名言・格言

心に響く。ウィンストン・チャーチルの名言70選!人生/深い/夢/英雄の格言もご紹介!

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ウィンストン・チャーチルの名言・格言

この記事では、ウィンストン・チャーチルの名言・格言を集めてみた。

イギリスの政治家であり、第二次世界大戦時の首相。

その人間性と洞察力からイギリスを勝利に導いたその国の英雄。

そんなウィンストン・チャーチルの心に響く名言たちをどうぞご覧あれ。

ウィンストン・チャーチルのプロフィール

ウィンストン・チャーチル

  • 生誕:1874年11月30日
  • 逝去:1965年1月24日(90歳没)
  • 出生地:イギリス
  • 前職:軍人・従軍記者
  • 職業:イギリスの政治家・軍人・作家
  • 受賞:ノーベル文学賞受賞・BBCが2002年に行った「偉大な英国人」投票でも1位に選抜。

スポンサーリンク

ウィンストン・チャーチルの名言・格言

ウィンストン・チャーチルの名言その1

先を見すぎてはいけない。

運命の糸は一度に一本しかつかめないのだ。

二兎を追う者は一兎をも得ずということわざにもあるように、

ここぞというときはたった一つに集中しよう。

ウィンストン・チャーチルの名言その2

成功があがりでもなければ、

失敗が終わりでもない。

肝心なのは、続ける勇気である。

どんなことにも「終わり」はないのだろう。

続けることこそ成功のかたちである。

ウィンストン・チャーチルの名言その3

凧が一番高く上がるのは、風に向かっている時である。

風に流されている時ではない。

なにかに立ち向かっている時が、自分を一番成長させてくれる時だ。

ウィンストン・チャーチルの名言その4

誠実でなければ、 人を動かすことはできない。

人を感動させるには、 自分が心の底から感動しなければならない。

自分が涙を流さなければ、 人の涙を誘うことはできない。

自分が信じなければ、 人を信じさせることはできない。

人を動かすには、まず自分から。

自分の心を動かせない者に、他人の心を動かす力はない。

ウィンストン・チャーチルの名言その5

変転する状況のただ中で、

ひとりの人間が終始一貫性を保つ

ただひとつの可能性は、

すべてを支配する不変の目標に

忠実でありながら、

状況に応じて変化することにある。

一貫性とは変化しないことでなく状況に応じて変化すること。

この世は常に移り変わるもの。変わらない自分でいるためには、それに自分も合わせる必要がある。

ウィンストン・チャーチルの名言その6

決して屈するな。

決して、決して、決して!

心を強くいさせてくれる名言。

いつでもこの名言を心の隅においておきたい。

ウィンストン・チャーチルの名言その7

成功とは、意欲を失わずに失敗に次ぐ失敗を繰り返すことである。

失敗を繰り返すことで人間は成功に近づけるのだ。

スポンサーリンク

ウィンストン・チャーチルの名言その8

現在我々は悪い時期を通過している。

事態は良くなるまでに、

おそらく現在より悪くなるだろう。

しかし我々が忍耐し、

我慢しさえすれば、

やがて良くなることを私は全く疑わない。

つらい時に思い出したい名言の1つ。

事態は必ず変化する。今が悪い状況だというのなら、必ず好転する未来が待っているはずだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その9

事前にあわてふためいて、

あとは悠然と構えているほうが、

事前に悠然と構えていて、

事が起こった時にあわてふためくよりも、

利口な場合がある。

心配性というのは、じつは悪いことばかりではない。

リスクを回避する、とても有能な性質の1つだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その10

大切なことは、

力のない人の言葉が認められることである。

力ない人間が正しいとき、それを良しと認められる心が私たちにはあるだろうか?

常に自分に問いかけていきたい。

ウィンストン・チャーチルの名言その11

夢を捨てるとき、

この世は存在しなくなる。

夢があるから生きられる。

夢を捨ててしまったら、人生なんてあってないようなものだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その12

金を失うのは小さく、

名誉を失うのは大きい。

しかし、勇気を失うことは

すべてを失う。

勇気があれば、何を失っても取り返すチャンスがあるのだ。

しかし勇気を失ってしまってはこの先何も得られないだろう。

ウィンストン・チャーチルの名言その13

権力というものは

…自分自身に錦を飾るためのものである時は、下劣と判断されるのは当然である。

しかし国家存亡の危機に際して、

いかなる命令を下せばよいかを知っていると信ずる者に与えられた権力こそは、

まさに神の賜物である。

権力というものはとても恐ろしいもの。

使い方によって大きな善とも大きな悪ともなる。

ウィンストン・チャーチルの名言その14

全力を尽くすだけでは十分ではない。

時には必要なことをやらなければ。

ただがむしゃらにやるのではなく、頭を使うことが成功のカギである。

ウィンストン・チャーチルの名言その15

短い言葉が最高だ。

なおかつ古い言葉なら、

まったく申し分ない。

先人の簡潔な一言はときに多くの人を動かす。

スポンサーリンク

ウィンストン・チャーチルの名言その16

敵がいる?

良いことだ。

それは、人生の中で何かのために

立ち上がったことがあるという証だ。

これは個人的にかなり元気の出る言葉。

いかなるときも前向きになれるやさしい言葉である。

ウィンストン・チャーチルの名言その17

民主主義は最悪の政治形態らしい。

ただし、これまでに試された

すべての形態を別にすればの話であるが。

どんな政治形態も誰かにとっては得となり、誰かにとっては悪となる。

皆が幸せになる政治はどこかにないものか…。

ウィンストン・チャーチルの名言その18

力や知性ではなく、

地道な努力こそが能力を解き放つ鍵である。

努力の大切さや尊さをうたった名言。

努力に勝る才能はない。

ウィンストン・チャーチルの名言その19

我々は、勝ったから慈悲深くすることができるのだ。

我々は強いから寛大でありうるのだ。

これは強いものは優しく寛大であるべきだというメッセージでもあるし、

強いからこそ人に優しさをふるまえるというメッセージでもある。

ウィンストン・チャーチルの名言その20

完全主義では、何もできない。

完全なんてものはこの世には存在しない。

望みすぎると何も成し遂げられない。

ウィンストン・チャーチルの名言その21

前向きな考え方をする者は、見えないものを見て、

実体のない者を感じ取り、不可能思われることを実現する。

前向きであることがいかに大切かを説いた名言。

不可能を可能にするのはいつだってポジティブな心だ。

ウィンストン・チャーチルの名言その22

世間は嘘であふれているが、いちばん困るのはそのうち半分は本当だということである。

嘘を嘘だと見抜くことは容易だが

嘘のような本当の気持ちを見抜けるかどうかがカギとなる。

スポンサーリンク

ウィンストン・チャーチルの名言その23

勇気を失うことはすべてを失うことだ。

やはり勇気が何より大切なのだろう。

勇気がなければ何も行動できない。

ウィンストン・チャーチルの名言その24

資本主義の欠点は、

幸運を不平等に分配してしまうことだ。

社会主義の長所は、

不幸を平等に分配することだ。

政治家ならではの名言。

幸運を平等に分配する政策はないものか…。

ウィンストン・チャーチルの名言その25

私はいつでも学ぶことをいとわないが、

教えられるのをいつも好むわけではない。

学ぶだけでなく、試して理解する時間も必要だ。

ウィンストン・チャーチルの名言その26

向上とは変化である。

完全になるとは、しばしば変化することである。

この世は自分が何もしなくても変わっていくもの。

完全であるためには自分も世の変化に合わせて変化しなければいけない。

ウィンストン・チャーチルの名言その27

幾度となく過ちを犯すだろう。

だが、寛大で誠実で情熱を持っていれば、

世界を傷つけることも深刻に悩ませることもない。

過ちを犯さない人間などいない。

その問題が深刻なものになるかならないかはその人の心にゆだねられるのだろう。

ウィンストン・チャーチルの名言その28

我々は得ることで生計を立て

与えることで生きがいを作る。

温かい世の仕組みを説いた名言。あるべき世界の姿である。

ウィンストン・チャーチルの名言その29

築き上げることは、

多年の長く骨の折れる仕事である。

破壊することは、

たった一日の思慮なき行為で足る。

諦めるとき、投げ出すとき、壊すとき。

この格言を思い出したい。

ウィンストン・チャーチルの名言その30

もしも地獄の真っ只中にいるのなら、

そのまま突き進むがいい。

そのまま突き進めばいつかは明るい世界に出られるはず。

そのままおびえてとどまっていてはいつまでたっても地獄のままだ。

スポンサーリンク

ウィンストン・チャーチルの名言その31

何が本当に自分の利益であるか、

ということを知ることは容易ではない。

大切なものはいつだって簡単には見えないし手に入らない。

私たちにできることは、チャンスを逃がさないようにできるだけ目を研ぎ澄ませておくことだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その32

今は終わりではない。

これは終わりの始まりですらない。

しかしあるいは、始まりの終わりかもしれない。

どんなときも、終わりだとすれば序章の終わりに過ぎない。

まだまだ未来は長い。

ウィンストン・チャーチルの名言その33

愉快なことを理解できない人間に世の中の深刻な事柄がわかるはずがない。

個人的にとても好きな名言だ。

ただまじめなだけでは魅力もあまりないしね。

ウィンストン・チャーチルの名言その34

好転する前には、

悪化するという段階もあり得る。

悪いことが起こっている時、もしかしたらいいことが起こる前触れかもしれない。

この名言を心に留めて立ち向かっていきたい。

ウィンストン・チャーチルの名言その35

悲観主義者はあらゆる機会の中に

問題を見いだす。

楽観主義者はあらゆる問題の中に

機会を見いだす。

本当にその通りだと感じるこの格言。

楽観主義者であることが幸福をつかむカギとなるのだろう。

ウィンストン・チャーチルの名言その36

私は楽観主義者だ。

それ以外のものであることは、

あまり役に立たないようだ。

やはり楽観主義者であることが人生を成功っさせるカギとなるようだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その37

正直であることは立派なこと。

しかし正しくあることも大事だ。

正直であることと正しくあること。

一見イコールであるようにも思えるが、実はそうじゃないときもある。

きちんとその時その時の正しいことを見極めていきたい。

スポンサーリンク

ウィンストン・チャーチルの名言その38

難しい手段、不可能と思われるような手段まで考えておくことだ。

いつ何が起こるかわからない。

思ってもみなかったことが思ってもみなかった場面でいきてくることもあるぞ。

ウィンストン・チャーチルの名言その39

一度剣を抜いた以上は、息が絶えるまで、

勝利を完全に手中に収めるまで

剣を捨ててはならぬ。

戦うと決めたのなら最後まで戦い抜く。

そして必ず勝利するのだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その40

孤独な木は、仮に育つとすれば丈夫に育つ。

1人で頑張った者はそれだけの知識や精神力が養われている。

とても優秀な人材だ。

ウィンストン・チャーチルの名言その41

危険が身に迫ったとき、逃げ出すようでは駄目だ。

危険や困難を乗り越えてこそ、得られるものもたくさんある。

ウィンストン・チャーチルの名言その42

人生最大の教訓は、

愚かな者たちでさえ

時には正しいと知ることだ。

どんなときも人で判断してはいけない。

物事や発せられた言葉の本質を見るべきである。

ウィンストン・チャーチルの名言その43

日々正直に行動することが、

成功に達する最も確実な道だ。

自分に正直に生きること。

幸福をつかむうえでなくてはならないことだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その44

重要なポイントを突くときは、

如才なくやろうとか

巧妙にやろうとか思ってはいけない。

ポイントを一突きせよ。

超ヤリ手ウィンストン・チャーチルからのアドバイス。

ここぞというとき、忘れず生かしたい。

ウィンストン・チャーチルの名言その45

私の業績の中で最も輝かしいことは、

妻を説得して私との結婚に同意させたことである。

これだけたくさんの偉業をなしたウィンストン・チャーチル。

そんな彼のこの言葉は本当に愛にあふれている。

スポンサーリンク

ウィンストン・チャーチルの名言その46

世界とは、

若者にくどかれ勝ち取られるためにある。

いつでも後世につないでいくことでこの世界は回っているのだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その47

行動する事は少しも恐れはしない。

恐れるのは、ただ無為に時を過ごす事だけだ。

無意味に時間を過ごすことは本当にもったいないこと。

一度きりの短い人生、悔いのないように行動していこう。

ウィンストン・チャーチルの名言その48

何かをあきらめる前に、一日中それについて考えてみなさい。

一度諦めてしまうと再びチャンスをつかむのはかなり至難の業。

1日中本当にあきらめてよいかじっくり考えるくらいしないと、もったいない。

ウィンストン・チャーチルの名言その49

老人は死の床でこう言ったのだ。

生きている間には数々の心配ごとがあったが、

その心配が当たったことはほとんどなかった。

人生、心配しても杞憂で終わることだらけだ。

案外悪いようにはめったにならないことばかりだぞ。

ウィンストン・チャーチルの名言その50

私が義務感と信念に基づいて行動している限り、

いくら悪口を言われようと何ともない。

害になるよりはむしろ益になるくらいだ。

自分の信念がしっかりあってそれを曲げない限り

他人に何を言われても気にする必要はない。

ウィンストン・チャーチルの名言その51

復讐ほど高価で不毛なものはない。

復讐なんていいことなしだ。許すことは偉大である。

ウィンストン・チャーチルの名言その52

人は得ることで生活を営むことはできるが、

人に与えることで真の人生を生きることができるのだ

人に与える喜びは得る喜びを上回る。

本当の意味でこれを理解できて初めて本当の幸福を得るのだろう。

スポンサーリンク

ウィンストン・チャーチルの名言その53

いらぬ取り越し苦労をするよりも、

前もって考えたり計画するほうが大事だ。

前もって計画していれば、いらない心配も軽減できる。

先回りした計画的思考は大事である。

ウィンストン・チャーチルの名言その54

たとえ生死の境にあって、

気持ちが極度に張りつめている時でさえも、

他人の人生を思いやり、

人類を支配する法則とは何であるかを考えてみるとすれば、

必ず何らかの報酬が返ってくる。

人のことを考える。

どんなときにも役立つのは、人を思いやる優しい心だ。

ウィンストン・チャーチルの名言その55

もしあなたが、過失を擁護する態度をとるだけであれば、

進歩の望みはないだろう。

誰にでも、過失があるのは当たり前。

きちんと悔い改め、次はないように考え行動することが大切だ。

ウィンストン・チャーチルの名言その56

勇気とは、起立して声に出すことである。

勇気とはまた、着席して耳を傾けることでもある。

立ち向かうだけが勇気ではない。

とても胸打たれる名言ではないだろうか。

ウィンストン・チャーチルの名言その57

態度というのはちょっとしたものだが、大きな違いを生み出す。

同じ言葉を述べられても態度次第で受け取り方は格段に変わる。

むしろ言葉よりも態度の方が重要なくらいだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その58

目前にせまった困難や大問題にまともにぶつかること。

そうすればその困難や問題は

思っていたよりずっと小さいことがわかる。

しかし、そこで逃げると、困難は2倍の大きさになってあとで襲ってくる。

これは忘れず心に留めておきたい名言だ。

問題を先延ばしにすることがいかに愚かなことかわかる。

ウィンストン・チャーチルの名言その59

勇気がなければ、他のすべての資質は意味をなさない。

ステキな素質たちは勇気があってこそ生かされる。

人生、勇気はとても大きなカギとなる。

ウィンストン・チャーチルの名言その60

成功とは、失敗を重ねても

やる気を失わないでいられる

才能である。

成功は結果を残すことではない。

成功への過程こそが成功と呼ぶべきものなのだ。

スポンサーリンク

ウィンストン・チャーチルの名言その61

過去をより遠くまで振り返ることができれば、

未来もそれだけ遠くまで見渡せるだろう。

1つ1つの経験を生かすことで未来は開けてくるはずだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その62

人間は真実を見なければならない。

なぜなら真実は人間を見ているからだ。

真実を見ること。

世の中には誘惑や罠も多く、簡単なようで難しいが幸せは偽りからは手に入らない。

ウィンストン・チャーチルの名言その63

未来のことはわからない。

しかし、我々には過去が希望を与えてくれるはずだ。

過去の経験や感情をいかすことで未来は少しの予想ができる。

よりよい未来にしていくために過去の思い出を大事にしよう。

ウィンストン・チャーチルの名言その64

最善を尽くすというだけでは足りないこともある。

最善ではなく、必要とされていることをしなければならないから。

今必要なことが、必ずしも最善なことであるかといえば、違う。

人には様々な状況や事情がある。

自分に厳しくしすぎて見誤らないようにしよう。

ウィンストン・チャーチルの名言その65

立ち止まって吠える犬にいちいち石を投げていては

目標にたどり着くことなどできない。

他人は他人。言いたい奴には言わせておけばいいのだ。

自分の人生は自分だけのもの。

ウィンストン・チャーチルの名言その66

大成功はいつも、

大失敗につながる危険をはらんでいる。

ハイリスクハイリターン!

ときに大胆に、しかしリスクへの対処法も忘れずに用意しておこう。

ウィンストン・チャーチルの名言その67

20代では皆の考えを気にするだろうが

40代になると気にならなくなる。

そして60代にもなると、だれもあなたの考えを気に留めてこなかったことに気づくだろう。

若いほど他人の目を気にしてしまいがちだが、結構みんな人のことなんて気にしていないものだ。

自分の好きなようにいきればいい。

ウィンストン・チャーチルの名言その68

世の中で、最も良い組み合わせは「力と慈悲」

最も悪い組み合わせは「弱さと争い」である。

力と慈悲。これがあれば多くの人を救うことができるのだろう。

優しい権力者は偉大である。

ウィンストン・チャーチルの名言その69

どんなことでも、大きいことでも、小さいことでも、

名誉と良識とが命ずるとき以外は、断じてゆずるな。

自分の考えを譲らずしっかり持つこと。

どんな場面でも重要なことだ。

ウィンストン・チャーチルの名言その70

偉大さの代償は、責任である。

偉大であるなら、自分の言葉行動1つ1つに大きな責任が伴う。

これは政治だけでなく、家族など小さな関係の中でもいえることだ。

ウィンストン・チャーチルの名言・格言まとめ

この記事では、ウィンストン・チャーチルの名言・格言を紹介した。

心に響く深い名言がたくさんあったが、

「勇気がなければ、他のすべての資質は意味をなさない。」

「正直であることは立派なこと。しかし正しくあることも大事だ。」

「敵がいる?良いことだ。それは、人生の中で何かのために立ち上がったことがあるという証だ。」

という言葉が私はとくに印象に残っている。

あなたはどの名言に胸打たれただろうか。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー