野球

野球の監督はなぜユニフォーム姿なのか?実はルールはない。

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

野球の監督はなぜユニフォーム姿なのか?という雑学

スポーツを観ていて、「なぜこんなことをするのだろう?」と思うことはたくさんある。たとえば、サッカーの試合で入場時に子どもと手を繋いで入場したりレスリングの試合でハンカチを持っていたり…。

そのなかでもいちばんの疑問は、野球の監督はなぜユニフォームを着ているのか? である。

他のスポーツでは、監督はスーツやジャージを着て指揮を執っているのに、なぜ野球だけユニフォームなのか? 自分がプレイするわけでもないのに…。

そこで今回の雑学では、野球の監督がユニフォームを着ている理由について解明していきたい。

【スポーツ雑学】野球の監督はなぜユニフォーム姿なのか?

新人ちゃん
野球の監督って、自分が試合に参加するわけじゃないのにどうしてユニフォーム着てるんっすかね?
マッチョ課長
別にそういう規定があるわけではないぞ…。野球の監督が着る服装にルールはないんだ。

【雑学解説】野球の監督がユニフォームを着るのはフィールドに入るから?

野球の監督がユニフォームを着るのはフィールドに入るから?というトリビア

そもそも、野球規則には「選手は全員同じユニフォームを着ること」という規定はあるが、監督やコーチの服装に関するものは存在していない。

つまり、スーツやジャージを着ても何ら問題ないのである。それでは、なぜユニフォームを着用しているのだろうか? これに関しては、いくつかの理由が存在しているようだ。

選手が監督を兼ねることが多かったため

まず、野球はかつて専属の監督はおらず、選手が監督を兼ねることが多かった。その影響から、監督もユニフォームを着ることになったとする説がある。いわゆる「代打、オレ」ってやつだ。

日本でも野村克也や古田敦也などの選手兼監督が有名なだけに、これはかなり有力な理由だろう。

監督がフィールドに出入りするため

また、ほとんどのスポーツでは、監督やコーチがグラウンドやコートなどに入ることを禁じられているが、野球の監督は選手交代や投手へのアドバイスなどでフィールドに入ることもある。

そのため、選手と同じ舞台に立つから服装も同じにする…という慣習から、監督もユニフォームを着用するようになったようだ。

もはや当たり前の光景として見ていた監督のユニフォーム姿だが、歴史的な背景や実務的な理由など、いろんな要素が絡んでいたのには少し驚きである。

マッチョ課長
ちなみに、ラグビーの監督は試合中ベンチにすら入れないんだ。
新人ちゃん
え、じゃあ監督はいったいどこにいるんっすか?

おすすめ記事

ラグビーの試合では監督はベンチに入れない。という雑学
観客席にいた!ラグビーの試合では監督はベンチに入れない。

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】メジャーリーグにはスーツ姿で指揮をとる監督がいた

メジャーリーグにはスーツ姿で指揮をとる監督がいたというトリビア

ここまでは、野球の監督がユニフォームである理由を考察してきたが、逆にユニフォーム以外の服装で指揮を執った監督はいないのか? という疑問をもつ方もいるだろう。

実はメジャーリーグにおいて、スーツ姿で指揮を執った監督がいるのである。しかも、50年もの長きに渡ってだ!

新人ちゃん
50年間スーツ姿なのに驚くべきなのか、50年監督をし続けたことに驚くべきなのか…。

その人物の名は、コニー・マック

1894年から3年間、ピッツバーグ・パイレーツで選手兼監督を務めたのち、1901年に創設したばかりのフィラデルフィア・アスレチックス(現・オークランド・アスレチックス)の監督に就任する。

その後、1950年までの50年間スーツ姿で指揮を執りつづけ、9回のアメリカンリーグ制覇と5回のワールドシリーズ制覇を達成している名監督なのだ!

もちろん、当時もユニフォーム姿の監督ばかりであったが、コニー・マックはとても細身であり、ユニフォームが似合わないと考えたためスーツで指揮を執ることにしたらしい。

ちなみに、コニー・マックは1934年(昭和9年)には日米野球アメリカ側の監督として来日しており、ベーブ・ルースやルー・ゲーリッグなどの名選手を率いて日本との試合に臨んでいる。

こちらが、その際のコニー・マックの姿だ。

マッチョ課長
野球監督とは思えない雰囲気だな…!

なお、メジャーリーグでは、コニー・マック以外にスーツ姿で指揮を執った監督はいないとのこと。

細身で長身の老紳士といった風貌のコニー・マックのスーツ姿を見たら、他の監督はスーツ姿での采配に二の足を踏むのも仕方ないことかもしれない。

雑学まとめ

今回の雑学でご紹介したとおり、野球の監督がユニフォーム姿なのには、意外と納得の理由があった。

たしかに、スーツ姿でノックする監督やコーチは違和感しかないし、もはや監督のユニフォーム姿は野球文化といってもいいだろう。

とはいえ、たまにはビシッとしたスーツ姿で采配を振るう監督が出てきてもいいのではないだろうか? きっと話題になり、野球人気を盛り上げること間違いなしだと思うのだが…。

新人ちゃん
ダンディなスーツ姿の監督がいたら、私も野球ハマると思うっす。
マッチョ課長
野球っていうか…その監督にハマるだけだよね…?

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー