寺・神社

仏像にもランクがある!エラい順は如来→菩薩→明王→天

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

仏像にはランクがあるという雑学

お寺などに置かれてある仏像。実はランクがあることをご存じだろうか? 仏教といえばみんな平等といったイメージがあるが、仏さまの中にも上下関係がある。

「色んなランクがあっても、仏像ってみんな同じでしょ?」と思うかもしれない。しかし、仏像はランクごとに見た目も違うのだ!

今度お寺に行って仏像を見る機会がある際に、ぜひ知っておきたい雑学を紹介しよう。

【歴史雑学】仏像にはランクがある

信長さん
仏像には大きく4つのランクがあり、上から『如来(にょらい)・菩薩(ぼさつ)・明王(みょうおう)・天』に分かれるのだ。
秀吉くん
あー、たしかそれぞれ見た目に特徴あるっすよね。

【雑学解説】4つのランクに分かれる仏さま

4つのランクに分かれる仏さまというトリビア

釈迦如来

仏教の世界は平等を説いたものなのに、ランクがあるといわれると少し違和感があるかもしれない。だが、仏教世界もいわゆる1つの組織だ。仏教の世界を円滑にするために、それぞれ役割分担があると思えば、しっくりくると思う。

仏像のランクは、先ほども言ったように上から「如来・菩薩・明王・天」の4つに大きく分かれる。

実はそれぞれ学校に当てはめることができるので、表にして見ていこう。

仏像のランク仏教世界での役割学校で例えると
如来

悟りを開き、その力で人々を救う。

仏教界で1番偉いランク。

例:釈迦(しゃか)如来、阿弥陀(あみだ)如来など

校長先生
菩薩

修行しながら人々を救う、次期如来候補。

例:地蔵菩薩、観音(かんのん)菩薩など

教頭先生
明王

如来の教えに従わない者を叱り、正しい道に導く熱血者。

例:不動明王など

学年主任

様々なバリエーションがあり、上位の仏さまの家来のような存在。

例:帝釈天(たいしゃくてん)、梵天(ぼんてん)など

各教科の先生
秀吉くん
校長の朝礼ってなんか如来の説法っぽいし、学年主任って風紀にうるさかったりしてまさに『明王』って感じっすよね。
信長さん
校長の朝礼はちょっと長すぎるのが玉に瑕だな。

スポンサーリンク

【追加雑学】仏像の見分け方

仏像の見分け方についてのトリビア

観音菩薩

さて、実は仏像は先ほどのランクごとに、それぞれ共通する見た目がある。この見た目の違いを知っておけば、「この仏像はどのランクの仏像なのか」というのが分かりやすくなるだろう。

仏像のランク見た目
如来パンチパーマで質素な服装
菩薩きらびやかで中性的
明王怖い顔。武器を持っていることも多い
甲冑を着ている。女性の仏像も天に入る

1つずつ解説していこう。

仏像といえばパンチパーマを思い浮かべる人が多いかもしれないが、パンチパーマが許されるのは如来だけなのだ。

如来は仏教において、唯一悟りを開いたスーパースターなので、パンチパーマの他にも額の白毫(びゃくごう。ほくろみたいだが、実は毛)や、手の水かきなど、普通とは違った見た目となっている。

ちなみにこのパンチパーマ…実は正式名称はパンチパーマではないというのだ! …なんだかパンチパーマ言いすぎてパンチパーマゲシュタルト崩壊を起こしてきそうだ…。

秀吉くん
アレがパンチパーマじゃないんなら、いったい何なんっすか…。
信長さん
如来の髪型については以下の記事を読め。

おすすめ記事

大仏の髪型の意味と理由とは?名前は"螺髪"っていうらしいです。

続きを見る

さて、身体的な特徴が目立つが、反面服装がシンプルなのも如来の特徴だ。悟りを開いた如来にとっては、着飾る必要がないため、如来の仏像は質素なのだ。

質素な服装でオッケーな如来と対照的なのが、菩薩だ。菩薩の仏像はアクセサリーをつけており、見た目にも派手なことが多い。なぜ派手な見た目なのかというと、これは仏教を作ったお釈迦様の過去が関係している。

お釈迦様は、元々王子様だったのだ。そのため、悟りを開く1歩手前の存在である菩薩は、王子様時代のお釈迦様と同じように着飾った作りとなっている。

また、一説では「アクセサリーは欲の象徴」として付けられているという考えもある。如来は悟りを開いて無欲の存在であることを考えると、悟りを開ききっていない菩薩は、どこかにまだ欲が残っているということになるのか。

さて、次は明王だ。彼らはたいがい怖い顔をしている。何をそんなに怒っているのかというぐらい恐ろしい顔をしている仏像は、明王クラスの仏さまだと思っていいくらいだ。

秀吉くん
信長さんの恐ろしい顔も明王みたいなモンだと思えばありがたく思えることも…やっぱないっすわ。

最後に。天の仏さまは、如来などの上位ランクの仏さまのボディーガードや家来のような役目を持っている。そのため、男性の場合は甲冑を身に着けていることが多い。また、女性の仏像があるというのも、天の大きな特徴だ。

雑学まとめ

仏像にもランクがある!エラい順は如来→菩薩→明王→天についての雑学まとめ

不動明王

一口に「仏像」といっても、大きく4つのランクに分けられる。雑学のまとめとして、こちらでも振り返っておこう。

  • 悟りを開いた1番偉い「如来」
  • 修行中の次期如来「菩薩」
  • 怖い顔の熱血教師「明王」
  • バラエティ豊かな家来「天」

ランクが分けられていることもあって、仏像にそれぞれの特徴が出ていることが多い。もしもお寺で仏像を見る機会があったら、今回の雑学を参考にすると、仏像を見るのが楽しくなるかもしれない。

秀吉くん
ただのパンチパーマ野郎とか怖い顔のオッサンとか思うより、少しでも仏像の知識があった方が良いっすよね。
信長さん
お前、そんなこと考えながら仏像鑑賞してたのか?天罰が下るぞ。

おすすめ記事

十一面観音像の後ろの顔は爆笑しているという雑学
仏像が笑う…?十一面観音像の後ろの顔は爆笑している

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー