日常のうんちく 暇つぶし

舐めすぎると太る!?切手にはカロリーがある。

切手を舐めると「2カロリー」摂取してしまうという雑学

封筒に切手を貼るとき、切手を直接舐めていないだろうか? 筆者のおじいちゃんはよくやっていたが、手紙をもらう側からすると「げっ」と思ってしまう。知らぬが仏というやつである。

切手を舐めている人に悲報なのだが、実は切手にはカロリーがある。美味しくもない切手を舐めて太るのだけは嫌だ…! 今回は、切手のカロリーに関する雑学を紹介していくぞ。

【面白い雑学】切手を舐めると「2カロリー」摂取

切手を舐めると2kcal摂取することになるが、それで太ることは多分ない。

【雑学解説】切手の裏のりには合成樹脂が使用されている

切手の裏のりには合成樹脂が使用されているというトリビア

インターネットで調べてみると、「切手を舐めると2カロリー(2Cal)摂取」もしくは「切手を舐めると2kcal摂取」という情報が出てくる。ん? どちらが正解なのだろうか…?

実はどちらも正解で、2Cal=2kcalなのである。「Cal」という表記は今ではあまり使われていないが、「1000cal=1kcal=1Cal」という関係性になっているぞ。や、ややこしい!

とりあえず切手にカロリーがあるのは確定で、「1枚舐めると2kcal摂取することになる」と覚えていこう。1枚2kcalということは、100枚舐めると200kcal。ご飯茶碗1杯くらいのカロリーになる。

とはいえ、普通に考えて切手を何十枚も舐めることはない。舐めてもせいぜい数枚だろうから、切手のカロリーを気にしすぎる必要はなさそうだ。

では、なぜ切手を舐めるだけでカロリーを摂取することになるのだろうか。その答えは、切手の裏に塗ってある「裏ノリ」にあった! 切手の裏ノリは、合成樹脂の「ポリビニールアルコール(PVA)」と「酢酸ビニルソルビット」からできている。

切手を舐めたことがある人は分かると思うが、切手の裏ノリにはほんのりと甘みがある。とはいえ、カロリーがあるなんて想像もしていなかった!

【追加トリビア①】切手を舐めても体には無害

切手を舐めても体には無害というトリビア

切手の裏ノリが合成樹脂でできていると聞いて、まず気になるのが「体に害はないのか」ということである。結論から言うと、切手を舐めても体には無害だから安心してよい。

裏ノリ自体は無害だが、切手は不特定多数の人間が触るから衛生的とはいえない。ドラマや小説などでは、切手の裏に毒が塗られていた…というトリックもよくある。そう考えると、とても舐める気分になれないのは筆者だけではないはず。

スポンサーリンク

【追加トリビア②】切手を舐めずに貼りつける方法

切手を舐めて太ることはほぼないが、ダイエット中は少しでも摂取カロリーを減らしたいものである。衛生面も気になるし、受け取る側のことを考えるとやはりマナーとしてよろしくない。そこで、切手を舐めずに貼りつける方法を紹介していこうと思う。

  • 切手を貼らずに郵便局の窓口に差し出す
  • 皿などに水を入れて、指で切手に水をつける
  • ノリで貼りつける
  • シール式切手を使う
  • 専用アイテムを利用する

今すぐにできる方法はザッとこんな感じだろう。気になるのは「専用アイテム」である。

実は、切手を濡らすためだけのアイテムが存在するのだ。郵便局のカウンターなどで見かけたことがあるかもしれない。

こちらは、指先に適量の水をつけられる「メクボール」の紹介動画である。

「メクボール」という名前の通り、紙をめくるときに便利なアイテムだが、切手を貼るときにも重宝しそうだ!

関連雑学

切手はシャンプーを溶かした水で剥がれるという雑学
切手を剥がしたい…!それならシャンプーがおすすめですぞ【動画あり】

続きを見る

トリビアまとめ

今回は、切手のカロリーに関する雑学を紹介してきた。

切手を1枚舐めただけで2kcal摂取することになるとは! 1日に何十枚も舐める人は少ないと思うが、念のために切手にはカロリーがあることを頭に入れていこう。

ちなみに、筆者は「シール式切手」を愛用している。切り離したり、水をつけたりする手間がかからず非常に便利だぞ。

しかも絵柄がかわいい! いまいち浸透していかないのはなぜだろう…。

関連雑学

初めて外国の切手になった日本人は、水墨画家の「雪舟」という雑学
外国の切手の"日本人初"は雪舟!水墨画が好評だったようです

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.