五輪の歴史

プロはダメ!五輪にはアマチュア選手しか出場できなかった|オリンピック雑学

オリンピックにプロ選手は出場できなかったという雑学

オリンピックを観戦しているときに、不思議に思ったことはないだろうか。

金メダルを獲得した選手にインタビュアーの方が「金メダルを引っさげて、プロ転向なんてこともあるんですか?」と聞いている一方で、とある競技にはテレビなどでよく見かける、プロの選手が出ているのだ。

「オープンな大会なら当然のことでは?」と思うかもしれない。ゴルフの大会だって、アマチュアの選手が出場して優勝したりしているからそう思うのも無理はない。

では、オリンピックにはプロもアマチュアもないのだろうか? 実はオリンピックの歴史を遡ると、プロアマ問題は非常に大きかったのだ。

今回は、オリンピックの規定に関するトリビアを紹介していこう!

【オリンピック雑学】オリンピックにプロ選手は出場できなかった

オリンピックは実は、アマチュア選手のための大会だった。

【雑学解説】「オリンピックの出場者は、 スポーツによる金銭的な報酬を受けるべきではない」

「オリンピックの出場者は、 スポーツによる金銭的な報酬を受けるべきではない」についてのトリビア

おそらく、年配の方に「オリンピックは昔どんなのだった?」と聞けば、「アマチュア選手の大会だったよ。」と答える方もいらっしゃるだろう。

そう、オリンピックは元々、アマチュア選手のためのスポーツの祭典だった。

これはオリンピック設立の父ともいえるフランスの教育者ピエール・ド・クーベルタン氏が提唱していた、「オリンピックの出場者は、 スポーツによる金銭的な報酬を受けるべきではない」という理念に基づく。

この理念自体も、古代オリンピックの優勝者には月桂の冠以外は名誉しか与えられなかったことに由来している。

プロ競技と違い、オリンピック後のスポンサー契約とか、所属チームからの謝礼金などを考えないアマチュア競技は純粋に「スポーツを楽しむための祭典」と見ることもでき、その精神は素晴らしいものがある。

しかし…厳しい面もある。IOCがアマチュア選手ではないと規定した人の中には、その競技でお金を稼いでいる人だけではなく、プロ選手と一緒に競技をしている人や、体育教師やトレーナーまで含まれていたのだ。

体育教師って…。その競技でお金を稼ぐのではなく、教育の一環でその競技を教えてお金を稼ぐことすら許されなかったとは…。

だがこれはあまりにも厳しすぎたため、抗議が殺到。その結果、この体育教師とトレーナーは条件付きでアマチュア選手扱いになった。体育教師に「先生はプロなんだぞ!」とでかい顔をされた生徒たちもいたのだろうか…。同情するぞ…。

スポンサーリンク

実際にアマチュア規定に泣かされてしまった選手を紹介しよう

実際にアマチュア規定に泣かされてしまった選手を紹介しよう。についてのトリビア

ジム・ソープ

ジム・ソープという選手は、1913年のストックホルムオリンピックの陸上競技で金メダルを獲得した。しかも、彼の記録はその後半世紀上、破られることがなかったはずの大記録だった。

オリンピック後、彼のアマチュア規定違反が報道される。その内容は「大学時代に野球選手をアルバイトでやっていた」というもの。アルバイトだから賃金が発生しており、これがアマチュア規定に抵触してしまったのだ。

その結果、ジム・ソープの記録もメダルもオリンピックの歴史から、すべてなかったことにされてしまう…。

たしかに規定には引っかかっているかもしれない…。彼は野球のプロ(バイトだけど)だったかもしれないが、陸上のプロではなかったので大目に見てあげてほしかった…。

しかし! 支援者らの懸命の訴えもあり、IOCは69年後の1982年にジム・ソープの名誉を回復させたのだ! よかった! しかし…そのできごとは彼の死から29年後であった…。

これだけ名誉を回復させるのに時間がかかるくらい、アマチュア規定はオリンピックの根底にあり厳格なものだったのだ。

関連雑学

死んでから金メダルを返還されたジム・ソープに関する雑学
最高のアスリート"ジム・ソープ"。死んだあとに金メダルを返還された悲劇|オリンピック雑学

続きを見る

【追加トリビア①】アマチュアリズム崩壊のきっかけとは

アマチュアリズム崩壊のきっかけとはについてのトリビア

こんなに厳しかったにもかかわらず、どうして今はプロの選手が出られるのか。

理由は主に2つある。

・各競技のプロ化が盛んになったから

サッカーを例に挙げると、1900年代から徐々に各国がプロリーグを設立するようになり、1930年には「プロの大会」であるワールドカップが開催されることになる。

やはり見る側としてはプロの白熱した戦いの方がおもしろい…。しだいに後発のワールドカップの人気が「アマチュア主義」のオリンピックの人気を上回っていったのだ。

・社会主義国がプロを送り込んでくるようになった

いわゆる東側諸国は社会主義国家であった。この経済システムは財産は一部例外を除いて国が管理し「分配」するシステムといっていい。つまり、スポーツをしていても、「お金を稼いではいない」といえる。

また、プロの選手たちの扱いを公務員にすることで、「彼らは業務とは別でスポーツをしているんだ」といえるのだ。それを若い頃から行っておけば、ジム・ソープのように「スポーツでお金を稼いだ」ことにはならないというわけ。

ずるい…。とてもずるい…。

この2つの理由から、観衆の人気も失い、西側諸国の参加すら得られなくなったのだ。それを打開するために、プロを参戦させることでより今までよりも、エキサイティングで平等なスポーツの祭典へと近づけていったのである。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】初めてプロが出場した競技とは

初めてプロが出場した競技とは?についてのトリビア

1984年ロサンゼルス五輪のステファン・エドバーグ

初めてプロ選手が参加したオリンピックが1984年のロサンゼルスオリンピックである。その中でも初めてプロ選手が出場した競技は…テニスである!

テニスは長らくオリンピック競技から外れていた。それはテニス界は既にプロ化が進んでおり、それがオリンピックのアマチュア規定にふれる可能性があるためだった。

そんなテニスをオリンピックに復活させようという機運が高まる。

しかし、その時点でテニスのツアーがオープン化し、アマチュアとプロの混合で試合を行っていた。つまり、テニスの試合は実質的にプロが行うものであり、復活の条件としては、そのプロの参加を認めないといけない状況だったわけだ。

そもそも競技そのものがなかったので、話し合いもやりやすかったのだろう。

また、時代的にも他の競技がどんどんプロ化していき、オリンピックの人気が低迷していた。やはりプロを参加させないと人気がでないのだから仕方がないな。

こうして、プロ化の流れによるオリンピックの人気の低迷と、テニスが競技として存在していなかったから交渉しやすかった点より、プロが出場できる競技第1号として選ばれたのだ!

ただしこのときにもまだ条件があり、21歳以下しか出場できなかった。

関連雑学

オリンピックのテニス競技は長らく中止されていたという雑学
五輪のテニス競技は60年間中止されていた。プロは出場できなかった…。|オリンピック雑学

続きを見る

トリビアまとめ

プロはダメ!五輪にはアマチュア選手しか出場できなかった。についてのトリビアまとめ

オリンピックのアマチュア規定…。たしかに名誉以外にお金が絡むとそのためにドーピングをするとか、八百長が行われるとかいろいろな問題が出てきそうだ。それにお金が絡まない方が、選手たちの懸命な姿がより心に訴えかけてくるかもしれない。

でも、やはり一視聴者としては、より高度でエキサイティングなスポーツを見たい!

だからできれば、プロが名誉のためだけに出場するというのが一番おさまりがいいのだろうけれど…そううまくはいかないよな…。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.