名言・格言

前向きになれる!星野源の名言集24選!人生/ポジティブ/心に響く格言もご紹介!

星野源の名言・格言

この記事では、星野源の名言・格言を集めてみた。

歌手、俳優、文筆家とマルチな才能を発揮する星野源さん。

そんな彼の前向きになれる名言たちを、ぜひご覧いただきたい。

星野源のプロフィール

星野源(ほしの げん)

  • 生年月日:1981年1月28日
  • 出身地:日本 埼玉県
  • 身長:168㎝
  • 血液型:AB型
  • 職業:音楽家・歌手・俳優・文筆家など
  • 活動期間:2000年~

スポンサーリンク

星野源の名言・格言

才能があるからやるのではなく

才能がないからやる、

という選択肢があってもいいんじゃないか

とっても励まされる名言である。

才能がないからやってみる、というのも十分な理由だ。

人間はどんな状態であろうと

その中で幸せを無理やりにでも探し出し、

それを糧に生きていく

言い方を変えると、どんな中でも探せば幸せがあるということだ。

些細な幸せもすくい落とさず見つけていきたい。

どんなに的確な批評の言葉より

「おもしろい」の一言の方が

励まされるし、やる気も出るものです

本当にその通りだ!

批判を受けることがあっても、その反面応援してくれている人もいることを忘れないように。

「モテますよね?」

「いや、そんなコトない……」みたいなやりとりは終わりだっ!

 オレは、モテる!

自分はモテる! と思うところから、モテは始まるのだ。

どれだけ真面目に向き合うより、誠実であるより、

悪いやつでも強引でも、

自分をヒロインだと酔わせてくれる男のほうが魅力的に感じる女が多いようである

これは…なかなか痛いところを突いてくるなという感じだ。(筆者は女である)

いわれてみれば確かにそうかもしれない…それではダメだとはわかってはいるんだが…。

いわゆるオタクでしたからね。

髪の毛も長かったし、見た目は完全に宅八郎さんで(笑)。

でも、中3のときにモテたいと思って(笑)、それをやめたんです。

あの星野源さんにそんな過去があったと思うと、

とても勇気づけられるのでは?

スポンサーリンク

欲深いっていうのを自分で認めるようにらなってから

何かが前向きに行き始めたような気がします

すべては認めるところから。

受け止めてから、前に進めるのだ。

人は、どれだけ勉強してもどれだけ物知りでも

『知らない』ことがなくなることはないと思います。

様々な『終わり』が襲ってくるこの世の中で、

それはいつまでも新鮮に生きていられる、希望のようなものでもあると思います。

どれだけ学んでも知らないことがあるということを、マイナスではなくプラスにとらえた名言。

いつまでたっても新鮮な驚きがあるということは、たしかにとっても楽しいことだ。

人に迷惑がかからないことであれば、どんどんやったほうがいいなって。

だって、もうすぐ死ぬぜ、っていう。

どんなにうまくいっても、あと何十年で死んで、無になるぜって。

だから、これからもいろいろやりたいです

人生、なんだかんだ短いのだ。

何でもかんでもやったもん勝ちだぞ。

多分お金さえかければできると思うんですよ。

自分はそれよりも、限られた条件の中で何ができるか? っていうことに興味があるんです。

限られた条件のなかでなにができるか考える。

今の状況を嘆くのではなく、その中で精いっぱい生きる。

そんな人生もある意味ゲームのようで楽しそうだ。

雑談の中には本質が眠っている。

何気ない会話の中にその人の本質が隠れているもの。

些細なことも聞き漏らさないようにしたい。

中身が変わることによってその人が変わるでしょ。

で、その人が変わると、ブサイクだとしても

ブサイクの顔が良いっていう認識にみんななる。

たしかに不細工な人でも性格が最高だったら、

あの顔であんないい人とか逆に最高! ギャップ萌え! ってなりそうかも。

スポンサーリンク

「好きなこと」は人を動かす原動力になる。

これもまた元気の出る名言だ。

好きこそものの上手なれだ。

何も考えずに笑える時間が必要

おっしゃるとおりで。

根を詰めすぎず、そんな時間を作ってあげるのも大切だ。

一人旅とか行けたら最高

一人旅…1度は行ってみたいものだ。

寂しいって言って死んでも死んだあとも寂しいんだよ。

だったら今、頑張ろうかな。

生きてるうちにできることをしておかないと、死んだらなおさら寂しいままだ。

もういいやってくらい生きて、死ぬ時くらいラクに死にたい。

部屋だと思いっきり自分を解放できる

1人になれる時間というのは、けっこう大事なもの。

最初から何でもできる人なんていない

みんな努力の上で成り立っているのだ。

できないことを恥ずかしく思うことはない。みんなそうなのだ。

スポンサーリンク

今まであった苦しみは全部自分の欲から生まれてきてる

自分が望みすぎるから苦しくなる。

今あるもので満足すれば人生はとっても幸せなものになるのだろう。

音楽はね、死ぬと聴けなくなるんですよ。

今のうちだぜ。

なんでもそうだ。今のうち。

生きてるうちにできるだけ楽しく生きたいもの。

ただ叫んでいてもどうにもならないが

行動に移せば十秒で終わる場合もある

悩みに悩んでいたことがあっという間に解消される、なんてことはよくあることだ。

あまり根を詰めないで生きていこう。

作る時も頭で考えるっていうよりは

自分がワクワクしたらOKみたいな

自分の人生、けっきょくは自分が楽しいかどうかだ!

みなさん、楽しく、くだらなく、真面目に今日もやっていきましょう

ほがらかと、しかし最後に少しだけ気の引き締まるこの格言。

きっと人生は、ある程度はおおらかに、大事なとこだけ気を引き締めるくらいがちょうどいいのだろう。

星野源は、何者にもなり得る。

しかしそれは星野源にしかできないし、それが星野源になる。

これは私たちにも言えることだ。

自分の可能性は無限大だが、結果それは自分になるのだ。

そして、自分には自分以外だれもなれない。

星野源の名言・格言まとめ

この記事では、星野源の名言・格言を紹介した。

どれも元気になれる名言ばかりだったが、

「人間はどんな状態であろうと その中で幸せを無理やりにでも探し出し、それを糧に生きていく」

「雑談の中には本質が眠っている。」

という言葉が私はとくに印象に残っている。

あなたはどの名言でポジティブな気持ちになれただろうか。

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.