武道・格闘技 笑える

臭うかもです。レスリング選手が試合中にハンカチを持つ理由とは?

レスリングの試合中は、必ずハンカチを持っていなければならないという雑学

スポーツを観ているとき、なぜその行為や行動をするのか疑問に思ったことはないだろうか?

例えば、相撲で取り組み前に塩を巻いたり、サッカーの試合で選手が入場するときに子どもと手を繋いで入場したり…。そんな中で私がいちばん気になるのが、レスリングの試合前に選手が白いハンカチを審判や対戦相手に見せることだ。

なぜ、わざわざ白いハンカチを持っているのだろうか? そんな疑問にお答えするのが、今回の雑学である。

【スポーツ雑学】レスリングの試合中は、必ずハンカチを持っていなければならない

新人ちゃん
なんでレスリングの選手って白いハンカチ持ってるんっすか?汗拭き用?
マッチョ課長
違う違う新人ちゃん…。止血目的のために、選手はハンカチを携帯しなければならなかったんだ。

【雑学解説】レスリングの試合では、止血用にハンカチを持っている

レスリングの歴史は古く紀元前3000年には競技として成立していたようで、古代オリンピックでも人気競技だった。そして、近代オリンピックでも第1回大会から採用されており、とても息の長い競技といえるだろう。

それでは、なぜレスリングでは白いハンカチを携帯するのだろうか? レスリングは格闘技であるが、紳士のスポーツであり、ハンカチは相手や自分が出血した際に、応急処置として使用するために持っているそうだ。

だが、パッと見でわかるように、レスリングのタイツ状のユニフォーム(シングレットと呼ぶらしい)にはポケットはない。当然、ハンカチは試合中ユニフォームの内側に入れることになるが、試合中には股間にまでずり落ちることになる。

そのため、試合中に相手の出血を止めようとハンカチを取り出しても、相手選手はハンカチの使用を全力で拒否するらしい。

新人ちゃん
まぁ…ハンカチがどこにあったかを考えると…。

また、最近では選手が出血した場合には、ちゃんとした治療が行われるため、ハンカチを持つことはもはや儀礼的な意味しか持たないようだ。

なお、ハンカチの色や柄などに特に規定はないそうだが、慣習上、白いハンカチを持つことになっているようである。

【追加トリビア①】他にもある?レスリングの変わったルール

レスリングには、白いハンカチの携帯以外にも、ちょっと変わったルールがある。ここでは、それを紹介しよう。

レスリングではヒゲはNG

レスリングのルールでは、選手がヒゲを生やした状態で競技することは禁止されている。理由は、肌にあたったときに痛いから。ただし、ヒゲが仙人のように伸びていて、サラサラであれば痛くないので、反則にはならない。

マッチョ課長
試合中に相手の毛むくじゃらのヒゲが当たるのは…あまり気持ちのいいものではないと思うが…。
ビデオ判定のときにはスポンジを投げ入れる

古代から行われているレスリングではあるが、近年では微妙な判定の場合にセコンドがビデオ判定を要請する「チャレンジシステム」が導入されている。

このチャレンジ(ビデオ判定の要求)をする際には、四角いキューブ状のスポンジをマットに投げ入れ、それを合図にビデオ判定が行われるのだ。

なお、2016年のリオデジャネイロ五輪では、スポンジの代わりに大会マスコット・ヴィニシウスくんのぬいぐるみを投げ入れるルールとなっており、真剣勝負に似つかわしくない、可愛いぬいぐるみが投げ込まれるというシュールな光景が見られることとなった。

マッチョ課長
中国のとある世界大会では、ドラえもんのぬいぐるみが使われたそうだぞ。
新人ちゃん
え?それもなんかやだな…。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】ハンカチ王子のハンカチはルール違反だった?

ところで、ハンカチといえば、かつて甲子園を沸かせた「ハンカチ王子」こと、プロ野球・日本ハムの斎藤佑樹投手を思い浮かべる人も多いだろう。

マウンド上で汗を拭く姿がとても好印象だった斎藤投手だったが、実はマウンド上にハンカチを持ち込むのはルール上はグレーなのである。

野球規則には「投手がいかなる異物でも、身体につけたり、所持すること」を禁止した条項があり、「本項に違反した投手はただちに試合から除かれ、自動的に出場停止となる」となっている。

つまり、マウンド上にハンカチを持ち込むのは、文言通りに解釈すればルール違反であり、即刻退場でもおかしくないのである。

新人ちゃん
マジっすか?ルール上ではハンカチすら持ち込めないなんて…。でも、ハンカチ王子って別に出場停止になってないっすよね?

ただ、当時は「ハンカチ王子」として人気を博していただけに、審判もルールを適用できなかったのであろうか?

当然、斎藤佑樹投手はその後マウンドでハンカチを使用したことはないが、少しモヤモヤが残る話ではある。

関連雑学

野球には暗黙のルールが非常に多いことについてのトリビア
ルールブックにはない!野球の"暗黙のルール"とは?

続きを見る

【追加トリビア③】まさかのレスリング芸人がいる!?

世の中には様々な特徴を持ったお笑い芸人がいるが、「アマレス兄弟」という元レスリング選手2人組のお笑いコンビをご存知だろうか?

このコンビは実際にレスリングをやりながら、先ほど紹介した「知られざるレスリングのルール」や「レスリングあるある」をネタにしているのである。

今回のトリビアを書くにあたり、アマレス兄弟のネタは非常に参考になった。正直、まだ売れているとは言い難いが、興味を持ったら応援してもらえれば幸いである。

マッチョ課長
オレはこういうの嫌いじゃないな…。

トリビアまとめ

白いハンカチを始めとする、レスリングの変わったルールの紹介はいかがだっただろうか?

レスリングは日本勢が五輪で複数のメダルを期待できる競技であり、注目している方も多いだろう。しかし、この雑学記事を読んで、レスリングの新たな魅力を感じていただき、違う角度からもレスリングを楽しんでほしいものだ。

マッチョ課長
ちなみに古代オリンピックのレスラーたちは、全身にオリーブオイルを塗っていたんだ。
新人ちゃん
テッカテカ…。なんかすべって試合にならなさそうな気がするんっすけど…。

関連雑学

https://zatsugaku-company.com/wp-admin/media-upload.php?post_id=21002&type=image&TB_iframe=1
なぜ全身に!?古代オリンピックのレスラーはオリーブオイルを塗っていた。

続きを見る

古代五輪の中でも最も過酷な競技はパンクラチオンという雑学
ルール無制限。古代オリンピックの中で最も過酷な競技は"パンクラチオン"

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.