人体雑学

免疫力がアップする入浴方法は"古代ローマ式"!冷たいシャワーが効果的?

免疫力がアップする入浴方法がある?という雑学

皆さんは風邪を引いていないだろうか。今は引いていなくても、風邪を引きやすくて困っているという人もいるだろう。そんな人におすすめの対策がある。

その対策とは、入浴方法を古代ローマ式に変えるというものだ。これは、古代ローマで行われていたお湯と冷水に交互につかるという健康方法だ。

今回紹介する雑学である、この古代ローマ式の入浴方法によって免疫力がアップするかもしれない。風邪を引きやすい体質の人は必見かも…!

【人体雑学】免疫力がアップする入浴方法がある?

お湯と冷水に交互につかる古代ローマ式の入浴方法を利用すると、免疫力がアップするかもしれないのだ。私たちが試すのであれば、入浴後に冷たいシャワーを浴びることで代用できるだろう。

【雑学解説】古代ローマ式入浴法が免疫力をアップしてくれるかもしれない

日本のいいところ。"いただきます"の習慣と概念は海外にはないというトリビア

オランダの大学病院が、冷水シャワーの効果について調べた研究がある。なんとも面白い研究だ。この実験では、18歳~65歳の男女3018名を対象にして、4つのグループに分けて行われた。

  1. 熱いお風呂に入浴した後に、30秒間冷たいシャワーを浴びるグループ
  2. 熱いお風呂に入浴した後に、60秒間冷たいシャワーを浴びるグループ
  3. 熱いお風呂に入浴した後に、90秒間冷たいシャワーを浴びるグループ
  4. 熱いお風呂に入浴するだけのグループ

参加者には、熱いお風呂には好きな時間だけ入ってもらい、その後の冷たいシャワーを浴びる時間だけ変えて調べてみたのだ。ここでの冷たいシャワーの温度は、10℃~12℃くらいに設定されている。

この入浴方法を30日ほど続けてもらい、その後の90日を観察した。

その結果、古代ローマ式入浴法(熱いお風呂からの冷たいシャワー)を試した1~3のグループは、試さなかった4のグループよりも、会社の病欠が29%減ったのである。

さらに、この古代ローマ式入浴法と定期的な運動を組み合わせると、病気にかかる確率が54%も減ったのだ。単純な方法ながら、非常に効果が出ている。

そして、この病気予防の効果は女性よりも男性の方が効果は大きかったのである。これは不思議だ。

免疫力がアップする理由がわかれば、男女に差が出る理由も分かるかもしれないが、今のところ免疫力がアップする理由自体が不明である。

ちなみに、冷水を浴びる時間によって効果に違いはなかったので、冷たいシャワーは30秒浴びれば十分だろう。

ただし、心臓の弱い人などにはおすすめできないので、ご自身の体調を判断したうえで試してみてほしい。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】冷え性改善の333入浴法にはダイエット効果もある?

冷え性改善の333入浴法にはダイエット効果もあるというトリビア

冷え性を改善する入浴法として、333入浴法という反復浴がある。具体的にどんな方法かを紹介しよう。

  1.  41℃~42℃程度の熱めのお風呂に肩までしっかり浸かって3分間入る
  2.  お風呂から出て、体や頭を洗うなど3分間過ごす。
  3.  これを3セット繰り返す。

これだけの単純な方法である。しかし、熱めのお風呂に肩までしっかりと入ることで体に水圧がかかって、お風呂から出たときに一気に血行が良くなり、冷え性を改善してくれるのだ。

そして、この333入浴法をすると約300kcalも消費するといわれており、ダイエット効果も期待できるかもしれない。

冷え性の人やダイエットを考えている人には、こちらの333入浴法がおすすめである。

効果をしっかり得るためのポイントとしては、肩までしっかりと入ることと、水分補強をしっかりとすることである。血行がすごく良くなって代謝があがり、汗が出やすくなるので脱水症状には気をつけよう。

【追加トリビア②】その他の3つのおすすめ入浴方法

その他の3つのおすすめ入浴方法についてのトリビア

他にもおすすめの入浴方法がいくつかあるので紹介しよう。

① 寝浴

もし浴槽が長いお風呂があれば、浴槽のふちに首を乗せて寝る寝浴がおすすめである。胸を水面近くに浮かせるようにして、37℃前後のぬるま湯に20分~30分ほど横たわって入浴するのだ。

ぬるま湯は副交感神経を優位にしてくれるため、不眠症やストレス解消に効果が期待できる。

② 手浴

洗面器などに40℃~42℃程度の熱めのお湯を入れて、両手首をひたし、15分間くらい温める方法である。

手浴は、手・腕・肩のだるさを解消し、肩こりを解消してくれる効果が期待できる。同時に手のひらをマッサージすると、より効果的になる。

③ 足浴

深めのバケツに40℃~42℃程度の熱めのお湯を入れて、両足を足首までつけ、15分間くらい温める方法である。

立ち仕事や一日中歩き回る仕事などで、足が疲れているときや、むくみを解消したいときにおすすめである。テレビを見ながら、本を読みながらなど、手軽にできるので試してみてほしい。

トリビアまとめ

免疫力がアップする入浴方法は"古代ローマ式"!冷たいシャワーが効果的というトリビアまとめ

今回は免疫力を上げてくれる古代ローマ式入浴法についての雑学をご紹介した。

お風呂上がりの冷たいシャワーが免疫力を高めてくれるかもしれないことがわかった。30秒くらいであれば、火照った体を冷ますのに、ちょうど気持ちいい感じになりそうである。

風邪を引きたくない方は早めに試してみて、免疫力を高めておくのも良いかもしれない。

また、冷え性改善やダイエットを目的とするならば、333入浴法も良いだろう。入浴時間はわずか9分でウォーキング1時間分くらいのカロリーを消費するので、運動が苦手な人には特におすすめである。

ぜひ、皆さんの目的に合わせて、それぞれの入浴方法を試してみてほしい。

関連雑学

毎日のように湯船につかるのは日本だけという雑学
日本が珍しい!?海外ではほとんど湯船に浸からない【お風呂】

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.