日常のうんちく

現代社会の闇…。"夜逃げ"よりも"昼逃げ"が増えている理由とは?

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「夜逃げ」は真昼間に逃げる人のほうが多いという雑学

昭和の時代には、借金取りから逃れるため、一家が息をひそめて深夜に引っ越しをする「夜逃げ」が数多くあった。夜逃げを題材にした『夜逃げ屋本舗』という映画もできるほどだ。

夜逃げは読んで字のごとく、夜に行うものだ。人目をさけて、我が家に泣く泣く別れを告げる…そんな切ないイメージがある。しかし実は、最近そんなイメージがくつがえりつつあるのだ。なんと現代の夜逃げは、真昼間に行われることが多いのだという

今や借金の過払い金をとり戻すため、借りた相手と裁判を起こす世の中だ。多重債務から逃れる「夜逃げ」も白昼堂々やってやる! ということだろうか…。

いや…昭和も平成も令和も、夜逃げの後ろめたさに変わりはない。真昼間に逃げる人が増えたのは、昭和の時代にはなかった、現代社会の闇が関係していたのだ…

今回はそんな現代の夜逃げにまつわる雑学をご紹介していこう。

【生活雑学】「夜逃げ」は真昼間に逃げる人のほうが多い

おばあちゃん
「夜逃げ」って聞くと、どんなことをイメージするかい?
孫ちゃん
う~ん…。借金取りに追われて、夜中こっそり逃げるイメージ?
おばあちゃん
最近は身内とか自分に近い人から逃げる夜逃げが増えてるらしくてね、真昼間に逃げる人が多いらしいよ。

【雑学解説】昔は夜逃げ、現代は昼逃げが主流なわけ

昔は夜逃げ、現代は昼逃げが主流なわけについてのトリビア

夜逃げをする人が、そもそもなぜ夜に引っ越ししていたのかというと、相手が悪徳金融業者だからだ。悪徳金融業者だって債務者を24時間体制で見張っているわけではないから、監視のない深夜に夜逃げをするのである

孫ちゃん
うんうん。「夜逃げ」っていったらそのイメージだよね。

貸金業規制法が改正される以前は、消費者金融の金利の上限も29.2%と、現在より高く設定されていた。こういったことから借金が大きく膨らんでしまい、夜逃げをする人々も多かったのだ。

しかし現在は法律が改正され上限金利が20.0%を超えると罰則が与えられるようになった。過払い金請求など、弁護士を通して解決する道もさまざまに示されていて、以前のような多重債務者は少なくなったようだ。

それなら夜逃げはずいぶん少なくなったのでは? と思うかもしれない。しかし現在も形を変えて夜逃げは行われ続けている。なんとその多くは、真昼間に決行されているという。

なぜかというと、相手が金融業者ではなく、身内というパターンが増加しているからだ…

孫ちゃん
え!?どういうこと?

昼逃げをするのはDVやストーカーの被害者

昼逃げをするのはDVやストーカーの被害者についてのトリビア

この夜逃げならぬ「昼逃げ」をするのは、夫からDVを受けている、ストーカー被害に悩んでいるなどの女性が多い現代の夜逃げは借金ではなく、肉体的・精神的苦痛から逃げるために行われるのだ

孫ちゃん
あ…そういうことか…。

こういったケースの場合、相手の監視から逃れられる時間帯は、深夜よりも昼間が多くなる。これは加害者が働きに出ているなどの関係だろう。相手に気づかれないようベストのタイミングを狙うと、自然と昼逃げになるのだ。

「真昼間に夜逃げをする人のほうが多い」というトリビアは、夜逃げを白昼堂々行っているということではなかった。昼逃げは、「たとえ人目につきやすい昼間でも、意を決して逃げるしかない」という、女性たちの地獄からの脱出なのだ。

おばあちゃん
同じ女として、聞くだけでもつらくなってくるねぇ…。

スポンサーリンク

【追加雑学①】昼逃げを成功させるために大事なこととは

昼逃げを成功させるために大事なことについてのトリビア

昼逃げを成功させるために大切なことは、まず決行前に運ぶものを厳選し、コンパクトにしておくことだ。持ち出したいものがたくさんあったとしても、荷物が多くなってしまうのは避けたいところ。

そこで活躍するのが「昼逃げ屋」だ。名前の通り、昼逃げをサポートしてくれる引っ越し屋さんのような存在

昼逃げ屋は周囲に不自然な印象を与えないよう、車もバン2台程度でやってくる。つまり通常の引っ越しとは勝手が違い、持ち出せる荷物の量が限られるのだ。

孫ちゃん
たしかにトラックなんか来たら目立つもんね。

そして重要なのはやはり、相手が昼逃げに気付くことが不可能なタイミングを選ぶこと。夫であれば出勤して電車に乗ったあと、ストーカーであれば相手の行動パターンを研究し、絶対にやって来ない時間帯を把握しておくことだ。

また、子どもを連れて逃げる場合は、保育園や学校に事前に休みの連絡をいれておかなければいけない。「お子さん、今日はどうされましたか?」なんて問い合わせの電話がDV夫の職場にはいったら、一巻の終わりだ。

そして、逃げた先では今までの人間関係をきっぱり断ち切らなければならない。親しい友人や親族でさえも、しばらくは縁を切って暮らさなければ、追ってくる相手に自分を探す糸口を与えることになるからだ。

おばあちゃん
足取りを完全に消さなきゃいけないってことだね…。誰にもいえないなんて…これはつらいねぇ…。
昼逃げの失敗例とトラブル

どんなに用意周到にしたつもりでも、いざ決行となるとそこは人間だ。思いもしないアクシデントで、昼逃げが失敗してしまうことも当然ある

たとえば、感傷的になって作業にもたついているところに、相手が帰ってきてしまったり、相手の行動がいつもと違ったりなどで、昼逃げ作業中に鉢合わせてしまうことがあるのだ。

そうなると修羅場は必然。逃げる車を鬼の形相で追ってくる夫や、逃げる車とカーチェイスを展開するストーカー、車のナンバーから昼逃げ屋をつきとめ、電話をかけまくる不倫相手など、地獄絵図のような展開が待ち受けている…。

孫ちゃん
こ…怖い…。
おばあちゃん
でも実際ストーカー絡みの事件も最近は多いからねぇ。

とにかく逃げると決めたら即決断・即行動が鉄則である。目撃されるような事態だけは、なんとしても避けなければならない!

【追加雑学②】依頼の絶えない「昼逃げ屋」の手厚いサポートとは

依頼の絶えない「昼逃げ屋」の手厚いサポートについてのトリビア

「夜逃げ屋・昼逃げ屋」は現在もたくさんの依頼を受け付けている。表立って動くことはないので、聞いたことがない人も多いと思うが、「便利屋」という看板の業者や、引っ越し業者が裏仕事で請け負っていることが多いようだ

この昼逃げ屋、ただ逃げる手助けをするだけではなく、驚きのサポートをしてくれる。もちろん業者によっても違うが、基本的に以下のような事柄には対応してくれると考えていい。

  • 法律問題に関して弁護士の手配
  • 新しい住居の用意
  • 住民票・健康保険等の届出
  • アリバイ対策
孫ちゃん
すごいね。ただ荷物を運ぶだけじゃないんだ!?

このあたりまでなら、昼逃げを成功させる仕事の一環と捉えてもまだ普通だ。しかしさらに親切な場合もあり、以下のように、引っ越し先での身の周りのお世話までしてくれることもある。…もはや身内より親身なのではないか…

  • 新しい仕事の世話
  • 引っ越し先の学校や病院の紹介
  • 電話・パソコン回線の手配
  • 育児相談・カウンセリング
おばあちゃん
自分に危害を加えるのが身内で、身の回りの世話をしてくれるのが他人…。なんとも悲しい気持ちになるねぇ…。

昼逃げをする当の本人は、逃げ出さなければいけない環境で疲弊しているし、大きな決断をする緊張感などで、冷静な判断はなかなかできないかもしれない。

昼逃げ屋の手厚いサポート体制には、そういった心理状況を念頭に置いたプロ意識が表れているといえるだろう

雑学まとめ

現代社会の闇…。"夜逃げ"よりも"昼逃げ"が増えている理由についての雑学まとめ

夜逃げならぬ昼逃げについての雑学をご紹介してきた。今や夜逃げという言葉は、「すでに過去のもの」という印象がないだろうか?

最近では借金から逃れるために夜逃げのリスクを取るよりも、自己破産するなど、法的措置を選ぶ人が増えているのは事実だ。

しかし身の危険を感じて、逃げなければいけない環境に身を置く女性たちの問題には、人間関係が関わってくる。借金のように法律で解決できるものだとは、一概にはいえないだろう。夜逃げならぬ昼逃げは、そういった女性たちの「駆け込み寺」なのだ。

夜逃げのひっそりとしたイメージに対し、昼逃げは「決死のダイブ」といった印象である。なにも落ち度がないのに、今までの人生を捨てて逃げなければいけないなんて…。昼逃げはまさに、現代社会の闇を表しているといえるだろう

孫ちゃん
ストーカーなんてさ、ほとんど相手が都合のいいように勝手に思いこんでることが多いのに、それなのに自分が逃げなきゃいけないなんて…。
おばあちゃん
警察も、何か事件でも起きないと動けないらしいからねぇ…。あんたも気をつけなさいよ。
孫ちゃん
何を気をつければいいのかわかんないけど…。でもこういうことがあるんだってことは頭に入れときます!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー