球技の雑学一覧

最速の球技はバドミントンという雑学

球技

2020/1/3

ギネス記録。最速の球技はバドミントンで時速400キロ超え【動画あり】|スポーツ雑学

男なら憧れるNo.1の称号。あなたは最速の球技を知っているだろうか? 今回紹介する雑学を知れば、明日から「世界最速の球技をやっているんだぜ」とかっこつけることができる。その世界最速の球技は、バドミントンである。しかも断トツ。 そこで、今回はバドミントンの球速がどれくらいなのか、他の球技と比較しつつ紹介していくぞ。これで明日からNo.1の称号を手に入れることができるだろう。 【スポーツ雑学】最速の球技はバドミントン 最速の球技はバドミントンで、時速493kmという世界記録がある。 【雑学解説】バドミントンの ...

サッカーワールドカップで一番優勝している国は「ブラジル」という雑学

球技

2020/1/2

サッカーワールドカップで最も優勝している国は?【動画あり】|スポーツ雑学

サッカー界でもっとも権威ある大会、それはもちろんワールドカップである。大陸予選を勝ち抜いて本大会に進むことすら難しい。そのような中、この大会において最多の優勝回数を誇るのがブラジルである。 そこで今回は、サッカーワールドカップにおけるブラジルの優勝回数や、その他の優勝・準優勝国に関するトリビアをご紹介する。 【スポーツ雑学】サッカーワールドカップで一番優勝している国は「ブラジル」 ブラジルの優勝回数は最多の5回! 【雑学解説】ブラジルはサッカーワールドカップで5回優勝している 「世界でもっともサッカーが強 ...

玉入れのカゴの高さは4メートル12センチと決まっているという雑学

球技

2020/1/13

なぜ?玉入れのカゴの高さが4m12cmと決まっている理由とは?【動画あり】|スポーツ雑学

玉入れといえば運動会の定番種目、運動音痴でも楽しく参加できる平和な競技である。 ところで玉入れに使うカゴの高さに興味を持ったことがある人はいるだろうか? 玉入れの高さは実は、スポーツ的な意味合いとは全く関係のないところから決められていた。 カゴの高さを誰がどうやって決めたのか? 今日は玉入れの雑学を紹介するぞ! 【スポーツ雑学】玉入れのカゴの高さは4メートル12センチと決まっている 玉入れのカゴの高さは北海道の和寒町(わっさむちょう)の最低気温である。 【雑学解説】カゴの高さのルーツは北海道和寒町にあった ...

バレーボールチームが大げさに喜ぶのは戦略のうちという雑学

球技

2019/12/7

高度な心理戦!バレーボールで大げさに喜ぶのは"戦略"【動画あり】|スポーツ雑学

スポーツマンには元気で明るいイメージがある。プレー中の真剣な表情もいいが、点が入ったときや良いプレーがとびだしたときの、爽やかな笑顔もまた、人を惹き付けてやまない。 どの競技でもそんな場面はみられるが、他競技よりもやたらと笑顔にあふれ、喜びを表す競技がある…バレーボールだ。 点を取っても取られてもハイタッチ! どんなに点数を離されていても、一点入ると逆転したかのようなテンションでガッツポーズ! 特に他競技を経験した人から見ると「なぜあんなに大げさに喜んでいるのだろう?」という違和感すら感じるようだ。 実は ...

ビーチバレーとバレーボールでコートの大きさが違うという雑学

球技

2019/12/7

いろいろある!ビーチバレーとバレーボールの違いとは?|スポーツ雑学

ビーチバレーは、その名のとおりビーチで行うバレーボールだ。間違っても浜辺でスイカ模様のビーチボールを、キャッキャウフフしながら打ち合うものではないぞ。 日本人選手の中にも美女やイケメンが多いスポーツだ…と私は思う。健康的に焼けた肌にスラリと長い手足…うーむ、目の保養になる! しかし、テレビで試合中継を見ることも少ないし、体育館で行う室内バレーボールに比べてマイナーであることは否めない。どんなスポーツなのか、詳しく知らない人も多いだろう。 筆者も2対2で行うことは知っていたが、そのほかのルールについてはほと ...

ラグビー日本代表に外国人が多い理由に関する雑学

球技

2019/11/8

日本人が少ない…?ラグビー日本代表に外国人が多い理由とは?|スポーツ雑学

ラグビーといえば、タックルありトライありで観戦していてとても楽しいスポーツ。しかし、ラグビー日本代表の顔ぶれをみると違和感を抱いてしまう…。 なぜかというと、日本代表なのに外国人がたくさんいるから。「日本代表じゃねーじゃないか!」とツッコミを入れたくなるほど外国人が多くいるが、これは問題ないのだろうか。今回は、ラグビー日本代表に外国人が多い理由を調べてみた。 【スポーツ雑学】ラグビー日本代表に外国人が多い理由 ラグビーでは国籍が異なる国でも、その国の代表選手になるための条件が、ほかのスポーツと比べ簡単であ ...

ラグビーの「ジャッカル」についての雑学

球技

2019/11/8

実は高度なプレー!ラグビーの"ジャッカル"について解説【動画あり】|スポーツ雑学

日本でワールドカップが開催されたこともあって盛り上がりを見せているのがラグビーだ。ラグビーといえば激しいタックルや華麗なトライが象徴的なスポーツだが、それ以外のプレーはよく分からないという方も多いだろう。 実はラグビーの花形プレーのひとつに「ジャッカル」というプレーがある。これが決まるとトライと同じくらい会場が盛り上がるのだ。今日はそんなラグビーのジャッカルについて詳しく解説するぞ! 【スポーツ雑学】ラグビーの「ジャッカル」って何? ラグビーのジャッカルとは一言でいえば、立ったまま相手のボールを奪う行為の ...

硬式テニスのボールが「黄色」である理由に関する雑学

球技

2019/12/14

硬式テニスのボールが"黄色"の理由は?もともとは黒か白だった|スポーツ雑学

スポーツを観戦するのは、会場に詰め掛けた観客だけに限らない。テレビやネットを通じて試合を観戦する人々が大多数を占める。こうしたテレビ観戦をする視聴者を考慮して、ボールの色が変更された競技があることをご存知だろうか。 そのスポーツとはテニスである。現在テニスボールの色は黄色だが、これは試合の行方が画面越しでも見えやすいように変更されたものだ。今回の雑学では、そんなテニスボールの色が変更されたいきさつに迫ってみよう。 【スポーツ雑学】硬式テニスのボールが「黄色」である理由 新人ちゃん 硬式テニスのボールって何 ...

ゴルフのホールインワンの確率に関する雑学

球技

2020/1/5

難しすぎ。ゴルフのホールインワンの確率はどのくらい?|スポーツ雑学

ゴルフの中で一番有名なスーパープレー、それが「ホールインワン」。 1打目が穴の中へナイスイン! 生きているあいだに一度はしてみたいゴルフプレーヤー憧れのプレーである。 そんな「ホールインワン」であるが、実際にどれくらい難しく、どれほどの確率で起こるのか。今回の雑学では、とても難しいスーパープレイについて解説するぞ! 【スポーツ雑学】ゴルフのホールインワンの確率は? ホールインワンを達成できる確率は…プロで1/1000から1/5000。アマチュアで1/5000から1/15000といわれている。 【雑学解説】 ...

「タイガー・ウッズ」は本名でなかった!という雑学

球技

2019/12/7

父から戦友へ。プロゴルファー"タイガー・ウッズ"は本名ではない|スポーツ雑学

タイガー・ウッズ 日本で1番有名なプロゴルファーといえば、日本人選手ではなくアメリカのタイガー・ウッズだろう。タイガー・ウッズは、缶コーヒーや医薬品のCMでもお馴染みであり、ゴルフに興味がない人でも顔と名前は知っているはずだ。 タイガー・ウッズが日本で有名なのは、ゴルフの実績はもちろんだが、「タイガー」という名前にインパクトがあったことも、理由の1つだろう。 これはきっと、親が「虎のように強くなってほしい」と願って名付けたに違いない…と思いきや、実はタイガー・ウッズの本名は別にあり、全然虎とは関係なかった ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.