エンタメに関する雑学一覧

座敷わらしはいい妖怪ではない?という雑学

エンタメ

実は恐ろしい?座敷わらしはいい妖怪ではないってホント?

座敷わらしというと、妖怪のなかでもポジティブな印象を持つ人が多いのではないか。言い伝えでは、見た者に幸運をもたらす、住みついた家に富をもたらすなどとされている。 実は筆者もその能力にあやかりたいと思い、駄菓子の詰め合わせを部屋の隅に供えておいたことがある。まあ、結局我が家には来てくれなかったが。…高級菓子のほうがよかったのか? さて、このように一般的にはいい妖怪と認識されている座敷わらしだが、実はそんなにいい妖怪ではなかった!? …というのが、今回のトリビアである。 【サブカル雑学】座敷わらしはいい妖怪で ...

八手三郎・葉村彰子は実在しない脚本家という雑学

エンタメ 意外

架空の人物の正体は?"八手三郎"・"葉村彰子"という脚本家は存在しない

毎年テーマを変えながらも、5人の仲間が1つの悪の組織と戦う「スーパー戦隊シリーズ」。そして『この紋所が目に入らぬか!』という格さんの名台詞でおなじみの「水戸黄門」。 これらのオープニングの原作に、「八手三郎」「葉村彰子」と書かれているのを目にしたことはないだろうか。 私も以前まで、このお二方は実在すると思っていた。しかし調べてみると、この二人は実在していない原作者であり、架空の人物であることが判明した。 ではなぜ、この二人が原作者の名前で出るのだろうか。今回の雑学では、この謎に迫っていくぞ! 【面白い雑学 ...

「アラジンと魔法のランプ」の舞台は中国だったという雑学

エンタメ

"アラジンと魔法のランプ"の舞台になった国はどこ?まさかのアノ国!

ディズニー映画やミュージカルの『アラジン』の原作として有名な『アラジンと魔法のランプ』。 少年アラジンと魔法のランプに宿る魔神の物語は、説話集『アラビアンナイト』に収められた話のひとつだ。 アラビアンナイトは中世イスラム圏で生まれた書物であり、映画やミュージカルのアラジンでもその世界観は再現されている。 しかし意外なことに、原作の『アラジンと魔法のランプ』の舞台はイスラム文化とはまったく無関係だという。え!? じゃあなんでアラビアンナイトに入ってるの…? 今回はそんな『アラジンと魔法のランプ』についての雑 ...

吸血鬼はもともとゾンビのような化け物だったという雑学

エンタメ

なぜ貴族に?吸血鬼はもともとゾンビのような化け物だった

あなたは吸血鬼と聞くと、どのようなイメージを思い浮かべるだろう? 漆黒の衣装にマントを羽織った貴族のような見た目。牙が生えていて、綺麗な女の人の首筋から血を吸う…といった具合だろうか。 このように、今でこそ高貴な雰囲気を連想させる吸血鬼だが、実はもともとは全く違う化け物だった。今回は、そんな吸血鬼の成り立ちにまつわる雑学を紹介しよう。 【サブカル雑学】吸血鬼はもともとゾンビのような化け物だった 吸血鬼は、本来はゾンビのような化け物だったが、後から発表された文学作品の影響で貴族のようなキャラクターに変化した ...

週刊誌「プレイボーイ」のマークにウサギが使われているのはウサギの性欲が強いからという雑学

エンタメ 盛り上がる

性欲♡週刊誌"プレイボーイ"がウサギのマークなのはなぜ?

成人向けの週刊誌「プレイボーイ」。そのロゴマークといえば、ウサギだ。 どうしてウサギが使われているのだろう。読者層から考えると「バニーガール」からの発想でウサギを採用しているのだろうか? いかにもな発想だが、そんな理由ではない。プレイボーイのロゴマークは、可愛らしいウサギの意外な一面から採用されたものだ。今回はそんなウサギの習性に関する雑学を紹介しよう。 【面白い雑学】週刊誌「プレイボーイ」のマークにウサギが使われている理由は? 「プレイボーイ」のマークがウサギなのは、ウサギの性欲が強いから。ウサギは年中 ...

エンタメ 笑える

黒柳徹子はセーラームーンのコスプレをしたことがある【徹子の部屋】

  テレビ朝日系列で、正午に放送されている長寿トーク番組「徹子の部屋」。黒柳徹子のトーク力はもちろん、ゲストとの会話も面白い。 そして、時に黒柳徹子は視聴者を驚かせるパフォーマンスをすることもある。その1つがコスプレだ。実は、黒柳徹子は「徹子の部屋」にて、あるヒロインのコスプレをしたことがある。 今回は、そんな驚きの雑学を紹介しよう。 【面白い雑学】黒柳徹子は「徹子の部屋」で、セーラームーンのコスプレをしたことがある 黒柳徹子は、当時のゲスト・小沢昭一(おざわしょういち)の提案で、「徹子の部屋」 ...

エンタメ 意外

そっくりなのに!?阿佐ヶ谷姉妹は血の繋がった姉妹ではない

女性お笑いコンビは数多くいるが、ここ数年ジワジワときているのが阿佐ヶ谷姉妹だ。ピンクのドレスがトレードマークの彼女たち。どこか共感できる「おばさんネタ」にクスッと笑ってしまった人も多いだろう。 そんな阿佐ヶ谷姉妹だが、実は2人のあいだに血縁関係はない。本当の姉妹だと思っていた人も多いのでは? 今回は、阿佐ヶ谷姉妹の雑学を紹介していくぞ。 【面白い雑学】阿佐ヶ谷姉妹は本当の姉妹ではない そっくりな阿佐ヶ谷姉妹だが、実は赤の他人だった! 【雑学解説】阿佐ヶ谷姉妹は姉妹設定のコンビである 阿佐ヶ谷姉妹は、渡辺江 ...

NHKキャラクター「どーもくん」は日本よりアメリカで大人気という雑学

エンタメ

掲示板で海外デビュー!NHKの"どーもくん"は日本よりアメリカで大人気

どーもくんは、NHKのBS放送開始10周年を記念して作られたイメージキャラクターで、誕生したのは1998年の12月22日だ。初登場から20年以上が経過したが、現在ではNHK全体のイメージキャラクターに出世している。 そんなどーもくんだが、なんと日本よりもアメリカを中心とした海外で大人気だという。どーもくんが海外で人気になった理由は、ある戦略にあった。 今回は、どーもくんは日本よりもアメリカで大人気だという雑学についてご紹介しよう。 【サブカル雑学】NHKキャラクター「どーもくん」は日本より海外で大人気 ど ...

フランケンシュタインは怪物の名前ではなく、博士の名前という雑学

エンタメ 意外

怪物じゃない?"フランケンシュタイン"は原作では"博士"の名前

西洋の代表的なお化けの1つ・フランケンシュタイン。四角い輪郭に、ボルトの刺さった頭が特徴的な怪物をイメージする人は多いだろう。 しかし、「フランケンシュタイン」という名前は、もともと怪物の名前ではない。それでは、いったい誰の名前だったのだろうか? そしてなぜ、怪物の名前が「フランケンシュタイン」になったのだろうか? 今回は、そんな雑学を紹介しよう。 【面白い雑学】フランケンシュタインは怪物の名前ではなく、博士の名前 フランケンシュタインというのは、現在私たちがよく知る怪物を生み出した博士の名前。怪物自身に ...

エンタメ 笑える

早朝バズーカはNG…?高田純次はオーストラリアでは指名手配犯

もし、「日本で1番真面目な有名人といえば?」という質問があれば、その回答は人によってバラバラになるに違いない。しかし、「日本で1番テキトーな有名人といえば?」という質問ならば、圧倒的支持率? を誇る人物がいるだろう。その名は、高田純次。 その発言や行動はいつもテキトーであるが、日本中の誰もがそのテキトーさを受け入れており、憎めないキャラとして親しまれている。 しかし、高田純次はそのテキトーさゆえに、海外ではいろいろと問題を起こしているらしい。なんと、オーストラリアでは指名手配までされている! 高田純次はオ ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.