アメリカ

不良じゃない!"ヤンキー"とはもともとアメリカ人のことだった

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ヤンキーとはもともとアメリカ人のことという雑学

「ヤンキー」といえば、誰もが思い浮かべるのはガラの悪いお兄ちゃんだ。ヤンキーという響きだけで途端に近寄りがたくなるから不思議である。

ところで、なんでヤンキーをヤンキーと呼ぶかを知っているだろうか。そもそもはアメリカ人のことだというが…。あのお兄ちゃんたちとアメリカ人って、繋がりなくないか? どういうこと?

今回はそんなヤンキーにまつわる雑学である。夜露死苦!

【世界雑学】ヤンキーとはもともとアメリカ人のこと

ロバート
エイミー、日本ではガラの悪い兄ちゃんたちのことを『ヤンキー』って呼ぶらしいな?
エイミー
『ヤンキー』はアメリカ人の蔑称なんだけど、そこから『西洋風の派手な人』そして『過激な行動をする人』を指すようになったらしいわよ。

【雑学解説】ヤンキーは本来、アメリカ人をバカにする意味で使われていた

ヤンキーは本来、アメリカ人をバカにする意味で使われていたというトリビア

ヤンキーという言葉は明治時代に日本に入ってきたもので、当初はアメリカ人を意味する言葉だった。しかもアメリカと戦争などで敵対している国が使う蔑称で、あまりいい意味ではなかったのだ。

日本でも戦後にはアメリカの進駐軍に向かって「ヤンキー・ゴーホーム!」などと叫ぶ時代があったというぞ。

このように当初はアメリカ人をバカにする意味で使われていたヤンキーは、日本の欧米化が進むと、次第に西洋風の派手な格好をしている人たちのことを表すようになっていった。「そんなアメリカ人みたいな格好して!」という具合か。

そこからさらに発展して、最終的には過激な行動をとる人をそう呼ぶようになっていったのである。

なるほど、経緯を辿るとアメリカ人からガラの悪いお兄ちゃんへと変わっていったことにも納得がいく。

ロバート
なんかオレたちアメリカ人がガラが悪いって言われてる気がするぜ…。

ところでアメリカ人をバカにする意味で我々日本人も使っていたというなら、本来アメリカにおいてもあまりいい意味の単語ではないのか? ズバリその通りで、アメリカ国内でもヤンキーは蔑称として使われる言葉なのだ。

アメリカ国内でもヤンキーにいい意味はない

アメリカ国内でもヤンキーにいい意味はないというトリビア

ヤンキーは英語にすると「Yankee」。アメリカ以外の海外諸国からすると、これはそのままアメリカ人のことだが、実はアメリカ国内では地域ごとに意味が変わってくる

エイミー
具体的には以下の通りになってるわよ。
  • アメリカ人:「ヤンキーはアメリカの北東部の人のことだ」
  • アメリカ北東部の人:「違うよ。ヤンキーはニューイングランド地域の人のことだよ」
  • ニューイングランドの人:「何を言ってる。ヤンキーはバーモント州の人のことだろ」
  • バーモント州の人:「は? ヤンキーって朝食にパイを食べる人のことでしょ」

なんというか…アメリカ人は総じてヤンキーと呼ばれるのを嫌がっているような。

ロバート
たとえグラマラスな美女でも、オレのことを『ヤンキー』なんて呼んだら許さないぜ?…まぁ胸を揉ませてくれたら許すけど!
エイミー
アンタ、美女からなら何言われても結局許すでしょ。

それもそのはずで、アメリカ人がこのヤンキーという言葉にもつイメージは「不器用・ケチ・ずるがしこい・傲慢・うるさい」などなど、決していいものではないのだ。

また気になるのは、どうしてその蔑称が北東部へと順になすりつけられていくのかということだ。これにはなんでも1861~1865年にかけて勃発した、アメリカ南北戦争が関係しているというぞ。

スポンサーリンク

ヤンキーは南北戦争で生まれた北側の人間をバカにする言葉

南北戦争ではその名の通り、奴隷賛成派だった南側と、奴隷反対派の北側がアメリカ内で大揉めした。そしてその際、南部の人たちが北部の人たちをバカにする意味でヤンキーという言葉は使われ始めたのだ。

なんでもアメリカ北部に住むオランダ系移民には、「ヤン」という名前の人が多く、そこに酪農の象徴である「キーズ(チーズ)」を組み合わせてできた言葉だという。「牛ばっか育ててるオランダ移民」ってとこか。

なるほど…南北戦争の名残でみんな北東へ北東へとなすりつけていたわけだ。

ちなみに現在ではアメリカ北東部からテキサスなどの南側に引っ越してきた人が、「私、実はヤンキーなんですの!」と自己紹介するなど、自虐ネタとして使うようになっている。蔑称として使われていた歴史はもう過去のものになりつつあるようだ。

とはいえ、日本人の私たちはアメリカ人にヤンキーなどと、軽はずみに言わないのが賢明だろう。

エイミー
いくら昔より意味合いが強くないにしろ蔑称には変わりないんだから、アタシも軽々しく『ヤンキー』なんて言ったりはしないわよ?

【追加雑学①】大リーグ「ヤンキース」の名前の由来はアメリカ人をバカにする民謡

大リーグ「ヤンキース」の名前の由来はアメリカ人をバカにする民謡についてのトリビア

アメリカ大リーグ「ニューヨーク・ヤンキース」の球団名にしても、実はアメリカ人をバカにする意味合いが込められている。

…え! なんで自分からそんなことしちゃうの? と思うところだが、ヤンキースという名前はもともとスポーツライターたちが率先して呼び始めたものだ。

そのきっかけとなったのが「Yankee Doodle」という民謡で、歌詞の内容はイギリス人がアメリカ人をバカにするというもの。この歌が流行った当時にライターたちが「これだ!」といわんばかりに、ヤンキースと呼ぶようになり、1913年には正式名に決定している。

自分たちで付けたわけじゃないにしても、ライターたちもアメリカ人だろ? 母国のチームに対してどういう感覚なんだ…。

また「Doodle」にはマヌケという意味があり、ヤンキーと混ざって余計ヒドイ。それが野球のチーム名はおろか、アメリカの愛国歌にまでなっているのだから、もう意味がわからない。それほど自分たちの過ちを認め、笑い話にできる国民性ということか…?

ロバート
日本人はオレたちのジョークが分からないんだな!

実際に曲を聴けばわかるように、Yankee Doodleは日本でいうアルプス一万尺のことである。…原形そんな内容だったの!?

エイミー
アタシたちになじみのあるこの曲が日本でも知られてるなんてうれしいわね!

雑学まとめ  

ヤンキーにはアメリカの南北戦争で生まれた北側の人間への蔑称という語源があり、それが海外へ伝わるとアメリカ人そのものへ向けられる言葉へと変わっていった。しかし今ではギャグとして使われるなど、アメリカ人の陽気さには感心させられる。

過去の過ちなんて笑い飛ばす! 真面目な日本人としては少し見習いたい…そんな気持ちにさせられるトリビアであった。

ロバート
日本人ってちょっとシリアスすぎるところがあるんだよな。オレを見習ってもっと肩の力抜いて楽に生きればいいのにな!
エイミー
アンタが日本人のシリアスなところを見習うべきよ?

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー