名言・格言

温かいやさしさ。"フルーツバスケット"の名言28選!人生/命/夢/心に響く格言もご紹介!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

フルーツバスケットの名言・格言

この記事では、"フルーツバスケット"の名言・格言を集めてみた。

人気漫画として多くの少女の心を虜にし、2001年にアニメ化、2019年にも再びアニメ化。

優しくて温かいメッセージを届けてくれる"フルーツバスケット"の名言集をどうぞご覧あれ。

"フルーツバスケット"とは?

フルーツバスケット

  • 作者:高屋奈月
  • 出版社:白泉社
  • 掲載誌:花とゆめ
  • 発表号:1998年16号~2006年24号
  • 巻数:23巻
  • ジャンル:ファンタジー・学園・ラブコメディ
  • 展開:2001年アニメ化・2019年再アニメ化

スポンサーリンク

"フルーツバスケット"の名言・格言

"フルーツバスケット"の名言その1

あなたには、あなたしかできないことがある。

どんなにちっぽけに思えても、自分には自分にしかできないことが必ずある。

自分を大切にしてあげよう。

"フルーツバスケット"の名言その2

透は透らしくゆっくりやっていけばいいよ

周りのペースでなく自分のペースで。そして自分らしくあること。とても重要なことだ。

"フルーツバスケット"の名言その3

今度こそ、一緒にいても寂しくならない新しい人と出会えるといいよね

一緒にいることが幸せにつながる人と

一緒にいても悲しくなったり寂しくなる人も残念ながらいる。

そんな人ではなく幸せになれる人を探し当てたいものだ。

"フルーツバスケット"の名言その4

自分以外の人間が、自分の事を想ったり捜すのは、当たり前のことなんかじゃない。

奇跡みたいに幸福なことなんだ。

自分のことを考えてくれる人がいること。

これを当たり前に思わないように。きちんと感謝しよう。

"フルーツバスケット"の名言その5

弱くとも 弱さに酔わない自分でありたい

悲劇のヒロインにならないようにしたい。

弱さもきちんと受け止めて克服する努力が必要だ。

"フルーツバスケット"の名言その6

「愛する」ってのは 目の前にあるモノだけを愛するんじゃなくて

過去も 未来も 抱きしめることかもしれない。

こう考えると、大切な人にもっと優しくなれる気がする。

"フルーツバスケット"の名言その7

誰かにとってそれは馬鹿でも 自分にとっては馬鹿じゃないなら

自分は大事に……大切にすればいいんだ。

自分と他人では「たいせつなもの」の基準ってやっぱり違う。

自分の大事なものをきちんと大事にできる人間になろう。

スポンサーリンク

"フルーツバスケット"の名言その8

とりあえず足もとにあるものから 洗濯してみるといいかもね。

先を気にするのも大切だけど 先ばかり見てると

足もとの洗濯物に足が絡まって転んじゃうでしょ?

苦しくて、何から手を付ければいいのかわからなくて、身動きが取れないときはこの名言を思い出したい。

"フルーツバスケット"の名言その9

心の底に…何を抱えてるのかわからないのに…触れて…ないのに

”大した事ない”なんて…言ったら駄目だよ。

その人が抱えている者に他人が口を出すのはお門違い。

その人の苦しみはその人にしか本当の意味では分からないのだ。

"フルーツバスケット"の名言その10

だけど死んでしまったら もう何も試せない 取り戻せない 生きていてほしかったよ

生きていること。

何よりも大切なこと。

死んでしまってはどうしたって取り返しがつかない。

"フルーツバスケット"の名言その11

雪が溶けたらなんになる?

春になる。

今がどんなに冷たくて苦しくても、いつかは温かい春がやってくる。

"フルーツバスケット"の名言その12

大切なのは弱さゆえの向上心

弱いことはわるいことじゃない。

それを受け止め向上する心が大事なのだ。

"フルーツバスケット"の名言その13

欲望は誰でも生まれながらに持ってるから理解しやすいけど

良心(やさしさ)は個人個人の手作りみたいなもんだから

誤解されたり偽善だと思われやすいんだよな。

これは個人的にとても心に響いた名言だ。

優しさをきちんと受け取れる人間でありたい。

"フルーツバスケット"の名言その14

悪いとか悪くないとかそういう…事じゃない。傷つく人間もいるという事だ。

悪い悪くないではなく、相手を傷つけないことをするのが大切だ。

スポンサーリンク

"フルーツバスケット"の名言その15

他人と交わり傷つけたり、傷つけられたりしながら人を学び、

己自身を学ばないと本当に思いやれる人間になれないよ。

自分と他人のいろんな心に触れることで思いやりを取得する。

経験がないと何ごともわからない。

"フルーツバスケット"の名言その16

一人で歩けるトコロは歩けばいいし、ダメな時は担がれればいいんだ。

むしろ担ぐし重荷なんかじゃない。重荷なんかじゃないんだよ。

ダメな時は人を頼ることも忘れずに。

見渡せば喜んで手を差し伸べてくれる人がきっといるはずだ。

"フルーツバスケット"の名言その17

つまづいて間違っても それはムダじゃないさ。

「ムダにするもんか」って思ってれば きっと自分を育てる肥やしになるさ。

つらいことや悲しいことも「無駄にしない」と自分を信じること。

そうすればきっともっともっと強くなれる。

"フルーツバスケット"の名言その18

子どもの頃に感じた気持ちをちゃんと忘れずにいれば

大人になっても親になっても理解しあえる。

子供のころの気持ち。

きちんと忘れずにいて子供と同じ目線で語らいたいものだ。

"フルーツバスケット"の名言その19

暖かさを求めていた。

そこに熱を帯びた人肌が来たらすがりついてしまう。

それが本能というものだろう。

それは弱さではない。きっと人間だれしも1人では生きられない。

温かさを共有し合って生きていくものなのだ。

"フルーツバスケット"の名言その20

きみはきみが思ってるほど

独りなんかじゃないから。

見渡してみればいろんな仲間がいてくれることに気づけるはずだ。

"フルーツバスケット"の名言その21

苦手ならば克服すればよい

苦手はむしろ克服できるチャンス!

できることがまた1つ増えるチャンスだぞ。

スポンサーリンク

"フルーツバスケット"の名言その22

なんて幸せなことでしょう。

私の元気の源は、いつもみなさんが与えてくれるのです。

人からもらえる幸せにきちんと気づいていきたいもの。

感謝の気持ちと人からの愛を忘れずに。

"フルーツバスケット"の名言その23

今も誰かが羨ましがっているかも。

自分では気づかない何かに憧れているのかも。

そう考えると少しだけ もう少しだけ 「自分」をがんばってみようかなって思えてくる。

人は自分を過小評価してしまいがち。

誰かをうらやんでいる自分を、きっと誰かがうらやんでいるはず。

"フルーツバスケット"の名言その24

みんな戦おうとしてるんだもんね

みんな必死で生きてる。

つらいのも悲しいのも自分だけじゃない。

"フルーツバスケット"の名言その25

めげてはダメです! ネバーギブアップです!

めげてしまってはすべて無駄になってしまう。

諦めない気持ちこそがきっと何よりも強い心だ。

"フルーツバスケット"の名言その26

いつだって一度は道に迷わなければ

自分の答えにたどり着けない。

道に迷ったからこそこったえにたどり着けるのだ。

悩むことは苦しいけれど、悩まなければ自分の本心に気づけないぞ。

"フルーツバスケット"の名言その27

疑うなんて誰にでもできる簡単なことだし

透は信じてあげられる子になりな。

それはきっと誰かの力になる。

信じる力は偉大である。

人は信じあうことで強く優しくなれるのだろう。

"フルーツバスケット"の名言その28

例えばそれが悲しい思い出でも

僕を痛めつけるだけの思い出でも

いっそ忘れたいって願いたくなる思い出でも

ちゃんと背負って逃げないで頑張れば頑張っていれば

いつか…いつかそんな思い出に負けない僕になれるって信じてるから。

つらい思い出も背負って生きていくこと。

きっとそれは今後の人生の糧となる。いつかは大切な思い出になる。

"フルーツバスケット"の名言・格言まとめ

この記事では、"フルーツバスケット"の名言・格言を紹介した。

優しくてあったかい名言がたくさんあったが、

「愛する」ってのは 目の前にあるモノだけを愛するんじゃなくて 過去も 未来も 抱きしめることかもしれない。」

「欲望は誰でも生まれながらに持ってるから理解しやすいけど 良心(やさしさ)は個人個人の手作りみたいなもんだから 誤解されたり偽善だと思われやすいんだよな。」

という言葉が私はとくに印象に残っている。

あなたはどの名言に癒されただろうか。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー