世界のびっくり 笑える

ガチの"笑い死に"。自分のギャグに爆笑しすぎて死んだ人がいた

自分のギャグで笑い転げて死んだ人がいるという雑学

ツボにハマってしまって、息苦しくなるぐらい笑い転げた経験はないだろうか。「やめて! 笑い死ぬ!」などと言ってしまうが、実はこれは冗談ではない。笑い死にというのは、実際に起こり得る話なのだ。

しかも今回取り上げる例では、当事者は自分が考えたギャグで笑い死にしている。これがもし、自分しか笑っていないオヤジギャグだったとしたら、目も当てられない。

今回はそんな嘘のようで、実際に起こり得る「笑い死に」の雑学を紹介しよう!

【面白い雑学】自分のギャグで笑い転げて死んだ人がいる

信長さん
紀元前263年、喜劇作家のピレモンは、自分のギャグで笑いすぎて死んでいる。
秀吉くん
自分のギャグに笑いすぎて死ぬって…ちょっとうらやましくもある死に方っすね…。

【雑学解説】喜劇作家ピレモンの死因は「笑い死に」

笑い死にしたという言い伝えがあるのは、古代ギリシャの喜劇作家のピレモンである。ピレモンは渾身のギャグを思いつくと同時に笑い始め、笑いが止まらなくなってしまった

そのまま笑い続けて死んでしまったため、思いついたギャグがどんな内容だったかは誰にもわからないという。…非常に気になる。

秀吉くん
その時、周りに人がいたかどうか知らないっすけど、想像するとシュール通り越して狂気を感じるっすね…。

喜劇作家ということで、ピレモンは笑いのプロだ。とりあえずただのオヤジギャグの線はなくなって良かった。

また、これは大昔の話ということもあって「なんだ、単なる言い伝えか」という感は否めない。しかし笑いすぎる血圧が上がって身体に悪影響を及ぼしたり、呼吸困難に陥って窒息死したりといった事例があるのは本当だ。

スポンサーリンク

【追加雑学】笑い死にしている人は意外と多い

歴史を辿ってみると、笑い死にの記録は意外に多く残されている。数百年前の記録もあるが、最近のものを一つ挙げると、1975年にイングランドのレンガ積み職人、アレックス・ミッチェルが笑い死にしている。

彼は、キルト姿のスコットランド人がバグパイプで悪役と戦う様子をうつしたテレビ番組を見て、笑い転げた後に死んでしまったという。

信長さん
いったいどんなテレビ番組だったのか非常に気になるぞ…。

実際にその番組を見ていないので、そこまで面白い話なのか想像がつかないが、彼以外に死者が出た記録はない。きっと彼のツボにハマるような内容だったのだろう。

ちなみにこのとき残された婦人は、番組宛てに「主人の最期を楽しいものにしてくれてありがとう」と手紙を送ったそうだ。主人を亡くして悲しいはずなのに、起こってしまったことを前向きに捉える姿勢には感心させられる。

秀吉くん
まぁ…笑いながら死ねるのは決して悪いことじゃないっすから…。

「笑い死に」の雑学まとめ

今回の雑学はいかがだっただろうか。笑い死にした人たちの記録を辿っても、原因が自分のギャグだという人はピレモン一人だった。同じ死に方をした人たちの中でも、やはり彼は突出した存在なのだ。

頭の中で考えていただけで、実際にギャグを口にしていないのだから、傍から見ればただの思い出し笑いにしか見えない。喜劇作家らしく、実にシュールな死に様である。

信長さん
喜劇といえば…『喜劇王』として知られているチャップリンは、死んだあとに誘拐されているぞ。
秀吉くん
死んだ後っすか?!こっちもまたシュールな感じっすね~。

関連雑学

チャップリンは亡くなってから誘拐されたことがあるという雑学
喜劇王スゴい。チャップリンは死後に誘拐された。

続きを見る

いま読まれている記事

© 2020 雑学カンパニー