アジア 驚き

韓国の記念日が多すぎるッ!毎月14日はカップル向けだが自虐も…

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

韓国では毎月14日が記念日という雑学

記念日…筆者にとっては無縁の言葉である。クリスマスもバレンタインも、自分の誕生日さえもただの憂鬱な日でしかない。みんな無駄に浮かれやがって! …ただし太巻き好きなので、節分だけは許す(筆者は関西育ち)。

ところで、毎月14日に何かしらお祝いしたがる不思議な国民、いや記念日好きの国民がこの地球上に存在するという。そう、韓国では毎月14日を記念日とする習わしがあるのだ。…毎月14日が記念日だと? どんな嫌がらせだよ! 

…と、記念日といえばカップルのためにあるものというイメージだが、なかにはシングル向けの自虐的なものもあるというぞ? 今回はそんな韓国の記念日のトリビアだ!

【面白い雑学】韓国には記念日が多すぎる…!

信長さん
韓国では、毎月14日は恋愛に関する記念日となっているのだ。
秀吉くん
毎月14日が恋愛の記念日って…韓国人ってなかなか情熱的なんっすね~!

【雑学解説】韓国では毎月14日が恋愛記念日

毎月14日は恋愛関係の記念日についてのトリビア

筆者は父親が5年ほど韓国に単身赴任していたこともあり、韓国にはしばしば足を運んでいる。

韓国人たちは情熱的だ。街中を見渡せば、周りの目を気にしないホットなカップルがまあ多くて、孤独に観光するのは少々心が折れるかもしれない。

さて、そんな熱々なカップルが多い国・韓国では、毎月14日は恋愛関係の記念日になっている。1月から順にご紹介しよう。

1月14日 ダイアリーデー

恋人に手帳を贈る日。プレゼントする前に、その手帳にふたりの記念日を書いておくらしい。書き間違いをすると血を見そうだ。

2月14日 バレンタインデー

これは日本でもおなじみのイベントだ。内容も変わらず、女性が男性にチョコレートを贈ったり、愛を告白したりする日である。

3月14日 ホワイトデー

バレンタインデーに女性から何かをもらった男性がお返しをする日

信長さん
ちなみに南蛮にはホワイトデーはないぞ。このイベントは日本・韓国・台湾と一部中国のみだ。

4月14日 ブラックデー

バレンタインデーとホワイトデーに何もなかった男女が全身黒い服を身にまとい、黒いジャージャー麺をすすったりコーヒーを飲んだりする日。…まさか何もなかったことまで記念日にしてしまうとは…。

韓国のドラマでは「今年もジャージャー麵を食べることになりそう…」というセリフがよく出てくるが、要するに恋人ができる望みがないということである。

この日に全身黒いヤツ=シングルなのでナンパもしやすそうだ。実際にこの日を境に付き合いだすカップルも多い。

秀吉くん
ピンチをチャンスにする日っすね!

5月14日 ローズデー/イエローデー

バレンタインデーやホワイトデーがきっかけで交際が始まったカップルが、シーズンを迎えるバラの花を贈りあうのがローズデー

一方イエローデーとは、この日までのイベントで恋人ができなかった人たちのための日だ。この日に黄色い服を着てカレーを食べないと、一生恋人ができないという謎のジンクスがある。…なんでカレー?

というかふたつを一緒の日にしたら、カレー食ってる人がみじめじゃないか?

スポンサーリンク

6月14日 キスデー

恋人たちが公衆の面前でキスをしてもいい日。いや、韓国では普通の日でもチュッチュしているぞ。

7月14日 シルバーデー

恋人たちがシルバーリングを贈りあう日。あるいはシルバー世代に出費してもらいデートをする日。ん? パパ活の日ってこと?

8月14日 グリーンデー

暑い時期に涼しい森林浴デートをする日。シングルならば緑色のボトルの焼酎を飲む。やけ酒しろということか。カップルとシングルでこの格差…!!

9月14日 ミュージックデー/フォトデー

カップルがクラブに出向き、そこで友人たちに恋人を紹介する日。または、カップルが記念写真を撮る日。このあたりまで来ると、記念日もネタ切れ感が否めない。

信長さん
カップルでクラブに行くのはまだしも、写真を撮るのは日常的だな…。

10月14日 ワインデー

カップルがワインを楽しむ日。10月には、ワインフェスティバルが行われる地域があるので、それに関係しているのかもしれない。

11月14日 オレンジデー

カップルがオレンジジュースを飲みつつ映画を観賞する日。映画っつったらコーラとポップコーンじゃろがい!

12月14日 ハグデー/マネーデー

カップルがハグをするハグデー。これも韓国カップルの間では日常茶飯事だと思うが? そして彼氏が彼女にお金を使うマネーデー。韓国男子も大変だ。

…すげー! ほとんどカップルに向けた記念日じゃねーか。一方、ブラックデーやグリーンデーなんかは、日本でいう、クリスマスに独り身が集まって自虐するのに近い感じがする。

秀吉くん
ブラックデー、日本でも広まったら孤独な男女が減るかもしれないっす!

スポンサーリンク

【追加雑学①】ほかにもある韓国ならではの珍記念日

ほかにもある韓国ならではの珍記念日についてのトリビア

毎月14日以外にも、韓国には変な記念日がいくつか存在する。

1月19日 ホットデー/ホットクデー

チムジルバンという韓国式サウナに行って体を温める日。消防署の電話番号119の連想かららしい。便乗して、響きが似ているホットクというスイーツが割引で販売される日でもある。

決して彼女を「今日はほっとくで!」といって放っておく日ではない。

信長さん
これ書いた奴を俺は斬りたい…。サル以下のくだらなさだ…。
秀吉くん
え?信長さん、僕がどうかしたっすか?

3月3日 サムギョプサルデ-

豚の三枚肉であるサムギョプサルと3をかけた記念日。この日は割引価格でサムギョプサルが食べられる。ちなみに筆者の大好物の韓国料理だ。

11月8日 ブラジャーデー

11がブラジャーの紐、8がカップに似ているということから設定された記念日。なかなか想像力がたくましい人もいるもんだ。

11月11日 ペペロデー

韓国にはペペロというポッキーに似たお菓子がある。そのペペロを贈りあう日だ。日本でもポッキーの日はあるが、贈りあったりはしないな。

以下は韓国で流れていたペペロのCMである。パッケージもポッキーとほぼ同じじゃないか?

信長さん
ペペロは韓国ロッテが発売している菓子だ。
秀吉くん
ポッキーはグリコっすよね。…アレ…?

上記でご紹介したのはほんの一部で、このほかにもペアデ―(梨の日)、インサムデー(人参の日)、チュオタンデー(どじょう汁の日)など、羅列するときりがない。

しかし、韓国でよく知られているのはサムギョプサルデーとペペロデーくらいのようだ。そりゃ、こんだけ記念日あればありがたみもなかろう…。

スポンサーリンク

【追加雑学②】韓国カップルの恋愛事情とは?

恋愛に関する記念日が乱立しているのを見て、韓国のカップルたちが普段どのように過ごしているのか気になっている人も多いはずだ。

そんな彼らの恋愛事情にも迫ってみよう。

密着度高め

韓国ではカップルだけでなく、男同士や女同士でも手を繋ぐ。仲の良い女の子同士が手を繋ぐのは日本でもいないことないが…男同士が手を繋ぐのは、さすがに日本男児的にあり得ない。

また、ペアルック率も高めだというぞ。これも男同士でやったらイベントか何かと勘違いされそうである。

余談だが、インド人の男性も仲良くなると手を繋ぎたがると聞いたことがある。世界的には案外普通のことなのか? …てこれ、恋愛事情じゃなくないか?

秀吉くん
信長さん、僕らも手をつn…
信長さん
全力で拒否する。

公開恋愛が普通

SNSのプロフィール画像は彼女・彼氏になっているのが韓国のスタンダード。

逆に公開していないとパートナーを不安がらせてしまう。韓国人には2人だけの秘密にしておく醍醐味はわからないのだろうか?

とにかく男性が優しい

デートの時にカバンを持つ、車道側を歩く、ドアを開けるなど、とにかくレディファーストを徹底しているのが韓国人の男性。恥ずかしげもなく「愛してる」を言えるのも彼らの特徴である。

というか韓国の男性は男に対しても優しい。筆者も旅先で韓国の留学生と仲良くなって、お酒をおごってもらったことがあるぞ。彼らの常にニコニコしているところは見習いたい。

うーむ、韓国人カップルの仲が良いのは、単純に彼らが人懐っこい国民性だからという気がしてきた。男同士でもおおっぴらに仲良くするのだから、カップルもそりゃあイチャイチャするわけである。

秀吉くん
うらやましいっす…。僕もイチャイチャネチャネチャしたいっす…。

「韓国の記念日」の雑学まとめ

カップル向けだけじゃない!韓国では毎月14日が記念日。についての雑学まとめ

韓国では、毎月14日が恋愛関係の記念日であり、基本的にはカップルたちがイベントを楽しんでいる。しかし独り身の諸君、スネていてはいけない。シングルの人たちが楽しめる記念日だってたくさん存在するぞ!

堂々とシングルをアピールするブラックデーとイエローデーは、うまくいけばロマンティックな出会いにつながる日だ。カップルは記念日なんて自分たちで作るんだし、どうせならこういう機会をたくさん設けるべきである。

秀吉くん
僕、日本でもブラックデーとイエローデーが広まるような運動を始めたいっす!信長さん、かつて天下を目指した者同士、一緒に革命起こさないっすか?!
信長さん
なんの革命だよ…。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー