日本の法律

24時間以内はNG!死後すぐに火葬してはいけない理由とは?

死後24時間経過していないと火葬してはいけないという雑学

いつかは迎えてしまう死の瞬間。今回はそんな「死」に関わる雑学について調べてみた。

以前、死後16時間で遺体を火葬したことがニュースに取り上げられていたが、どうしていけないことなのかをよく理解していなかった。

また、日本は火葬が多いのはなんとなく知っていたが、その理由を説明しろといわれたら、なんともいえない顔になってしまうだろう。

そんな疑問を解消しつつ、国によって葬式方法が違うこともあわせて紹介していこう。

【ルール雑学】死後24時間経過していないと火葬してはいけない

日本では、法律第3条により「原則として死体は死後(もしくは死産後)24時間以内の火葬はしてはならない」と決められている。

【雑学解説】死後24時間以内では蘇生する可能性がある

感染症や疾病の場合は別のようだが、基本的には前述に記載したように、24時間以内に火葬してはならないと決められている。

もう1つの大きな理由として「蘇生する可能性がある」らしい…。現在のように死亡判断の技術が発達していなかった昔は、仮死状態を死亡と判断するケースがあったようだ。火葬中に蘇生するという悲惨な事故が起きた例もある。

関連雑学

童話作家・アンデルセンは「私は死んでません」というメモを置いて眠っていたという雑学
童話作家アンデルセンの性格は超心配症。寝るときに何をしていた…?

続きを見る

現在では死亡判断された場合間違いなく死亡しているが、法律上は禁止されているため、死後24時間以内は火葬することができなくなっている。

ちなみに日本での火葬の普及率は99%となっており、日本での土葬は法律上は可能ではあるが、東京や大阪などの都市は土葬禁止区域になっていたり、他の地方にも埋葬のルールがあり、現時点で日本での土葬は難しいようだ。

【追加雑学①】アメリカでは土葬が多い?

アメリカでは宗教上の理由や、火葬設備の関係で土葬が主流になっているようだ。

現在では火葬が30%を超える地域もあるが、日本よりもはるかに火力が強い火葬炉で焼き上げられているので、ほとんど骨の形は残らずに遺灰にしてしまうという。

また土葬の場合、死体が腐敗しないようにエンバーミング(遺体を消毒や保存処理、また必要に応じて修復することで長期保存を可能にする技法)して埋葬している。

2018年に放送されていた日本ドラマ「アンナチュラル」では、8年前に埋葬された遺体を海外から輸送するシーンがある。その遺体はエンバーミングをしていたため、腐食も白骨化もせず事件解決の手がかりとなっていた。

スポンサーリンク

【追加雑学②】各国の葬儀と埋葬方法

国の宗教や土地柄などの理由で、各国様々な葬儀や埋葬方法がある。今回はその中でも3つの国を紹介しよう。

韓国:最後のお別れは病院?

数年前までは土葬が主流だったが、現在は日本と同様に火葬になりつつある。日本では火葬場で最後のお別れをするが、韓国では病院の中で最後のお別れをする。火葬場が混んでいて、お別れする時間もスペースも取れないのが理由らしい

中国:すごく派手な葬式?

中国では土葬と火葬が行われているが、日本と同様に土葬を禁止しているところもあるらしい。日本の葬式は静かなイメージがあるが、中国では派手で賑やかな葬式が一般的のようだ。紙幣をばらまいたり、爆竹や銅鑼が鳴り響くこともあるそうだ。葬式の規模も大きいのも特徴だ。

インド:お墓がない?

インドではヒンドゥ一教を信仰している割合が8割を占めていて、葬儀や埋葬はヒンドゥ一教の教えにもとづいて行われる。

またヒンドゥ一教では、人が亡くなると火葬をするのが一般的で、ガンジス川は聖なる川として特別な存在として信じられている。そのため、火葬後の遺骨はガンジス川に流して清めるそうだ。

ただし他の教徒の場合は、お墓をもっていることもある。遺体を火葬しないで、そのまま流す「水葬」もインド国内にはあるようだ。

雑学まとめ

死後24時間以内に火葬や土葬が禁止される理由として、昔の悲惨な事故から法律となり、現代のルールとなっていたとは…。ルールというものは、必ず背景があり、理由があるのだと、今回の雑学記事を書き進めていく上で学んだ筆者。

そして、それは国の文化・土地柄・宗教によっても異なってくる。

私たちの身の回りにあふれているルール…その背景や理由を探ってみるのも、また新しい発見になって面白いかもしれない。

関連雑学

火葬でカツラをいっしょに焼くことは禁止されているという雑学
火葬でカツラを焼くのが禁止されている理由とは?メガネもダメ。

続きを見る

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー