スイーツ・お菓子の雑学一覧

雑学の中でもスイーツとお菓子の雑学を集めてみました。

洋菓子・和菓子・アイスなどなど、生活に欠かせないヤツら…。

そんなスイーツとお菓子に関するトリビアをどうぞ!

人気の雑学


R18!?ティラミスの由来はかなりアダルトな世界だった【スイーツ】

続きを見る


「白い恋人」の類似品が大量にあるという雑学
"白い恋人"に激似ッ…な類似品が全国にある。権利関係は大丈夫…?

続きを見る


「半殺し」「皆殺し」は料理の用語という雑学
おはぎが由来…!"半殺し・皆殺し"は料理用語だった

続きを見る

 

新着記事

饅頭(まんじゅう)と大福の違いに関する雑学

スイーツ・お菓子

餡がカギ!饅頭(まんじゅう)と大福の違いとは?

左:饅頭 右:大福 ふっくら食べ応えがあって幸せになるおやつ…饅頭(まんじゅう)。温かいお茶と一緒にいただくと、心もホッとする。真っ白いふくふくとした大福とともに、和菓子系おやつの代表格である。 …というか饅頭と大福って、一見するとほぼ同じに見えるが…何か違いがあるのだろうか。どちらもアンコが入っていて、甘くて丸いイメージだが。大福は餅の仲間…? それなら饅頭の皮って何でできてるの? 【食べ物雑学】饅頭(まんじゅう)と大福の違いとは? 饅頭は小麦粉の皮、大福は米粉の皮を使って餡を包んだもの。大福の餡が小豆 ...

饅頭(まんじゅう)の種類が多すぎるという雑学

スイーツ・お菓子

どのくらいわかる?饅頭(まんじゅう)の種類が多すぎる…

定番のもみじ饅頭 温泉のおみやげ定番といえば温泉饅頭(まんじゅう)だ! 筆者は甘党なので大喜びするのだが、甘いものが得意でない家族は「また温泉饅頭?」と文句をいうことがある。じゃあ何ならいいの? と聞いたところ、「肉まん」という返事が返ってきた。 肉まん。想像していた答えとは違ったが、確かにヤツも饅頭には違いない…そしてふと思った。饅頭ってどれくらい種類があるのだろう。同じような大福は甘い物しかないのに、饅頭…もしかしてすごいんじゃないか…? 【食べ物雑学】饅頭(まんじゅう)の種類が多すぎる 大きく分ける ...

桜餅と柏餅の歴史についての雑学

スイーツ・お菓子

江戸時代に誕生!桜餅と柏餅の歴史とは?

春の和菓子、桜餅と柏餅。スーパーで見かけると思わず買ってしまうという人もいるかもしれない。 では、その歴史について知っているだろうか? どちらも江戸時代に誕生した和菓子で、その歴史は長い。しかし、誕生の仕方はまったく違っていた。 今回は、桜餅と柏餅の歴史についての雑学をお届けしよう! 【食べ物雑学】桜餅と柏餅の歴史について 桜餅と柏餅、どちらも江戸時代に流行した和菓子! 【雑学解説】桜餅の歴史について 桜餅は江戸時代・享保2年ごろ、長命寺というお寺で寺男として働いていた「山本新六」という人物が、タルで塩漬 ...

桜餅の葉は「食材」、柏餅の葉は「器」という雑学

スイーツ・お菓子

食べられる?"桜餅の葉っぱ"と"柏餅の葉っぱ"の違いは?

左:桜餅 右:柏餅 「和菓子」といっても、その種類はじつに多い。和菓子のなかでも時期になると、スーパーなどで季節コーナーが作られ、ひんぱんに見られるものとして「桜餅」と「柏餅」がある。 それぞれを包んでいる「葉っぱ」だが、桜餅と柏餅で役割がちがうことは、ご存じだろうか? 桜餅の葉っぱは食べ物として口に入れてもなんら問題はない。いっぽうで柏餅の葉っぱは、そもそも食べるものではないらしい!? 今回は、これらふたつの春の和菓子について調べたので、ご紹介しよう! 【食べ物雑学】桜餅の葉は「食材」、柏餅の葉は「器」 ...

みたらし団子は「御手洗団子」が由来という雑学

スイーツ・お菓子

下鴨神社が発祥!みたらし団子は"御手洗団子"が由来

みたらし団子。ほんのり焦げたお団子に、からみつく甘い醤油だれ。私は小さい頃からみたらし団子が大好きだった。 田舎暮らしの私は、たまに都会に連れて行ってもらったとき、お土産はおしゃれなケーキではなく、有名店のみたらし団子をねだって買ってもらった。そんな大好きなみたらし団子が、漢字で書くと「御手洗団子(みたらしだんご)」となると知ったのは、ずいぶん大人になってからだ。 知らない人が読むと「おてあらいだんご」と読んでしまう危うさ…。「御手洗」という漢字は、団子の形状や味には関係してなさそうだ。では、なぜこの漢字 ...

「シュークリーム」は英語だと違う意味になるという雑学

スイーツ・お菓子 笑える

気をつけろッ!"シュークリーム"は英語だと違う意味になる

ある日、英会話教室のネイティブ講師に「好きなスイーツは何?」と聞かれた私は、前日に食べたシュークリームを思い出していた。 「シュークリームって、英語でもそのままシュークリーム?」 ふとそんな疑問を感じたが、「シュークリーム」と答えた。すると「シュークリーム?本当に?」と、一瞬で怪訝そうな顔をする講師。 ここで「あ、何か間違えたな。」と気づいた私は、「食べたのはこれだよ。」と大人しくシュークリームの画像をみせることに。 「あ〜cream puffのことね!」 えっクリームパフ? 何、それ? そして、ネイティ ...

「柿の種」はアクシデントから誕生したという雑学

スイーツ・お菓子

元祖は亀田製菓じゃない!"柿の種"はアクシデントから誕生した

宅飲みおつまみの定番といえば、あなたは何を思い浮かべるだろう。ポテチやサキイカなんかもいいけど、やっぱり柿の種! という人も多いはずだ。 ピリッとした味わいがお酒のいいアクセントになるし、お米が原料だからか、小粒な見た目の割には食べ応えもある。そしてあの細長く尖がった形も食べやすくてどんどん手が伸びてしまう…。 そう、柿の種のヒットには、あの形が欠かせなかったといえるが、実はあの形になったのは、創業者の大ピンチとも取れるアクシデントからだったという。今回はそんなヒット商品・柿の種のトリビアを紹介しよう! ...

「大学いも」の由来に関する雑学

スイーツ・お菓子

大学いもの由来とは?大正時代の東大前からブームが爆誕!

スーパーのお惣菜コーナーでよく見かける大学いも。甘くて子どもが喜ぶおやつになるのはもちろん、そのまんまいもなので、腹持ちもいい。かゆいところに手が届く和スイーツである。 そのネーミングにしても、いかにも日本のお菓子っぽいし、なんだか頭もよくなりそうでいいではないか! …しかし、いわれてみればなんで大学いもっていうんだ? 大学要素なくないか? なんて思っていたが、その理由は単純明快! 大学とも意外な繋がりがあったぞ! 【食べ物雑学】「大学いも」の由来とは? 大学生を中心にブームになったから「大学いも」。 【 ...

フルーツポンチは千疋屋が考案したスイーツという雑学

スイーツ・お菓子

海外発祥じゃない!フルーツポンチは千疋屋が考案したスイーツ

フルーツポンチといえば、給食に登場することもあって、老若男女なじみの深いデザートのひとつである。瑞々しいフルーツと甘いシロップの組み合わせは、サッパリしていてとてもおいしい。 今回はそんなフルーツポンチの発祥に関するトリビアだ。あなたはこのデザートがどの国で生まれたかを知っているだろうか? また子どもの食べ物だと思っていた人は、少し意外な一面も垣間見るはずだぞ。 【食べ物雑学】フルーツポンチは千疋屋が考案したスイーツ 1923年、売り上げに悩んでいた千疋屋二代目社長が、ヨーロッパのお酒にフルーツを入れて提 ...

かっぱえびせんの「かっぱ」に関する雑学

スイーツ・お菓子

商品開発のルーツ。かっぱえびせんの"かっぱ"ってなに?

「やめられないとまらない」でおなじみのかっぱえびせん。本当に食べ出したらやめられないから、このフレーズも言い得て妙だ。新商品が数多く開発されるなか、昔から変わらず、長く愛され続けているお菓子のひとつである。 ところで…おいしいのは重々承知だが、ひとつ気になることがある。なんで「かっぱ」なんだ? カッパって、あの妖怪のカッパだよね? まさかカルビーの工場には本当にカッパが住んでいて、かっぱえびせんの製造に携わっているとか…。 そんなわけはないが、小さな子どもに教えたら本気で信じそうだ。今回はそんなかっぱえび ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.