アメリカの雑学一覧

アメリカとハワイの雑学まとめ

アメリカ

2020/6/29

アメリカとハワイの雑学まとめ33選!トリビア&豆知識を一覧にしました

雄大な大地のうえに成り立っている、自由の国・アメリカ。何かにつけて世界の最先端を行く、洗練された大国である。 最先端だからこそ、見応えのある雑学もたくさん出てくる。今回はそんなアメリカに関する雑学を一挙に紹介するぞ! さあ、一緒にアメリカのダイナミックなお国柄に酔いしれよう! アメリカとハワイの雑学まとめ33選!トリビア&豆知識を一覧にしました 雄大なるアメリカの雑学を一挙にご紹介! 50年以上燃え続けている火災に関する雑学 50年以上燃え続けているセントラリアの火災には、やっぱり「こりゃあ消火するのは無 ...

アメリカの国旗は26回もデザインが変わっているという雑学

アメリカ

2020/10/1

現在27つめ。アメリカの国旗は26回もデザインが変わっている【星条旗】

イエス! ウィーキャン! 今回お届けするテーマはアメリカだ。ということで、かつてのオバマ大統領の言葉で挨拶してみた(え? ネタが古い?)。どこかでツッコミを入れられた気がしたが、それはさておき、皆さんはアメリカの国旗をご存知だろうか。 そう、いわずとしれた星条旗だ。赤と白のストライプに星の柄が印象的なアメリカ国旗。ニュースやスポーツでもたびたび目にするあの国旗なのだが、なんと今のデザインに至るまで26回も変更があったらしい。つまり、今のデザインは27番目のものということになる…。 すさまじい数だ。いったい ...

ラスベガスの「カジノ」には時計がないという雑学

アメリカ

2020/6/29

時間を忘れよ…!ラスベガスのカジノには"時計"が設置されていない

楽しくて時間を忘れて没頭してしまい、次の予定に遅れてしまった…。そんな経験は誰にでもあるはずだ。 それとは逆に、時間を忘れていたが、なにげなく目にした時計で時間を確認し、危うく難を逃れたという人も多いだろう。 そう考えると、公共の場などに時計が設置してあるのは、非常にありがたいものである。しかし、世の中にはあえて時計を設置していない場所もあるという。 その場所とは、アメリカのラスベガスなどにある「カジノ」。カジノでも時間がわかるほうが便利なはずなのに…と思ったアナタのために、今回はカジノに時計がない理由に ...

ラスベガスのホテルの窓が開かない理由に関する雑学

アメリカ

2020/6/29

ラスベガスのホテルの窓が開かない理由は"飛び降り自殺を防ぐ"ため?

巨大な高級ホテルは、ラスベガスの夜景をきらびやかに彩る。そして、そのなかにはカジノ! 誰しも一度は「ホテルで極上のサービスを受け、カジノで豪遊してみたい!」などと夢見るものだ。 しかし、ラスベガスのホテルは華やかなだけではない。カジノでギャンブルに夢中になった富豪は、ときに何億円も負けてしまうことがある。全財産を失い、失意の果てに自殺してしまったなんてことも珍しくないのだ。 そんなラスベガスのほとんどのホテルは、飛び降り自殺を防ぐため、客室の窓が開かない作りになっている。 …というのは単なる都市伝説だ。ラ ...

アメリカでは水道水で虫歯予防ができる地域があるという雑学

アメリカ

2020/9/2

アメリカは水道水で虫歯予防!日本ではなぜ導入されない?

大人になっても病院はあまり好きな場所ではないという方も多いと思うが、その中でも歯医者は苦手意識をもつ方が多いのではないだろうか。 私も昔から歯医者が苦手で、現在でもできる限り行きたくないと感じている一人だ。 しかし、毎日使う歯の健康のためには口内ケアは非常に重要である。食事や飲み物で色素沈着を起こしたり、もちろん虫歯になったりすることもある。 できれば自宅で気軽に口内ケアができればいいが、高いホワイトニングに通ったり、虫歯ケアのために歯磨きやマウスウォッシュを頑張らなくてはならない。 歯の悩みをもつ人も多 ...

アメリカ

2020/6/29

寝ぼけ注意!アメリカでは毎年600人がベッドから落ちて亡くなっている

なにかと忙しい現代人。 一日のハードなスケジュールをこなしたあと、ふかふかのベッドに飛び込むのは至福の瞬間ではなかろうか? 明日への英気を養う大切な睡眠…。 しかし、もしそのベッドによってうっかり永遠の眠りについてしまうなんてことが起きてしまったら…? そんな冗談みたいな話、実は現実にあるのだ。この雑学記事を読んだ後、あなたはベッドで眠ることができるだろうか…? 【世界雑学】アメリカでは毎年、600人がベッドから落ちて亡くなっている ロバート アメリカでは、毎年600人くらいがベッドから落ちて亡くなるって ...

アメリカでは履歴書に写真を貼らないということに関する雑学

アメリカ

2020/10/12

顔採用もない!?アメリカでは履歴書に写真を貼らない

人生でなかなか避けて通ることが難しい一大イベント、それは就活ではないだろうか。読者の皆さんのなかにはこれから就活を控えているという人も、すでに乗り越えて立派に社会人をやっている人もいるだろう。 そんな就活で大変なのが履歴書を用意することだ。筆者も学生時代の就活時、履歴書を書くと文字を間違えてしまい何度も書き直した(もう、あの頃には戻りたくない…) そしてもう1つ大変なのが、履歴書に貼る証明写真だ。応募する企業が多いほど枚数が必要になるし、写真屋さんでプリントしてもらうとけっこうな出費になる。筆者は節約のた ...

ヤンキーとはもともとアメリカ人のことという雑学

アメリカ

2020/9/3

不良じゃない!"ヤンキー"とはもともとアメリカ人のことだった

「ヤンキー」といえば、誰もが思い浮かべるのはガラの悪いお兄ちゃんだ。ヤンキーという響きだけで途端に近寄りがたくなるから不思議である。 ところで、なんでヤンキーをヤンキーと呼ぶかを知っているだろうか。そもそもはアメリカ人のことだというが…。あのお兄ちゃんたちとアメリカ人って、繋がりなくないか? どういうこと? 今回はそんなヤンキーにまつわる雑学である。夜露死苦! 【世界雑学】ヤンキーとはもともとアメリカ人のこと ロバート エイミー、日本ではガラの悪い兄ちゃんたちのことを『ヤンキー』って呼ぶらしいな? エイミ ...

アメリカでは気温を「℃」ではなく「°F」で表すという雑学

アメリカ

2020/6/29

摂氏と華氏。アメリカでは気温を"℃"ではなく"°F"で表す

華氏で表示されたエアコンの温度 温度の表現方法が2種類あるのはご存知だろうか? たとえば、普段の生活の中で温度を表現したり、天気予報で気温を目にする際、普通は「気温25℃」や「平熱36.3度」などといったりするかと思う。 われわれが無意識に使っているこの表現、実は「摂氏(せっし)」と呼ばれる表現方法で、世の中にはこれ以外の温度の表現方法も存在するのだ! 今回はもう一つの温度表現「華氏(かし)」についての雑学をご紹介していこう! 【世界雑学】アメリカでは気温を「摂氏(℃)」ではなく「華氏(°F)」で表す ロ ...

ホワイトハウスで作られているビールがあるという雑学

アメリカ

2020/6/29

自由の国!ホワイトハウスではビールが作られている

ワシントンDC ホワイトハウス お酒の定番ビール。日本はもちろん世界各国でさまざまなブランドのビールが作られている。その地域独自の地ビールやその国でしか飲めない変わり種は旅先の楽しみでもあるだろう。 そんな変わったビールのなかに、なんとホワイトハウスで作られたものがあるのをご存知だろうか。ホワイトハウスといえば歴代のアメリカ大統領が仕事をしたり、実際に住んだりする場所として有名だ。 どうしてそのような場所でビールが作られることになったのか。今回はそれについての雑学を紹介していくので、いっしょに詳しく見てい ...

© 2020 雑学カンパニー