコラボ…。

スポンサーリンク

【追加雑学②】ちょっと変わった仏像たち

そんな大きい大仏に引き続き、一風変わった仏像も3つほどご紹介しよう。

一つ目は、縄でグルグルに巻かれた、東京都葛飾区にある南蔵院の「縛られ地蔵」。なんでも江戸時代に泥棒を黙って見逃したことから、縄でグルグル巻きにされたそう。そもそも、仏像に捕まえろっていうほうが無理な話なのでは…。

信長さん
縄でグルグル巻きか…おなごだったら…コホンコホン。

二つ目は、滋賀県長浜市にある高源寺の「十一面観音立像」。この仏像の特徴は背面にある顔。背面には「暴悪大笑面」という顔が配置されている。この顔がやばいくらい笑っているのだ。360度拝観できるため、気になる方はぜひ訪れてほしい。

おすすめ記事

十一面観音像の後ろの顔は爆笑しているという雑学
仏像が笑う…?十一面観音像の後ろの顔は爆笑している

続きを見る

三つ目は、奈良県奈良市五条町にある唐招提寺の「千手観音像」。千手観音像といっても、実際に千本手がある千手観音像は少ないことをご存じだろうか。そんな中、この唐招提寺の千手観音像は、元はきちんと千本の手があったとされる非常に珍しい仏像なのである。

雑学まとめ

日本の三大大仏に関しての雑学まとめ今回は、日本の三大大仏についての雑学をご紹介した。

個人的には、牛久大仏の大きさにびっくりだった。大仏…たしかに文字どおりではあるけど、大きすぎでは!?

今度の休みは、仏像巡りをするのもいいかもしれない。いいことありそうだ。

信長さん
そうだな、たまには仏像を巡って天下挽回でも祈るか。

秀吉くん
僕、信長さんにずっとついて行くっすよ!

信長さん
お前、なんだかんだで天下かすめ取ったじゃないか。

おすすめ記事

仏像にはランクがあるという雑学
仏像にもランクがある!エラい順は如来→菩薩→明王→天

続きを見る

大仏の髪型の意味と理由とは?名前は"螺髪"っていうらしいです。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー