役に立つ

梅雨だけど…"ジューンブライド=幸せ"の理由は?

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

なぜジューンブライドは幸せになれるの?に関する雑学

今回の雑学テーマは「ジューンブライド」について。結婚を夢見る女性なら、一度は聞いたことがある言葉なのでは?

「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」という言い伝えだが、そもそもそれがなぜなのか、その理由まで知っている人は少ないのではないだろうか? 私なんか今まで「6月なんて梅雨だし、結婚式の当日に雨降ったら困るから絶対イヤ!」とまで思っていた。

だが、ジューンブライドにはジューンブライドなりの、花嫁が幸せになれる理由がちゃんと存在していたのだ。

【生活雑学】なぜジューンブライドは幸せになれるの?

孫ちゃん
ジューンブライドってなんか憧れちゃうよね~。でもなんでジューンブライドって幸せになれるっていわれてるのかな。
おばあちゃん
よくいわれるのが、ギリシャ神話・結婚解禁月・気候の3つの説みたいだねぇ。

【雑学解説】ローマの女神「JUNO」が由来?

ローマの女神「JUNO」が由来?というトリビア

ローマの女神「JUNO」

1つ目の説を解説する。ギリシャ神話に登場する主神ゼウスの妃であり、結婚・出産・育児の象徴である女神「JUNO(ジュノー)」。女性や家庭・子どもを守る女神として有名である。

1月~6月まではそれぞれの月を守護する神がいるのだが、JUNOが守護している月が6月なので、この月に結婚すると生涯幸せに暮らしていけるといわれているのだ。

女神様に守護されているなんて言われると、6月の結婚もいいなと思ってしまう。

おばあちゃん
でも夢を壊すようで申し訳ないけど、夫のゼウスはあっちこっちで浮気して、浮気相手との子供がたくさんいたって話だねぇ…。
孫ちゃん
え~…幸せな結婚生活じゃないじゃん…。

結婚の解禁月→ジューンブライド説

2つ目の説を解説する。かつてヨーロッパでは、6月が結婚の解禁月だったという。今では考えられないが、農作業の妨げになるのを防ぐために3月~5月の結婚が禁じられていたというのだ。

春なんて結婚式にピッタリな季節なのに、昔のヨーロッパでは禁止されていたなんて! 実際、私は春にガーデンウェディングなんていいなーと思ってたのに…。

そのために春に結婚を決めたカップルは6月になるのを待ち焦がれていたという。6月に結婚が解禁されると、結婚の解禁を待ちかねていたたくさんのカップルが結婚式を挙げ、祝福ムードでいっぱいになったそうだ。

孫ちゃん
結婚の解禁月っていったいどういうこと?って思ったけど、禁止されてたんだね。そりゃ6月になったらいっせいに結婚するわけだ。

ヨーロッパの6月の気候→ジューンブライド説

ヨーロッパの6月の気候→ジューンブライド説についてのトリビア

3つ目の説を解説する。日本では梅雨のおかげで雨の多い月のように思う6月だが、なんとヨーロッパでは6月は気候や季節が最も結婚式に適した季節だというのだ。

ヨーロッパの6月は1年間のうちで天気の良い日が最も多い月で雨も少なく、気温も暑すぎず寒すぎずちょうどいい。

おばあちゃん
ヨーロッパは湿度も低いから、日本のようなムシムシした暑さもなくて過ごしやすいみたいだねぇ。

そりゃあ結婚式に雨が降ってほしい人なんてかなりの少数派だろうから、6月に結婚式を希望する人も多くなるはずである。梅雨の結婚式を嫌がっている私も、雨が降らないならば嫌がる理由など他には何ひとつない。

スポンサーリンク

【追加雑学】ジューンブライドの梅雨対策

「なるほど。やっぱりジューンブライドって素敵!」と思ったあなた。それでもやっぱり日本では6月は雨の日が多いのは、揺るぎようのない事実である。

でもそこで諦めることなかれ。ここからはそんなあなたにぴったりの梅雨対策を3つご紹介しよう。

海外ウェディング

1つ目は、6月に雨の多い日本を飛び出して海外で結婚式を挙げてしまう方法だ。ヨーロッパだけでなく、ハワイやバリ島など結婚式に人気のリゾートも6月にベストシーズンを迎えるのだ。

なるほど! それなら思い切って、海外でのリゾートウェディングにしてみるのも素敵な思い出になるかもしれない。

孫ちゃん
あ~!リゾートウェディングね!これも憧れる!

雨が降っても安心な結婚式場で結婚式を

雨が降っても安心な結婚式場で結婚式についてのトリビア

2つ目は、雨が降っても大丈夫な結婚式場を選ぶ方法だ。もちろん、「どうしても屋外でガーデンウェディングをしたい!」という方には6月の結婚式はおすすめできないが、そんなこだわりがなければ今どきの結婚式場は雨が降っても安心な工夫がされているところも多い。

インナーガーデンがあるところや、吹き抜けのテラスが用意されている会場など、色んな結婚式場を見学してみるのもいいだろう。

ただ私はやっぱり晴れた日に結婚式したいな…。参列者の方々もお洒落してるのに、雨に濡れたら困るだろうしなー。

おばあちゃん
式場自体は雨対策がされてても、最寄り駅から式場までの道のりがねぇ…。
孫ちゃん
下手すると、自宅から駅までの間に汚れちゃう可能性もあるしね…。

結婚式ではなく入籍を6月に

結婚式ではなく、入籍日を6月にするだけでもジューンブライドといえる。一般的には6月に結婚式を挙げることをジューンブライドというが、別にそうでなければいけないなんて決まりはないのだ。

入籍日を6月にすれば「6月に結婚した」ことに間違いない。それから自分たちの好きなタイミングで結婚式を挙げればいいのだ。

雑学まとめ

梅雨だけど…"ジューンブライド=幸せ"の理由についての雑学まとめ

ジューンブライドの謎が私の中でようやく解けた。こうしてその由来や雑学を知ってみると、なるほどたしかにジューンブライドもいいかもしれない。

同じくジューンブライドっていいなと思ってくれた方は、ぜひ結婚するときの参考にしてほしい。

孫ちゃん
そうね~、できれば6月にリゾートウェディングがしたいかな~。安心して!おばあちゃんもちゃんと招待するから!
孫ちゃん
はいはい。まぁまだあんたには早いけど、まずはいい人との出会いからだね。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー