世界のびっくり 笑える

ガチの"笑い死に"。自分のギャグに爆笑しすぎて死んだ人がいた

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

自分のギャグで笑い転げて死んだ人がいるという雑学

ツボにハマってしまって、息苦しくなるぐらい笑い転げた経験はないだろうか。「やめて! 笑い死ぬ!」などと言ってしまうが、実はこれは冗談ではない。笑い死にというのは、実際に起こり得る話なのだ。

しかも今回取り上げる例では、当事者は自分が考えたギャグで笑い死にしている。これがもし、自分しか笑っていないオヤジギャグだったとしたら、目も当てられないぞ…。

今回はそんな嘘のようで実際に起こり得る「笑い死に」の雑学を紹介しよう!

【面白い雑学】自分のギャグで笑い転げて死んだ人がいる

信長さん
紀元前263年、喜劇作家のピレモンは、自分のギャグで笑いすぎて死んでいる。
秀吉くん
自分のギャグに笑いすぎて死ぬって…ちょっとうらやましくもある死に方っすね…。

【雑学解説】喜劇作家ピレモンの死因は「笑い死に」

喜劇作家ピレモンの死因は「笑い死に」というトリビア

笑い死にしたという言い伝えがあるのは、古代ギリシャの喜劇作家のピレモンである。紀元前263年のある日のこと、ピレモンは渾身のギャグを思いつくと同時に笑い始め、笑いが止まらなくなってしまった

そのまま笑い続けて死んでしまったため、思いついたギャグがどんな内容だったかは誰にもわからないという。…非常に気になる。

秀吉くん
その時、周りに人がいたかどうか知らないっすけど、想像するとシュール通り越して狂気を感じるっすね…。

喜劇作家ということで、ピレモンは笑いのプロだ。とりあえずただのオヤジギャグの線はなくなって良かった。

これは大昔の話ということもあって「なんだ、単なる言い伝えか」という感は否めない。

しかし…笑い死にした人、ピレモンのほかにもけっこういるんだよね…。

スポンサーリンク

笑い死にしている人は意外と多い

笑い死にしている人は意外と多いというトリビア

歴史を辿ってみると、笑い死にの記録は意外に多く残されている。最近の例として1975年にイングランドのレンガ積み職人、アレックス・ミッチェルが笑い死にした例を挙げておこう。

彼は、キルト姿のスコットランド人がバグパイプで悪役と戦う様子をうつしたテレビ番組を見て、笑い転げた後に死んでしまったという。

信長さん
いったいどんなテレビ番組だったのか非常に気になるぞ…。

実際にその番組を見ていないので、そこまで面白い話なのか想像がつかないが、彼以外に死者が出た記録はない。きっと彼にとってはツボにハマるような内容だったのだろう。

ちなみにこのとき残された婦人は、番組宛てに「主人の最期を楽しいものにしてくれてありがとう」と手紙を送ったそうだ。主人を亡くして悲しいはずなのに、起こってしまったことを前向きに捉える姿勢には感心させられる。

秀吉くん
まぁ…笑いながら死ねるのは決して悪いことじゃないっすから…。

このほか1989年にはデンマークの聴覚学者オレ・ベンツェンがコメディ映画『ワンダとダイヤと優しい奴ら』を観ながら笑い死に。以下がその日本公開時の予告編だ。

予告編だけでも、たしかにおもしろいのはおもしろいが…本編を観ようという人は笑い死にしないよう、要注意である。

また2003年にはタイのアイスクリーム売りが寝ながら笑いだし、2分間笑い転げた末に死亡。よっぽどおもしろい夢を見ていたのだろう。というか息苦しくて目覚めそうなものだが…。

以上は最近の例だが、古いものを辿れば笑い死に案件はけっこう山のように出てくる。

  • 紀元前3世紀…古代ギリシャの哲学者クリュシッポス(酔っぱらったロバがイチジクを食べようとするのを見て笑い死に)
  • 1410年…カタルーニャ君主国の王マルティン1世
  • 1556年…イタリアの作家ピエトロ・アレティーノ
  • 1660年…スコットランドの貴族トマス・アーカート(チャールズ2世が王位に就いたと聞いて笑い死に)
  • 1782年…イギリスのフィッツァー・パート夫人(オペラ鑑賞中に笑いが止まらなくなり、3日後に死亡)

爆笑の理由がはっきりしていないものもあるが、15世紀以降はだいたい100年に1人ぐらい笑い死んでいる。個人的に気になるのはトマス・アーカートさんのツボ。

「チャールズ2世!? マジで!? それはヤバいって! ははははh…!!」

…みたいな感じだったのかな…。

【追加雑学】笑い過ぎで死に至る理由は?

紹介してきた通り、実際に多くの事例があるわけだが、笑い死にしてしまった彼らの体内ではいったいなにが起こっているのだろうか。

考えられる要因は、大きく以下の2つだ。

  • 不整脈による心室細動
  • 大動脈瘤の破裂

みなさんご想像の通り、笑いすぎるといつもより心拍数が上がる。脈が異常に速い状態が長時間続くと、このような死因を招いてしまうことがあるという。

まず異常な心拍数が続く状態を不整脈といい、これが悪化した場合、心室細動を起こし、最悪死に至ることがある。(※心室細動…心臓がけいれんすること)

一方、大動脈瘤というのは、血管の一部がこぶのような形に変形してしまう病気。この病状にある人に急激な血圧の上昇があれば、変形した部分に血が溜まり、血管が破裂してしまうことがある。

…お、恐ろしすぎる。

…いやいや、よっぽど長時間笑い転げない限り、まずあり得ない話なので安心していただきたい。笑いは免疫細胞を活性化させるという話もあるので、普通はむしろ長生きの秘訣である。

「笑い死に」の雑学まとめ

ガチの"笑い死に"。自分のギャグに爆笑しすぎて死んだ人がいたというトリビア

今回の雑学はいかがだっただろうか。笑い死にした人たちの記録を辿っても、原因が自分のギャグだという人はピレモン一人だった。同じ死に方をした人たちの中でも、やはり彼は突出した存在なのだ。

頭の中で考えていただけで、実際にギャグを口にしていないのだから、傍から見ればただの思い出し笑いにしか見えない。喜劇作家らしくシュールな死に様である。

信長さん
喜劇といえば…『喜劇王』として知られているチャップリンは、死んだあとに誘拐されているぞ。
秀吉くん
死んだ後っすか?!こっちもまたシュールな感じっすね~。

おすすめ記事

チャップリンは亡くなってから誘拐されたことがあるという雑学
喜劇王スゴい。チャップリンは死後に誘拐された。

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー