アメリカ

時間を忘れよ…!ラスベガスのカジノには"時計"が設置されていない

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ラスベガスの「カジノ」には時計がないという雑学

楽しくて時間を忘れて没頭してしまい、次の予定に遅れてしまった…。そんな経験は誰にでもあるはずだ。

それとは逆に、時間を忘れていたが、なにげなく目にした時計で時間を確認し、危うく難を逃れたという人も多いだろう。

そう考えると、公共の場などに時計が設置してあるのは、非常にありがたいものである。しかし、世の中にはあえて時計を設置していない場所もあるという。

その場所とは、アメリカのラスベガスなどにある「カジノ」。カジノでも時間がわかるほうが便利なはずなのに…と思ったアナタのために、今回はカジノに時計がない理由についての雑学を解説していこう。

【世界雑学】ラスベガスの「カジノ」には時計がない

ロバート
オレこのあいだラスベカスのカジノに行ったんだけどさ、時計がなくってうっかり次の友達との約束すっぽかしそうになっちまったんだよ!
エイミー
ラスベガスのカジノは、『時間を忘れさせる』ためにあえて時計を置いてないのよ。

【雑学解説】カジノにない「3つ」のモノとは?

カジノにない「3つ」のモノについてのトリビア

実は、「カジノには3つのモノがない」とされていて、その1つが時計である。それでは、なぜカジノには時計がないのだろうか?

それは、客がゲームに集中しているときに、時刻を考えないようにするためである。もし、客が時計を見て「あ、長く遊びすぎたな」とか「もう遅い時間だから、そろそろ帰ろうか」などと思われたら、カジノとしては商売あがったりだ。

つまり、カジノには時計を置かずに客の滞在時間を伸ばし、いっぱい賭けてもらおう…というわけである。

ロバート
うーん…こんな計算の上で、わざと時計を置いてないのか…。

そして、「カジノにないモノ」の残り2つは、「窓」と「鏡」である。

窓があると、外の明るさなどで時間の経過を察することができるから…というのが、第1の理由。そして、外部との接点を断つことで、日常から切り離された空間でカジノを楽しんでもらう、というのが第2の理由らしい。

しかし、非日常に身を置くということは、当然金銭感覚も非日常的になってしまうわけで…。

そして、鏡がないのは、負けがこんでいるときに鏡をみたら、自分のやつれた顔や表情に気づいて正気に戻ってしまうから…という理由である。いやはや、負けている人間からさらに搾り取ろうという発想が恐ろしい。

ロバート
カジノって独特な雰囲気があって、楽しくてついついゲームに熱中しちまうけど、けっこう怖いところだな…。
エイミー
とりあえず、腕時計は持って行った方がよさそうね…。

「時計」「窓」「鏡」がカジノに設置されていないのは、「客を正気に戻させない」という明確な目的があったのだ! 本場のカジノには、人間の心理を突いた巧妙なトラップが仕掛けられているのである。

おすすめ記事

ラスベガスのホテルの窓が開かない理由に関する雑学
ラスベガスのホテルの窓が開かない理由は"飛び降り自殺を防ぐ"ため?

続きを見る

スポンサーリンク

パチンコ屋にも時計はない!

パチンコ屋にも時計はない!というトリビア

残念ながら(?)日本にはカジノはないが、似たような場所としてパチンコ屋がある。そして、パチンコ屋にも時計が設置されていない店が多いのはご存知だろうか? 理由はもちろん、カジノに時計がないのと同じ。

また、パチンコ屋の特徴といえば、店内の大音量と派手な演出のパチンコ台だが、これにもちゃんとした理由がある。

人間は大音量やチカチカした光などの刺激を受けることで興奮状態になり、冷静な判断をするのが難しくなるのだ!

本場のカジノだけでなく、身近な場所にもトラップは仕掛けられていたとは…。皆さんは、このようなトラップにかからないよう、気をつけていただきたい。

エイミー
アタシ、正直言ってパチンコのうるさい雰囲気って苦手だったんだけど、あれにもこんな理由があるなんてね。
ロバート
たしかに、あんな大音量がずっと流れていたらじっくり考えるのは難しそうだな。

おすすめ記事

なぜパチンコ・パチスロにハマった人はやめられないのかという雑学
中毒性の高い快感。パチンコ・パチスロにハマるとなぜやめられない?

続きを見る

【追加雑学】カジノではアルコールドリンクが無料だった! でも、その理由は…

カジノではアルコールドリンクが無料だった! でも、その理由は…についてのトリビア

ラスベガスなどのカジノでは、基本的にドリンクは無料であり、そのなかにはアルコール飲料も用意されている。これを聞いて「やったー、タダで飲み放題だ!」などと喜ぶのは、気が早い。

ここまで読んできた方なら推測がついているだろうが、このサービスはアルコールで客の判断力を低下させて、いっぱい賭けてもらおうというカジノ側の策略なのだ。

エイミー
ドリンクまで、カジノ側はこんなに計算して準備していたなんて…!

また、カジノが併設されているホテルでは、客室に冷蔵庫がない場合もあるという。これは、何か飲みたくなったらカジノへ行けば無料だし…と思わせて、客を誘導するためである。

カジノ、おそるべし。二重三重の罠が仕掛けられていようとは…。

ロバート
オレ、当分カジノに行く気がなくなったぜ…。

ちなみに、カジノではドリンク自体は無料だが、ドリンクを運んできてくれた従業員にはチップを渡すのがマナーだとか。カジノに行く際には、こちらも気をつけてほしい。

雑学まとめ

時間を忘れよ…!ラスベガスのカジノには"時計"が設置されていないという雑学まとめ

カジノには「時計」「窓」「鏡」の3つがない理由は、とても納得いく(カジノ側からだが)理由があったようだ。もし、これからカジノに行ってみたいと思った方は、絶対に腕時計をつけるのを忘れないように。

今回の雑学では、その恐ろしさについて強調しがちであったが、カジノでは非日常的な空間を楽しめることは間違いないので、無理のない範囲で楽しんでもらえれば幸いである。

ロバート
まぁ、そうだよな…ちゃんと節度をもって遊べば、危険なところじゃあないよな。
エイミー
ロバート、アンタは夢中になりやすいし散財しやすいんだから、ホントに気を付けたほうがいいわよ!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー