アメリカ

ラスベガスのホテルの窓が開かない理由は"飛び降り自殺を防ぐ"ため?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ラスベガスのホテルの窓が開かない理由に関する雑学巨大な高級ホテルは、ラスベガスの夜景をきらびやかに彩る。そして、そのなかにはカジノ! 誰しも一度は「ホテルで極上のサービスを受け、カジノで豪遊してみたい!」などと夢見るものだ。

しかし、ラスベガスのホテルは華やかなだけではない。カジノでギャンブルに夢中になった富豪は、ときに何億円も負けてしまうことがある。全財産を失い、失意の果てに自殺してしまったなんてことも珍しくないのだ。

そんなラスベガスのほとんどのホテルは、飛び降り自殺を防ぐため、客室の窓が開かない作りになっている。

…というのは単なる都市伝説だ。ラスベガスのホテルが、いわくつきなどということはないのでご安心を!

だが、窓が開かないというのは本当だ。「せっかくの高層ホテルなのにもったいない!」と思ってしまうが、これにはホテルの経営上の深~い理由があった。今回はこの理由を、雑学としてご紹介していこう!

【世界雑学】ラスベガスのホテルの窓が開かない理由

ロバート
ラスベガスの高層ホテル、バルコニーとかあったらサイコーなんだけど、窓すら開かないんだな…。

エイミー
窓が開かないのには、ホテルの景観保護っていう理由があるの。窓が開く部屋があると、全自動窓拭き機が使えないのよ。

【雑学解説】全自動窓拭き機を使用するので、窓が開けられていると都合が悪い

全自動窓拭き機を使用するので、窓が開けられていると都合が悪いというトリビア

ラスベガスの夜景を彩っている超高層ホテルは、客室数もやはり桁外れに多い。ラスベガスNo.1の規模をもつ「MGMグランド」にいたっては、堂々世界一位の6852室を有している。

他にも客室総数4000室を超えるホテルが、ラスベガスには軒を連ねているのだ。

それだけの客室数があるホテルが多数存在するということは、世界にはきっとたくさん金持ちがいるのだろう…。そして、ホテルの窓が開かない理由も、その客室数の多さに関係している

考えてもみてほしい。6852室の窓拭きをすべて人力で行うなど、無謀も無謀だ。よってラスベガスのホテルでは多くの場合、全自動窓拭き機を利用する。

ロバート
たしかに、全部人の力でするとコストも時間も半端なくかかるよな。

通常、人が窓を拭いているのなら、窓が開いている部屋があったとしても、そこを避けて拭くことができる。しかし全自動窓拭き機の場合、窓を開けていれば室内は水浸しになってしまう

「〇時~〇時までは窓を開けないでください」などと決まりをつくっても、窓の閉め忘れをする人は絶対にいる。ならばいっそ窓が開かなければいい…といった具合だ。

こちらは「MGMグランド」の様子が見ることができる動画だ。カジノも少し映っている。ホ…ホテルなのか!?

ロバート
WOW…

エイミー
これぞラスベガスって感じだわ…。

カジノで過ごす時間を増やす目的もある?

またカジノの利益を上げるために、客室にいる時間を短くさせようと、窓を開かなくしているという説もある。客室にバルコニーでも付いていれば「街並みを見下ろしながら一服しようか…」といった気持ちにもなる。

しかし「窓も開かないし、客室にいても何も面白くない」となれば、お客様も自然とカジノへ足を運ぶ…というカラクリだ。その他にも空調の関係など、いろいろな説があるが、真意を知るのは経営に関わっている人ぐらいのものだろう。

エイミー
複合的な理由もあるかもしれないわね。

おすすめ記事

ラスベガスの「カジノ」には時計がないという雑学
時間を忘れよ…!ラスベガスのカジノには"時計"が設置されていない

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学】ラスベガスがホテルとカジノの街になった理由

ところでどうしてラスベガスは、カジノや高層ホテルが乱立しているのだろうか。火のない所に煙は立たぬ…ではないが、これにもれっきとした理由がある。

ラスベガスのカジノは元を辿ればギャングの所有物だった。つまり当時「カジノは儲かる」と、ラスベガスのギャングの間でカジノ建設が流行したのだ。

事の発端は1946年、ベンジャミン・シーゲルというギャングが建てた「フラミンゴホテル」だ。ここにカジノを併設した結果、莫大な収益が上がり、他のギャングたちもその後に続いたという。

そして実は「大規模なカジノはホテルに伴う施設でないと認められない」という法律がある。だから「カジノを建てる=ホテルを建てる」ということになり、ラスベガスはホテルとカジノの街になっていったのだ。

もちろん今となっては、ギャングが経営しているなどということはないので、安心して豪遊してほしい!

ロバート
今はギャングが経営してないんなら、安心して思う存分遊べるな!

エイミー
ちょっと待ってロバート。まずは自分の懐具合と相談して、その範囲内で楽しみなさいよ!

雑学まとめ

飛び降り自殺を防ぐ?ラスベガスのホテルの窓が開かない理由についての雑学まとめ

ラスベガスのホテルの窓が開かない理由は、全自動窓拭き機を使用するからという雑学をご紹介した。

しかし「自殺を防ぐため」という都市伝説も、カジノの恐ろしさと、ホテルの特徴を踏まえれば「あり得なくもない…」と思わされてしまう。これを考えた人にも感心させられるものだ。

しかし実際はホテルがその美しい景観を保つための工夫だ。やはり超高級ホテルともなれば、お客様の満足に添えるよう、日々創意工夫を繰り返しているのだろう!

ロバート
一流って呼ばれるヤツには、それなりの工夫があるんだな!

エイミー
そうね、アンタみたいな三流でもそれぐらいわかるのね。

ロバート
エイミー…なかなか今日も尖ってるね。

おすすめ記事

ホテルに「聖書」があるのはなぜ?に関する雑学
持ち帰れる?ホテルに聖書がある理由とは?【国際ギデオン協会】

続きを見る

ハゲたらオトク!?「ハゲ割」があるホテルがあるという雑学
"ハゲ割"があるホテルとは?ハゲたらお得だ!【ホテル テトラ】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー