日常のうんちく雑学

雑学の中でも日常のうんちく雑学を集めてみました。

日常のうんちくは楽しいものですが、人に披露しすぎると嫌われるのでほどほどに…(体験談)。

人気の雑学


デパートで流れる音楽には様々なサインが隠されているという雑学
従業員向けメッセージ!デパートの館内放送に隠された意味とは?

続きを見る


電信柱の中身はどうなってる?電柱とはなにが違う?

続きを見る


トランプの”2”から”10”にも読み方があるという雑学
エースだけじゃない!”2〜10”のトランプにも読み方があるんです

続きを見る

 

新着記事

洗濯のとき必ず分けて洗うべきモノに関する雑学

日常のうんちく

まとめてはダメ!洗濯のとき必ず分けて洗うべきモノとは?

洗濯…好きな人も多少はいるのかもしれないが、男の一人暮らしの私は大嫌いだ。といってもしないわけにもいかないし…。 特に洗濯で悩むポイントは「衣類はどれも一緒に洗って大丈夫なのか」ということだ。別に気にしないという声も聞こえてきそうだが、モノによっては洗濯した意味がなくなってしまうなんてことも…。以下より、洗濯の洗い分けの必要性を解説していこう! 【生活雑学】洗濯のとき必ず分けて洗うべきモノとは? 洗濯の際にほかの洗濯物と分けて洗ったほうがいいと断言できるのは「足ふきマット」。汚れがひどい衣類や雑巾、初めて ...

ジャンボジェット機一台を塗装するのに必要な塗料に関する雑学

日常のうんちく

ジャンボジェット機を塗装するのに必要な塗料の量は?【動画】

すべてのジャンボジェット機はきれいに塗装されている。これは見た目を美しくすることだけが目的ではない。実は、塗料によって飛行機を守っているのだ! ジャンボジェット機はとにかく大きい。ジャンボジェット機を一台塗装するためには、相当な塗料が必要なはずである。今回は、ジャンボジェット機の塗装に関する雑学を紹介していくぞ。 【生活雑学】ジャンボジェット機一台を塗装するのに必要な塗料の量は? 孫ちゃん この前ペイントされた飛行機が話題になってたね~。飛行機の塗装って、どれくらいの量が必要なんだろ。 おばあちゃん ジャ ...

飛行機が高度1万メートルで飛ぶ理由に関する雑学

日常のうんちく

ベスポジなんです。飛行機が高度1万メートルで飛ぶ理由とは?

すっかりテクノロジーが発達した現代だが、アナログ人間の筆者は飛行機に乗るといまだに、「よくもまあ、こんなにでっかい鉄の塊が空を飛んだものだ」などと考えることがある。 渋滞のない空を自由に飛び回れる飛行機を発明した人類は、本当にすごいなと思う…しかしこの「自由に」というのは、ある意味では正しくない。 飛行機は、安全に飛ぶための高度が定められていて、ただ飛ぶにしても、かなり多くのことに気を配る必要があるのだ。 【生活雑学】飛行機が高度1万メートルで飛ぶ理由とは? 高度1万メートルはエンジンの燃焼と空気抵抗を考 ...

日本の紙幣はアルファベットの分類があるという雑学

日常のうんちく

現在は"E券"!日本の紙幣はアルファベットの分類がある

ひと昔前は夏目漱石や新渡戸稲造の肖像画がおなじみだったように、紙幣は時代を追って改変を繰り返している。そしてそれらはデザインを一新するだけでなく、時代ごとにアルファベットで分類されていることを知っているだろうか。 ちなみに私たちが現在使っている紙幣のほとんどはE券である。このアルファベットの分類を辿ると、戦後からの日本の紙幣の歴史を感じることができるぞ! 【生活雑学】日本の紙幣はアルファベットの分類がある 日本の紙幣は戦後以降、古いものから順にアルファベットで分類されている。 【雑学解説】A券~E券は戦後 ...

日常で使っている「ガムテープ」は「粘着テープ」という雑学

日常のうんちく

全くの別物。日常で使ってる"ガムテープ"は"粘着テープ"。

荷物の梱包をするには、ガムテープが欠かせない。何か物が壊れたときなどの応急処置にも使えたり、マジックで文字を書いてメモ代わりに使えたりと、その使い方にも際限がない。 こう見てみると、ガムテープは本当に便利なアイテムだ!  …え? お前が言っているのは「粘着テープ」のことで、「ガムテープ」じゃないだと? だってみんなガムテープって呼んでるじゃないか…なんて思っていたが、いつも使っているガムテープはガムテープじゃないって、本当なの!? 【生活雑学】日常で使っている「ガムテープ」は「粘着テープ」 現在、一般的に ...

ハイヒールの由来は、ファッションよりも衛生面だったという雑学

日常のうんちく 笑える

ウンコ対策…。ハイヒールの由来はファッションより衛生面だった

スラっと綺麗な脚線美が際立つ、大人の女性のファッションアイテム・ハイヒール。履いている女性はたしかに素敵なのだが、筆者はいつも足が疲れないかが気になってしまう…。 いやいや、オシャレは気合いというではないか。女性は綺麗に見えるならそれぐらいへっちゃらなのだろう! …綺麗に見えるならといったが、実はその昔、ハイヒールが綺麗に見せることとは真逆の用途で使われていたことを知っているだろうか。今回はそんなハイヒールの起源に関する雑学だ。 【面白い雑学】ハイヒールの由来は、ファッションよりも衛生面だった 道に落ちて ...

白米という苗字に関する雑学

日常のうんちく 盛り上がる

100人しかいない…!"白米"というレアな苗字がある

白米。それは江戸時代から日本人の食卓を支え続けてきた伝統的な主食だ。白米を中心とした「和食」は無形文化遺産にも登録されている日本独自の文化である。 食の欧米化が進んだ現代でも、「日本人はやっぱ米っしょ!」という人は多い。どんな国民的大スターでも、白米と肩を並べる存在感を出そうと思うと一筋縄ではいかないだろう。 しかし…この日本が誇る伝統食と、ある意味で肩を並べてしまっている人々がいる。いや…彼らはもはや白米そのものだといっても、過言ではないぞ! 【面白い雑学】白米という苗字がある 人口にして約100人ほど ...

鉛筆は六角形なのに、色鉛筆が丸いのはなぜ?という雑学

日常のうんちく

納得…!鉛筆は六角形なのに、色鉛筆が丸いのはなぜ?

小学生のころ、鉛筆の六つの面に数字を書き込んで、サイコロ代わりにして遊んだ人は多いはずだ。そう、鉛筆といえばたいがいが六角形でできている。 しかし…同じ鉛筆でも色鉛筆ではどうだろう? きっと六角形の色鉛筆なんて、見たことがない人がほとんどではないか。 …色鉛筆は丸いがために転がりやすく、よく床に落として芯を折っていた覚えもある。そう思うとデメリットしかないように感じるが…どうして、色鉛筆は丸いのが普通なんだ? 今回はそんな鉛筆と色鉛筆の形状のトリビアを紹介しよう! 【生活雑学】鉛筆は六角形なのに、色鉛筆が ...

国会には酸素ボックスがあるという雑学

日常のうんちく

なぜ?国会には酸素ボックスがある。税金の無駄遣い…?

酸素濃度を高めることで新陳代謝を活性化し、1時間ほどで疲労を回復させてくれる酸素カプセルは、トップアスリートの御用達アイテムだ。 逆にいうとアスリート以外が使っているイメージはあまりない。最近は酸素カプセルサロンなるものが徐々に出来始めているようだが、まだまだ浸透していないのでは? というのが正直な感想だ。 そんな折…スポーツとはまったく無縁そうな国会議事堂に、「酸素ボックス」なるものがあるという噂を聞いた。マジで…? まさか税金でそんな贅沢品を…? いやいや、何か事情があるに違いない! 今回はそんな国会 ...

爪楊枝の尖ってないほうに溝があるのはなぜ?に関する雑学

日常のうんちく

なんのために…?爪楊枝の尖ってないほうに"溝"があるのはなぜ?

タコ焼きを買えば必ずついてくる爪楊枝。ちょっとフルーツを食べるのに使えば、手を汚さずに済む爪楊枝。食後の口内ケアに欠かせないという人もいるだろう。 このように爪楊枝は、もっとも身近といっても過言ではない日用品だ。身近すぎて気に掛けることは少ないかもしれないが、その形状にはひとつ、大きな謎が秘められている。 持ち手の部分にあるあの溝…あれって、いったいなんのためにあるんだ? 溝がなくたって、爪楊枝としての役割は十分に果たすように思えるが…。今回はそんな爪楊枝に関する雑学を紹介していくぞ! 【生活雑学】爪楊枝 ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.