意外なルール

知ってるローカルルールある?"大富豪"の公式ルール|ルール雑学

 

トランプの"大富豪"には公式ルールがあった!という雑学

トランプゲームは数あれど、ババ抜き・七並べと並ぶ代表的なゲームといえば「大富豪(大貧民)」だ。

学校の休み時間などに遊んだ経験がある方も多いと思うが、ババ抜きや七並べに比べて大富豪には細かいルールが多く、初めてプレイする人同士だと「そんなルール聞いたことないよ!」なんてことも、よくある話である。

そんなトラブルを解消すべく? 日本には大富豪の公式ルールを決めている団体が存在するのだ!

今回は、意外と知られていない大富豪の公式ルールについて解説していこうと思う。

【ルール雑学】トランプの「大富豪」には公式ルールがあった!

大富豪には、数多くのローカルルールから厳選された「公式ルール」がある

【雑学解説】大富豪の公式ルールを説明

突然であるが、「日本大富豪連盟」という名前を聞いて、どんな団体を想像するだろうか?

名前だけ聞くと超お金持ちが集まった団体のようにも思えるが、もちろん、トランプゲーム「大富豪(大貧民)」の普及を目指して設立された団体であり、公式ルールも日本大富豪連盟が作成したものである。

同団体は、「地方ルールが多いことで、プレイ前のルールの取り決めが煩雑なものとなる」ことから統一ルールを定め、「世界の人々が同じ土俵で腕を競う」ことを目的に、公式ルールを制定したそうだ。

さて、前置きはともかく、公式ルールがどんなものか気になる人も多いと思うので、ここから解説していこう。

とはいえ、「連盟公式ルール」においても、配られたカードを順番に捨てていき、手札を早く出し切った(あがった)プレイヤーが勝利するという基本は変わらない。

また、カードの強さが「3<4<5<…<K(キング)<A(エース)<2<J(ジョーカー)」というのも一般的なものである。ただ、プレイヤーの人数は4人とされ、ジョーカー2枚を含めた54枚のカードから2枚を除いた52枚(1人13枚の手札)でプレイするという点が特徴だ。

そして、ここからが本題であるが、公式ルールでは数多くのローカルルールから厳選された「5大公式ルール」と「反則上がり」が採用されている。

①革命

同じ数字のカードが4枚同時に切られたとき、ゲーム終了まで数字の強さが逆転(3が最強、2が最弱)する。なお、ゲーム中にさらに革命が起こると、数字の強さは元に戻る。

②8切り

数字の8のカードを切ると場が流れ、自分からカードを切ることができる。ただし、8が含まれる「階段(7・8・9など)」の場合には8切りは適用されない。

③都落ち

大富豪のプレイヤーより先にあがったプレイヤーが出た場合、大富豪は自動的に大貧民になり、手札を放棄することになる。

④スートしばり

同じスート(マーク)のカードが連続で出された場合、場が流れるまで同じスートのカードしか出せなくなる。

⑤スペ3返し

ジョーカー1枚が出されたとき、スペードの3を出すことでジョーカーに勝つことができる。

反則あがり

特定のカード(2、3、8、ジョーカー、スペードの3など)であがると自動的に負けとなる。

以上が、公式ルールであるが、馴染みのあるものが多いと感じるのではないだろうか? もし、初顔合わせ同士で大富豪をプレイする場合には、公式ルールで遊ぶと違和感なく楽しめるだろう。

スポンサーリンク

【追加トリビア】少し変わったローカルルールを紹介!

ここまでは公式ルールを紹介してきたが、大富豪の醍醐味といえば少し変わったローカルルールにあるんじゃないだろうか?

そこで、ここでは珍しいローカルルールを紹介していきたい。

5飛び(5スキップ、5飛ばし)

数字の5のカードを出すと、次の順番のプレイヤーを飛ばすことができる。

9リバース

数字の5のカードを出すと、カードを切る順番が逆になる。このルールと5飛びは、カードゲーム「UNO」の影響を受けていると思われる。

ろくろ首/救急車(99車)

ろくろ首は2枚の6(66)を、救急車は2枚の9を出すことで場を流すことができる。ただのダジャレである。

砂嵐

3枚の3のカードを同時に出すことで、どんなカードが出ていても場を流すことができる。最弱の3が最強となる、下剋上のルールである。

ちなみに、筆者の学生時代には「ダミアン」というルールを採用していて、6を3枚同時に出す(666)のが最強とされていた。おそらく映画「オーメン」の影響だと思うが、このような独自ルールがいくらでも作れるのが、大富豪の最大の魅力といえるだろう。

トリビアまとめ

大富豪はローカルルールが豊富なので、このような公式ルールがあることで誰もが安心して楽しめるのはありがたいことだ。

とはいえ、独自ルールによってゲーム性そのものが変化するのも大富豪の醍醐味である。たまには、アナタがまったく知らないローカルルールでプレイすれば、新鮮な気持ちで楽しめること間違いないだろう。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.