名言・格言

元気が出る。"下町ロケット"の名言13選!人生/夢/仕事/深い格言もご紹介!

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

下町ロケットの名言・格言

この記事では、"下町ロケット"の名言・格言を集めてみた。

池井戸潤による小説、シリーズであり、その人気からドラマ化もされたこちらの作品。

幅広い世代に愛されている"下町ロケット"の、元気の出る名言たちをご覧あれ。

"下町ロケット"とは?

下町ロケット

  • 著者:池井戸潤
  • ジャンル:小説
  • 発行日:2010年11月24日
  • 発行元:小学館
  • 展開:テレビドラマ化・ラジオドラマ化

スポンサーリンク

"下町ロケット"の名言・格言

"下町ロケット"の名言その1

社長、あなたは夢に愛されている だから逃げちゃいけない!

お願いだから、諦めないで下さい。

夢があるなら、それに向かって諦めず突き進んでいきたい。

逃げなければいつか手にすることができるはずだ。

"下町ロケット"の名言その2

技術者はみんな自分の無力さを知ってるよ。

毎日、壁にぶつかってばかりだからな。

昨日できなかったことが今日できるようになる。

今日分からなかったことが明日分かるようになる。

壁にぶつかるからこそ、前に進んでいけるのだ。

できるようになる喜びというのは、最初からできることより大きいはずだぞ。

"下町ロケット"の名言その3

難しいからこそ、やる価値があるんだよ

難しいからこそ、成し遂げたときの成果の大きさや喜びが増えるもの。

諦めずにコツコツと前に進んでいきたい。

"下町ロケット"の名言その4

どんな難問にも必ず答えがある。

みんなの力をどうか貸して欲しい。

解けない問題はこの世には存在しない。

どんなことでも、必ず解決策があるはずだ。

"下町ロケット"の名言その5

どこに行っても苦しい時が必ずある。

そんな時は、逃げるな。人のせいにするな。

それから仕事には夢を持て。

苦しい時に折れてしまわないその心が

夢をかなえるカギとなる。

"下町ロケット"の名言その6

いい年したおっさんが 夢見て何が悪い。

町工場が夢見て何が悪いんだ!

何歳になっても夢を持って歩んでいきたい。

人生はそうして輝きを増していくのだ。

スポンサーリンク

"下町ロケット"の名言その7

勝つべくして勝つなんてありえない。

勝つか負けるか…ギリギリの所にしか本当の勝負はない。

勝って当たり前のものなんて、さいしょから勝負なんていえないのでは?

逆にいえば、勝負である以上、どんなに実力差があったとしても勝てる可能性があるということだ。

"下町ロケット"の名言その8

リスクのないところにビジネスがありますか?

ビジネスマンならきっと共感できるであろうこのセリフ。

ハイリスクハイリターン。商売の鉄則である。

"下町ロケット"の名言その9

必要な金を稼ぎ、生活していくために働く。

だけどそれだけじゃあ窮屈だ。

だから仕事には夢がなきゃならないと思う。

人生の半分…いや、下手したらそれ以上も仕事をしているのだ。

せっかくやる仕事、夢を持って楽しくおこなっていきたい。

"下町ロケット"の名言その10

スマートにやれると思うなよ!

お前ら、泥臭くやれ!

頭いい奴らは

キレイにやろうとして手を汚さないんだ。

キレイにやること、これも大切だが、泥臭くないと見えないものも必ずある。

手を汚してこそ得られるものもこの世にはたくさんあるのだ。

"下町ロケット"の名言その11

復讐や憎しみだけじゃ未来は作れない。

夢を持つことが必要なんだ。

とてもステキな名言。

未来を創るには負の感情ではなく、夢の力が必要なのだ。

"下町ロケット"の名言その12

人間の本性がわかるのは窮地に立たされたときです。

そんな時だからこそ、本当の友達というのが見えてくるのかもしれない。

窮地の時も、ともに戦ってくれる仲間や家族を持ちたいものだ。

"下町ロケット"の名言その13

穴を開ける、削る、研磨する。

技術がいくら進歩しても、それが物づくりの基本だと、私は思います。

物づくりに限らず、基本を大切にしていくのは重要だ。

どんなことでもけっきょく基本ができていなければ成り立たない。

"下町ロケット"の名言・格言まとめ

この記事では、"下町ロケット"の名言・格言を紹介した。

熱くて深い名言がたくさんあったが、

「復讐や憎しみだけじゃ未来は作れない。夢を持つことが必要なんだ。」

という言葉が私はとくに心に残っている。

あなたはどの名言が好きだっただろうか。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー