役に立つ 暇つぶし

"!?"の読み方、わかる?【感嘆符疑問符】

「!?」は「ダブルダレ」と読むという雑学

漫画や小説のセリフなど、文字で感情を表現する際に「!」や「?」を使用することがとても多い。

たとえば「えっ」という表現なら、「えっ!」や「えっ?」という具合にどのような気持ちで「えっ」と言っているのかが容易に想像がつく。さらに「えっ!?」となればとても大変なことが起こっているんだろうなと思うだろう。

このように使用することが多い「!」や「?」は「ビックリマーク」・「はてなマーク」といった名称で呼ぶことが多いと思われるが、「!?」は何と呼んでいるだろうか?

「!」・「?」と同じく「!?」にも実は名称があるのだ。今回はこの「!?」についての雑学を紹介していこう。

【面白い雑学】「!?」は「ダブルダレ」と読む

正式名称は「感嘆符疑問符」と呼ばれるもの。「ダブルダレ」という読み方もされる。

【雑学解説】「!」も「?」も多くの読み方がある中から誕生した「ダブルダレ」

「!」も「?」も多くの読み方がある中から誕生した「ダブルダレ」についてのトリビア

「ダブルダレ」って誰!? …などと、くだらないことはさておき。ダブルダレという「!?」の読み方は「!」と「?」の読み方から由来している。まずはそこから確認していこう。

「!」は英語では「エクスクラメーションマーク」と呼ばれるマーク。日本語では感嘆符(かんたんふ)ともいわれ、別称は「あまだれ」だ。形が雨粒のようであることからきているという。

そして「?」は「クエスチョンマーク」…これは聞いたことがある方も多いだろう。日本語では疑問符(ぎもんふ)、別称は「みみだれ」だ。こちらは形が耳のようであることからきている。

ここまでくれば何となく気づいた方もいるのではないだろうか。「!」にも「?」にも「たれ」とつく別称がある。

そう、「!?」は「!」と「?」のふたつの「たれ」がダブルで合わさってできているマークであることから「ダブルダレ」と呼ばれるようになっているのだ。…なんだか焼きそばみたいだな。ダブルソース。

ちなみに感嘆符と疑問符を合わせると感嘆符疑問符(かんたんふぎもんふ)という名前になるが、これは「!?」のことである。聞くだけだとややこしそうな名前であるが、意外と覚えやすい名称ではないだろうか?

この「あまだれ」・「みみだれ」・「ダブルダレ」の名称は主に印刷業界で使われることが多い名称だ。他にも印刷用語では「!!」は「ダブルあまだれ」「??」は「ダブルみみだれ」という名前がついている。嘘のようで本当の話だ。

関連雑学

「?」と「!」の由来は人の様子から生まれた?に関する雑学
"?"と"!"の由来には3つの説がある。読み方はわかる?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加トリビア①】もはや意味不明!「!?」を1つに合体させた「インテロバング」というものもある

もはや意味不明!「!?」を1つに合体させた「インテロバング」についてのトリビア

世の中には様々なものがある。なんと「!?」をひとつにした文字も存在するというのだ。

それは「感嘆修辞疑問符」(かんたんしゅうじぎもんふ)または「インテロバング」という文字で、「!」と「?」が重ね合ったかのような姿をした1文字の記号である。これはアメリカ人のマーチン・K・スペクターという人物が1962年に発明したという。

文字で表すとこんな文字である。

「‽」

見えるであろうか? 見えない方のために画像も見ていただこう。

もはや何がなんだか不明なフォルムだ…。使い方は「!?」と同じであるというが、なぜそのような文字が生まれたのだろうか? 

理由は不明である。…2文字分も書くのが面倒くさかったのか? 不思議な文字だ。

【追加トリビア②】「!?」と「?!」は違いはあるの?

さて、ここまで「!?」の名称について書いてきたが、よく漫画などで「?!」と書かれるマークをみたことがある方は多いのではないだろうか。

実は「?!」もちゃんと名称があるのである。…ここまで読んだ方は何という名称かわかってきたのではないだろうか? そう、疑問符感嘆符(ぎもんふかんたんふ)である。

この「!?」と「?!」の違いはなく、こちらも「ダブルダレ」のひとつである。なので、どのように使い分けるのが正解かというものはないのだ。

一般的には驚きが先に起こり、疑問があとから生じるような表現の場合は「!?」を。逆に疑問が先に起こり、驚きが後から来る場合には「?!」を使う、という気持ちで使用すればいいだろう。

トリビアまとめ

"!?"の読み方、わかる?【感嘆符疑問符】についてのトリビアまとめ

「!?」についての雑学、いかがだっただろうか。感情表現をする際に用いられる「!」や「?」が合わさると「!?」となり、ダブルダレという組み合わさった名称になる。

ただのマークにもさまざまな名称がついており、さらにはひとつに合体させた文字もあることがおわかりいただけただろうか。ややこしい、わかりにくい…という方は次のように覚えよう。

あまだれ! みみだれ? ダブルダレ!?

…たぶんこれで完璧である。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.