世界No.1の雑学一覧

世界でも最も速い魚はカジキマグロという雑学

世界No.1

世界でも最も速い魚はカジキマグロ。最速の種類は?

カジキマグロ カジキマグロ。その名を聞くと何を想像するだろうか。スーパーに並ぶ刺身を思い浮かべるだろうか。それとも竜田揚げか、はたまたスポーツフィッシングの対象魚だろうか。 いずれにしても、カジキマグロが他の魚より優れている"ある部分"についてはすぐに出てこないだろう。今回はそんなカジキマグロの秘密について紹介していくぞ! 【動物雑学】世界でも最も速い魚はカジキマグロ  世界一泳ぐのが早い魚はバショウカジキで、その速さはなんと時速110kmにもおよぶ。 【雑学解説】カジキマグロの種類 実はカジキマグロは、 ...

世界で一番大きい木造建造物に関する雑学

世界No.1

東大寺じゃなくなった!世界で一番大きい木造建造物は?【動画】

メトロポール・パラソル 大きい木造建造物を見て、その建築技術の高さに関心する人も多いと思う。鉄骨みたいなカチコチの素材ではないのに大きな建物を建てきるのはすごい…! 日本にも優れた木造建築はたくさんあるが。はたして世界一大きいものというとどんな建物なのだろう。やっぱり昔から歴史ある木造建造物の多い日本の建物だろうか? 今回は、木造建造物の大きさ世界一についてご紹介するぞ。 【世界雑学】世界で一番大きい木造建造物は? 世界一番大きい木造建造物は、スペインの「メトロポール・パラソル」 【雑学解説】従来、世界で ...

世界で一番高いところにある湖は「チチカカ湖」という雑学

世界No.1

3000m超え!世界で一番高いところにある湖は"チチカカ湖"

チチカカ湖。スケールすごい。 人類の飽くなき探求心は、現在の世界の発展に大きく貢献してきた。 そんな底知らずの探求心をもつ私たち人類は、とにかく「世界一〇〇な〇〇!」や「日本一〇〇な〇〇!」など、世の中のあらゆるもののランキング1位を知りたがるものだ。 今回は数々の先人たちに習い、世界一高い場所にある湖を調べたので、皆さんに紹介していこう! 【世界雑学】世界で一番高いところにある湖は「チチカカ湖」 チチカカ湖は、船が通ることのできる湖としては世界最高で、湖面標高3,812mの場所にある。 【雑学解説】チチ ...

世界で一番古い高等教育機関はエジプトのアル=アズハル学院という雑学

世界No.1

1000年前!世界で最も古い大学はエジプトの"アル=アズハル学院"【動画】

高等教育機関は専門的な研究をするところだ。政治・経済・文学・科学・工学などなど、さまざまな研究が行われている。 日本の高等教育機関である大学へ行くために、日々がんばって勉強に励まれている人も多いだろう。そんな学術的発展の場でもある高等教育機関は、いったいいつどこで始まったのだろうか? 今回は、世界で最初の高等教育機関についての雑学を紹介するぞ。その始まりはなんと、アフリカ北部のあの国にあるようで…?! 【世界雑学】世界で一番古い高等教育機関はエジプトのアル=アズハル学院 世界最古の高等教育機関と呼ばれるア ...

世界一標高の高い国「レソト王国」に関する雑学

世界No.1

絶景が満載…!世界一標高の高い国"レソト王国"とは?【動画】

ハイジ感がスゴい「レソト王国」の風景 南アフリカに位置する「レソト王国」は、「アフリカのスイス」「天空の王国」などと呼ばれる国である。「いや、スイスはヨーロッパでしょ」なんてツッコミはご遠慮願いたい。そのぐらい、美しい景色が見られるということである。 そんなに綺麗なのか…と興味をそそられるところだ。そしてレソト王国の景色が美しいことには、世界に誇れるとある理由がある。日本人には想像もつかないその暮らしに、きっと憧れるはずだぞ! 【世界雑学】世界一標高の高い国「レソト王国」とは? レソト王国は国土のほとんど ...

世界一塩辛い湖に関する雑学

世界No.1

塩分濃度が濃すぎ!世界一塩辛い湖はどこ?【動画あり】

唐突だが筆者は「湖」と聞くと、どうしてもチャイコフスキーの「白鳥の湖」が脳内を流れる。定番のバレエ音楽だが、アニメ「魔法使いサリー」で白鳥の湖をテーマにした回があり、強く印象に残っているからだ。 そんなことはさておき、今回のテーマは白鳥の湖ではなく、「世界一塩辛い湖」である。湖といえば、清らかな水であふれているイメージだが、なかには塩分を含んだ「塩湖」というのがあるのだ。 とくに世界一の塩辛いという湖は驚くほど塩分濃度が高いという。そんな面白そうなネタを調べずにはいられない。ということで、さっそくこの雑学 ...

ミシュランタイヤでお馴染み”ミシュランマン”の本名はビバンダムくんという雑学

世界No.1

最古のマスコット。"ミシュランマン"の本名は?【ミシュランタイヤ】

突然だが、フランスのタイヤメーカー・ミシュランのマスコットキャラクターをご存じだろうか? 真っ白なずんぐりボディにかわいい目が特徴的な、あのキャラクターである。イラストを見れば「ああ、あれね」と思い出す方もいるはずだ。 このキャラクターの名前は「ミシュランマン」といい、ミシュランの公式日本語サイトをチェックすると、この名前が書かれていることが確認できる。アメリカなどの海外でも「ミシュランマン」と呼ばれているが、実は本国フランスの本名では、名前が違うという。 今回の雑学では、そんな「ミシュランマン」の歴史に ...

世界一歩くのが速い国に関する雑学

世界No.1

日本は何位?世界で一番"歩く速度が速い国"はどこ?

若い頃と比べると、ずいぶんせっかちになったような気がする。スーパーで買い物するときも、レジ係の要領の悪さにイライラするし、エレベーター扉の閉まるスピードが遅くて、閉ボタンを何回も押してしまう。挙句の果てには、前にいる人の歩く速度に合わせるのが無理で、追い抜いてしまう。 こうした傾向は年のせいなのかと思いながら、周りを見てみると、なんと急いでいる人の多いことか。 日本人は比較的せっかちな人が多いのかなと思うが、本当にそうなのだろうか? 面白いことに、世界のどこの街にせっかちな人が多いのかを調べた人がいる。各 ...

世界で一番長く続いた元号は「昭和」という雑学

世界No.1

世界に誇れる時代!日本の"昭和"は世界一長く続いた元号

2019年、元号が変わった。 動画は菅官房長官による「令和」発表の会見だ。 30年続いた「平成」から「令和」へ。平成生まれの筆者は「年号の変わり目」初体験だったのもあり、新しい年号の発表や、元号が変わる瞬間はわくわくが止まらなかった。 過ぎ行く平成に思いを馳せつつ新しい令和に希望を抱く…。崩御(ほうぎょ…天皇陛下が亡くなること)による改元でないこともあり、あの時期は日本全体が新たな時代の幕開けにうきうきしていた気がする。 考えてみれば、年の数え方が変わるだけなのに、あの謎の「新しい時代が来る感」はすごかっ ...

世界で一番低地にある国は「モルディブ共和国」という雑学

世界No.1

天国からいちばん遠い島!世界で最も低地にある国は"モルディブ共和国"

インド洋には「地上の楽園」と呼ばれる美しい島々が浮かんでいる。透き通った青い海に、真っ白の陶器のような砂浜。世界屈指の美しいサンゴ礁。 約1,200の島々から成るモルディブ共和国は、日本でも大人気のリゾート地。常夏の「夢の国」に行けば、絶景と贅沢な時間が手に入る。ひとつの島にひとつのリゾートしかないモルディブでは、その美しさを独り占めできちゃうのだ。まさしくユートピア。 そんなモルディブだが、実は世界のとある「ナンバーワン」をもっているのだ。 今回はモルディブについての雑学をご紹介していくぞ! 【世界雑学 ...

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.