名言・格言

心に刺さる。北野武(ビートたけし)の名言61選!人生/夢/男女/深い格言もご紹介!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

北野武の名言・格言

この記事では、北野武(ビートたけし)の名言・格言を集めてみた。

明石家さんま・タモリとともに、日本のお笑いBIG3の一角を担う北野武。

司会者や映画監督としても世界に名をはせる北野武の深い名言たちをご覧あれ。

北野武(ビートたけし)のプロフィール

名前:ビートたけし

  • 本名・国外活動名:北野武(きたの たけし)
  • 生年月日:1973年1月18日
  • 出身地:東京都足立区
  • 血液型:O型
  • 身長:168㎝
  • 最終学歴:明治大学工学部
  • 活動期間:1978年~
  • 活動内容:お笑いタレント・司会者・映画監督・俳優・脚本家など

スポンサーリンク

北野武(ビートたけし)の名言・格言

北野武(ビートたけし)の名言その1

オレはまだまだ変わっていくよ。

ドキドキしたいからね、自分に。

私たちも自分にずっとドキドキさせられるような、そんな自分でいたいものだ。

北野武(ビートたけし)の名言その2

おそらく脳には、節電モードみたいなものがついていて、

ちょっと慣れてくると、すぐに楽をしようとする。

これは良くも悪くも、だ。

節電モードを使っていい時とダメな時、きちんと見極めなければいけない。

北野武(ビートたけし)の名言その3

勉強するから、何をしたいか分かる。勉強しないから、何をしたいかわからない。

何をすればいいのかわからない…というようなときは、まずは勉強あるのみだ!

北野武(ビートたけし)の名言その4

やればやるほど、人間は抜けた部分に気づく。

だからやっぱり、人間自分の目の前にあることを一生懸命やるしかない。

目の前のことをとにかく一生懸命にやる。

そうすれば、おのずと足りない部分が見つかるはずだ。

北野武(ビートたけし)の名言その5

よく「被災地にも笑いを」なんて言うヤツがいるけれど、

今まさに苦しみの渦中にある人を笑いで励まそうなんてのは、戯れ言でしかない。

しっかりメシが食えて、安らかに眠れる場所があって、

人間は初めて心から笑えるんだ。

大変な思いもたくさんしてきた北野武さんだからこそ言える言葉。

寝て食べて、やっと娯楽が楽しめる。しっかりした生活は大事だぞ。

北野武(ビートたけし)の名言その6

生きる事に理由をつけるのは構わない。

あそこの蕎麦が食いたいとか、来週のドラマの続きを見たいとか。

でも、死ぬことに理由をつけちゃいけねぇんだ。

これまた心に響く名言だ。

生きる理由はたくさん見つけていこう。

スポンサーリンク

北野武(ビートたけし)の名言その7

この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。

人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。そうじゃなくて、

そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。

人の命を大切にしてくれる北野武さんはとっても素敵だ。

1人1人の命を大事にしよう。

北野武(ビートたけし)の名言その8

強さって、鈍感さかなって思う時がある。

あの人は強いから全然くじけないっていうけど、

それは鈍感なんじゃないかって思う時あるね。

たしかに、ある意味これは正解かも。

ほどほどな鈍感さは自分を助けるカギになる。

北野武(ビートたけし)の名言その9

全部まとめてエンターテイメント。

いいことも、悪いことも。

人生はすべてエンターテインメント。

北野武(ビートたけし)の名言その10

逃げる術ばかり考えてないで少しは向かって行けって。

なんだかまったりしたものの多い北野武さんの名言の中で、背中を押されるこの言葉。

ときには立ち向かうことも大切だ。

北野武(ビートたけし)の名言その11

自分の子供が、何の武器も持っていないことを教えておくのは、ちっとも残酷じゃない。

それじゃ辛いというなら、

なんとか世の中を渡っていけるだけの武器を、子供が見つける手助けをしてやることだ。

それが見つからないのなら、せめて子供が世の中に出たときに、

現実に打ちのめされて傷ついても、

生き抜いていけるだけのタフな心に育ててやるしかない。

悲しいことだけど、この世の中には不公平なことも、つらいことも、たくさんたくさんあふれている。

そんなものに直面した時、立っていられるように教えるのが親の役目なのかも。

北野武(ビートたけし)の名言その12

やるべきことを普通にやる。それでいいんじゃないですか?

こだわりってそういうことでしょ。

やるべきことをやるだけで、人間ってえらい。

何もしなくてもつらいことが多いこの世の中で、生きているだけでえらいのだ。

北野武(ビートたけし)の名言その13

鳥のように、自由に空を飛べたら、魚のように泳げたら、なんて思わない。

自由を楽しむ生き物などいない。

生きて行く事は、つらく、悲しく、目的も分からないものだ。

生きていくことは楽しいことばかりじゃない。

当たり前のことだけど、これをちゃんと理解しているかいないかでは生きづらさって結構違う。

北野武(ビートたけし)の名言その14

「どうせ死ぬんだから、せめて生きている間は楽をしよう」

という考えは僕の場合逆でさ

「どうせ死ぬとき楽になるんだから、生きている間はとことん辛く生きよう」

というのが僕の考え。

これもまた北野武さんだからこそ心に響く名言である。

辛く生きることによって得られるものってじつは結構ある。

スポンサーリンク

北野武(ビートたけし)の名言その15

いつも不安で不安で仕方がない。

おれほど憶病者はいない。

開き直らないとむちゃできない。

不安なのは自分だけじゃない。北野武さんでも不安なんだ。

そう思うと、なんだか心が軽くなる。

北野武(ビートたけし)の名言その16

ささやかな幸せを確保するにも めちゃくちゃ努力しなきゃだめだよ。

生半可なことじゃないよ。

道には罠がいっぱい仕掛けられてるんだからさ。

ささやかな幸せは、じつはとっても貴重で尊いものだと気づかされるこの名言。

小さな幸せに存分に感謝して生きよう。

北野武(ビートたけし)の名言その17

一生懸命アイディアをひねって、白い目で見られよう

新しいことって、なぜだか白い目で見られがち。

そのアイディアの積み重ねで今があることを忘れずに。

北野武(ビートたけし)の名言その18

将来はさ、将来はみんな不安なんだよ。

でもそれをあえて出さないほうが、 男としては、かっこいいと思わない?

将来はみんな不安。

この一言に自分だけじゃないんだと心も体も軽くなる。

北野武(ビートたけし)の名言その19

思う通りにやって駄目だったら それだけのことって納得できるけど、

他人の言うことを聞いて駄目だったらどうにもならないよ

これは本当にその通りだと思う。

いつでも自分のことはきちんと自分の心に正直に決めたいものだ。

北野武(ビートたけし)の名言その20

「友情」というのは、こっちから向こうへ一方的に与えるもので、

向こうから得られる何かではない。

「友情」とは、自分の相手に対する気持ちだ。

人間は誰しも人に求めることでいっぱいになりがち。

人間関係というものは、求めることではなくこちらからの気持ちで成り立つものなのだ。

スポンサーリンク

北野武(ビートたけし)の名言その21

自分はまだ未熟だと言い訳にしてる奴が多いが、君達は完璧な人を見たことあるのか?

俺はここまでの人生で、まだ出会って無いし、これからも出会わないだろうよ

未熟なのはみんな同じ。その未熟な中で、どう戦っていくかが大切なのだ。

完璧な人間なんて、人類史上、きっと誰もいない。

北野武(ビートたけし)の名言その22

タイミングは自分で作るんだよな

タイミングとは待つものじゃなく作るもの。

北野武(ビートたけし)の名言その23

人は何か一つくらい誇れるものを持っている。

何でもいい、それを早く見つけなさい。

とっても優しく背中を押してくれるこの名言。

誰しも誇れるものがきっとある。違いはそれに気づけているかいないかだけだ。

北野武(ビートたけし)の名言その24

「鳥のように自由に空を飛びたい」と言うのは勝手だけど…。

鳥が飛ぶために、何万回翼を動かしているか、よく見てごらん…。

どんなことでも努力の上で成り立っているということを忘れてはいけない。

北野武(ビートたけし)の名言その25

もう一回、人生をやり直せたとしても、

苦しくても何でも、熱い人生を選ぶ

たった一度きりの人生なのだ。

どうせなら何が何でも熱く生きよう!

北野武(ビートたけし)の名言その26

子供の教育で大切なのは、タガのはめ方と、外し方なのだ。

タガを外しすぎれば、桶はバラバラになってしまう。

タガをきつくはめすぎても長持ちしない。

タガは外しすぎてはいけないとはよく言うが、はめすぎてもいけないとはあまり聞かない言葉である。

しかしよく考えてみると、その通りで、何事もちょうどよい加減が必要なのだ。

北野武(ビートたけし)の名言その27

へりくだった心をもって互いに相手を自分より優れた者としなさい

まるで聖母のような名言である。

へりくだりの心は人間関係においてとても重要なキーワードだ。

スポンサーリンク

北野武(ビートたけし)の名言その28

未来というのは結局この一瞬一瞬の積み重ねなんだ。

この今の延長に未来がある。遠い未来もこの瞬間の積み重ねなんだよな。

だから、今、この瞬間から別の行動を起こせば、未来は変わっていく。

いま過ごしているこの時だって、1秒後には過去になり、1秒後はすでに未来だ。

この時間の積み重ねを大事に大事にしていこう。

北野武(ビートたけし)の名言その29

自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも

そいつのためなら命をかけられるって友達が1人でもいる方が、

人間としては幸せだと思う

けっきょく自分の幸せは自分の心の中にしかない。

命をかけても一緒にいたい人を見つけたいものである。

北野武(ビートたけし)の名言その30

生まれながらにして、死ぬときの対応の仕方を模索していくのが、

人生のような気がする。

終わりよければすべて良し。なんて言葉もあるのだし、これはある意味真理なのかも。

北野武(ビートたけし)の名言その31

「人生はカネと女」ってはっきり言ってしまおう。

そうやって欲望に正直に生きれば、

日本人の顔も少しは活力ある顔に戻るんじゃないかな。

欲望に正直に生きることって、案外悪くないのかも?

最近の日本はなんだか窮屈すぎる気がする。

北野武(ビートたけし)の名言その32

世界に何十億と女がいるのに、

一人の女に振られただけで、そんなに落ち込んでどうする。

もっと素晴らしく、お前を愛してくれる女の子は一杯いる。

めぐりあってないだけだ。

失恋した時に思い出したい名言だ。

地球上の半分は女(男)なんだから。いくらでも素敵な出会いがあるのだ。

北野武(ビートたけし)の名言その33

仕事ができて、家庭でもいい父親なんてことはありえないよ。

両立ほど難しいものはない。

逆に言うと、だれでも悪いところがあればいいところもあるということだ。

北野武(ビートたけし)の名言その34

感情というのは抑えるのが当然なのに

解放するのがいいって風潮になってしまった。

確かにその通りかもしれない。

誰かのために言っちゃいけないことだって、この世にはたくさんあるものだ。

北野武(ビートたけし)の名言その35

夢をもて目的をもて、やれば出来る。こんな言葉に騙されるな。

きついようで、じつはとっても愛のある名言。

夢や希望を持たせてがんばれと言いがちだけれど、

がんばっても叶わないことが、本当はこの世の中にはいっぱいある。

不確定な励ましの言葉に押されて無理をするのは、自分のためにはならないのだ。

北野武(ビートたけし)の名言その36

放浪と旅の違い、わかりますか?

目的があるかないかです 。

大事なことでは旅をしたいものだけれど、

ときには放浪も悪くないかも?

スポンサーリンク

北野武(ビートたけし)の名言その37

夢は、夢。

目標とは違うんだけど 勘違いしてる奴が

「夢をもっていなきゃ」 なんてごちゃごちゃにしている。

夢と目標の違い、キチンと理解しているだろうか。

人生にまよったとき、思い出したい名言だ。

北野武(ビートたけし)の名言その38

いつまでもガキの頃の感性を大切にしていきたい

大人になったらなぜか消えてしまう感情や感覚ってけっこうある。

その1つ1つを大切にしていきたい。

北野武(ビートたけし)の名言その39

ワールドカップを観ていて相変わらず

「感動をありがとう」なんて言ってるやつはもうてんで駄目なんだよ。

ほんとうの感動は、やった奴しか分からない。

これもまたとても深い格言である。

どんな感動も、自分自身が成し遂げることで最大限の感情を受けることができるのだ。

北野武(ビートたけし)の名言その40

優しさは、根性です

優しくするには、根性がいる。

本当にこの名言の通りである。

北野武(ビートたけし)の名言その41

30過ぎて親を許せないやつはバカだ

親だってもちろん完璧じゃない。

自分が年を取ることでそれを痛感するのだろう。

北野武(ビートたけし)の名言その42

人生に幸せなんて求めること自体勘違いなんだよ。

最初からそう思って生きていればがっかりすることもない。

生きているだけで感謝できるのだ。

北野武(ビートたけし)の名言その43

成功の秘訣は、いちばんなりたいものじゃなくて、

その人にとっては二番目か三番目の、違う仕事に就くこと。

自分にはもっとやりたいことがあるんだけど、

今すぐにそれをできる能力はないから違うことをやってます。

それぐらい自分を客観的に見られるやつのほうが、成功する可能性は高い。

人生の道を選ぶうえでぜひ参考にしたい名言である。

年を取ればとるほど、客観性がとても重要になってくる。

北野武(ビートたけし)の名言その44

(天才は)運と才能と、あと努力…。

ごく普通のことを人一倍やった人だよ。

そして運は必要だよ。

やはり運がとても重要なのだろう。

どんな時も頑張っている自分を責めるのはやめにしよう。

スポンサーリンク

北野武(ビートたけし)の名言その45

年齢は関係なくて、無茶を出来るスピリッツを持っているかが問題

重要なのはスピリッツ!

年をとっても心は若くいたいものだ。

北野武(ビートたけし)の名言その46

一生懸命やったことをみんなに分からせるようなわざとらしい行為は良くない。

アイツ遊んでんなという風に見えるけど、よく見たら努力している

というような、そういう人間になって欲しい。

じっさいカッコいいのって、そういう人間である。

隠れた努力にも気づく人は気づいてくれるものだ。

北野武(ビートたけし)の名言その47

俺にとってあの人(明石家さんま)は、

自分のキャリアの中ですごいと思わされた一人

世界の北野が認める明石家さんま。

そんな明石家さんまさんもすごいのだろうし、素直にすごいと認められる北野武さんもすごいのだろう。

北野武(ビートたけし)の名言その48

昔から「運も実力のうち」なんて言葉があるとおり、

おいらも所詮人間の成功なんて運があるかどうかに尽きると思ってる。

人生結局「運」次第。

まったく頑張らないのも問題だけど、ある程度やってれば何の問題もないのだ。

いい加減は良い加減。とはよく言ったものである。

北野武(ビートたけし)の名言その49

今の社会は、人生とは何かとか、人間の生きる意味は何かみたいなことを言い過ぎる。

若い人には、それが強迫観念になっている。

何かとそういうことを言う大人が悪いのだ。

自分たちだって、生きることと死ぬことの意味なんか絶対にわかってないくせに。

これまた心に刺さる格言である。

人生の真理はいまだに誰もわかっちゃいないのかも。

北野武(ビートたけし)の名言その50

何に興味あんの?って言ったら、やっぱ自分に一番興味あるしさ。

何に腹が立つ?って聞かれれば、やっぱ自分だしさ。

誰が一番好きかって言えば、これも自分自身なんじゃないかね。

自分自身の心に、体に、キチンと目を向けてあげようと思えてくる。

自分のいいところも嫌なところも大切にしたい。自分をきちんと守ってあげよう。

スポンサーリンク

北野武(ビートたけし)の名言その51

我々みたいのが天才のふりをするためには、

捨てなきゃいけないものが一杯あるんだよね

「天才のふり」なんて北野武さんに言われると、この世に天才なんていないのかもなんて思えてくる。

私たちが天才だと思っている人たちは、人一倍努力をした、ただの人なのかも。

北野武(ビートたけし)の名言その52

他人への気遣いで大切なのは、話を聞いてやること

きちんと話を、気持ちを聞いてあげることで相手の心を軽くさせられる。

大切な人の話をきちんと聞いてあげよう。

北野武(ビートたけし)の名言その53

人生は楽しいことばかりじゃない。

苦しいと思うことも生きている証だと思えば楽しめる。

いつも心の隅にとどめておきたい名言だ。

生きてるから苦しいと思うことができるのだ。

北野武(ビートたけし)の名言その54

夢を持て 目的を持て やれば出来る

そんな言葉に騙されるな 何も無くていいんだ。

人は生まれて 生きて 死ぬ

これだけで大したもんだ。

生きて死ぬ。それだけで大したもの。

とっても優しくて、力が湧いてくる名言である。

北野武(ビートたけし)の名言その55

金より芸が欲しい。

権力より感性が欲しい。

とっても素敵な名言である。

目に見えた富じゃなくて目に見えない富を大切にしたい。

北野武(ビートたけし)の名言その56

どんなに売れても、300人、400人の客前で上がらないようなヤツは

芸人として感受性がないだろ。

俺、今もすごい上がり症だしな。

緊張することは当たり前のこと。

北野武さんにこんなことを言われたら、なんだか心に余裕ができる。

北野武(ビートたけし)の名言その57

あいつ、裏切った、裏切ったって心の中に毒持って生きてくより、

相手にいいことしてやったっていう感覚でいるほうがいいんだ。

だって、裏切りなんてこれからもじゃんじゃんあるんだから。

それをいちいち自分の問題にして抱え込んでたら大変なことになっちゃうもん

裏切りなんてものにいちいち心を痛める必要はない。

そばにいてくれる大切な人を大事にしていればそれだけで十分なのだ。

北野武(ビートたけし)の名言その58

努力すれば、なんとかなるって そんなわけないだろう。

一所懸命やればなんとかなるほど世の中甘くない。

親とか周囲の大人が一番知ってんじゃねえか。

必死にやってもうまくいくとは限らなくて どうにもならないこともある。

それが普通で当たり前だってことの方を教えるのが教育だろう。

これも冷たいようでじつはとっても愛にあふれた名言だと思う。

どうにもならない理不尽さに直面した時、立っていられる強さを教えるのも親の役目だ。

北野武(ビートたけし)の名言その59

生きてるだけで幸せだっていうかさ。

生きてるからガックリできんだもん。

ガックリできることも生きてるからこそできることなのだ。

生きていなければ悲しむこともできないのだ。

北野武(ビートたけし)の名言その60

努力ってのは宝くじみたいなものだよ。

買っても当たるかどうかはわからないけど、買わなきゃ当たらない。

それくらいの心持ちでいることが人生をラクに生きるコツなのかも。

北野武(ビートたけし)の名言その61

自慢話は一文の得にもならないし、

その場の雰囲気を悪くする。

それよりも、相手の話を聞くほうがずっといい。

人間関係を築くうえで覚えておきたい名言である。

相手の話を聞くほうが得られるものもきっとたくさんある。

北野武(ビートたけし)の名言・格言まとめ

この記事では、北野武(ビートたけし)の名言・格言を紹介した。

ずっしりと胸に響く、ステキな名言がたくさんあったが

「生きる事に理由をつけるのは構わない。あそこの蕎麦が食いたいとか、来週のドラマの続きを見たいとか。でも、死ぬことに理由をつけちゃいけねぇんだ」

「夢を持て 目的を持て やれば出来る。そんな言葉に騙されるな 何も無くていいんだ。

人は生まれて 生きて 死ぬ。これだけで大したもんだ。」

という言葉が私はとくに印象に残っている。

あなたはどの名言に心打たれただろうか。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2021 雑学カンパニー