名言・格言

元気100倍!やなせたかしの名言38選!アンパンマン/人生/正義/心に響く格言もご紹介!

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

やなせたかしの名言・格言

この記事では、やなせたかしの名言・格言を集めてみた。

日本で1番有名なヒーロー・アンパンマンの生みの親、やなせたかしさん。

愛にあふれたヒーローの生みの親は、もちろん愛にあふれた人。

そんな心温まる名言たちを、どうぞご覧あれ。

やなせたかしのプロフィール

やなせたかし

  • 本名:柳瀬 崇(読みは同じ)
  • 生誕:1919年2月6日
  • 逝去:2013年10月13日(94歳)
  • 出身地:東京都文京区
  • 育ち:高知県香美市
  • 職業:漫画家・絵本作家・詩人など
  • 代表作:アンパンマン・手のひらを太陽に
  • 活動期間:1947年~2013年

スポンサーリンク

やなせたかしの名言・格言

やなせたかしの名言その1

夢も希望もない世の中だけど、生きていりゃ良かったと思えることがあるかもよ

あるかもよ としか言いようがないけど

もうちょっとだけ我慢して生きてみて

なんだか心温まる名言。

もう少しだけ頑張ってみようと思えてくる。

やなせたかしの名言その2

病気になったらなったで、そこで楽しみを見つけ、おもしろがっている。

病気だって、みんなが体験できることではない。

1つ1つを貴重な体験だと思って楽しみを見つけていこう。

やなせたかしの名言その3

生きていることが大切なんです。

今日まで生きてこられたなら、少しくらいつらくても明日もまた生きられる。

そうやっているうちに次が開けてくるのです。

とにかく「生きていること」が大切。

命さえあればこれからなんだってできるのだ。

やなせたかしの名言その4

健康でスタスタ歩いているときには気がつかないのに、

病気になってみると、当たり前に歩けることが、どんなに幸福だったのかと気づく。

幸福は本当はすぐそばにあって、気づいてくれるのを待っているものなのだ。

気づかないだけで、私たちの周りには幸福があふれてるのかもしれない。

当たり前のことって、幸せなことなのだ。

やなせたかしの名言その5

成功の秘訣というのは、

ぼくに言わせれば、70%が運。20%が努力で、10%が天分。

ぼくがどれだけ漫画を書いていたとしても、

そのよさを発見する人、本にしたいと思う人が出てこなければ駄目なんです

自分だけの力では成功って成し遂げられない。

いつでも人への感謝を忘れてはいけない。

やなせたかしの名言その6

危難と地獄、辛酸のなかに重要な何かがある。

長い人生では、一回や二回は地獄を通過したほうが、かえっていいのかもしれません。

つらいとき、元気が出る名言である。

悲しみや苦しみの中には、それでしか得られないものがある。

それはいつか、人生において役に立つときが来るだろう。

やなせたかしの名言その7

我々が本当にスーパーマンに助けてもらいたいのは、

たとえば、失恋して死にそうな時、おなかがすいて倒れそうな時、

あるいは旅先でお金がなくなった時、その他いろいろあるわけで、

そういう細かいところに気がつく優しいスーパーマンがいてほしいのです。

鉄橋もちあげたり、全くいそうにもないビニール製の怪獣をなぐりつけてもらっても、あんまり心から喜べない。

本当のスーパーマンは、ほんのささやかな親切を惜しまない人だと。

そして、そういう話をいつか描きたいと考えたのです。

おなかが減ったときにアンパンを差し出してくれるアンパンマン。

彼は、やなせたかしさんのこんな思いから生まれたのだろう。

スポンサーリンク

やなせたかしの名言その8

逆転しない正義とは献身と愛だ。

それも決して大げさなことではなく、

眼の前で餓死しそうな人がいるとすれば、その人に一片のパンを与えること。

スーパーヒーローよりも、困ったときに大掛かりでなく

誰にでもできるやり方で、そっと手を差し伸べてくれる人が本当の優しい人なのだ。

やなせたかしの名言その9

夢は追い求めているほうが幸福なのだ

叶ってしまった夢は結構儚いもの。

そして、その夢の悪い部分も知ってしまうもの。

やなせたかしの名言その10

本当の正義というものは、決して恰好のいいものではないし、

そしてそのために必ず自分自身も深く傷付くものです。

心に刺さる名言である。

ヒーローは、心に傷があって、人の傷もわかるからヒーローなのだ。

完璧超人は本物のヒーローにはなれない。

やなせたかしの名言その11

「やなせさんはずーっと順調にきていて、一度も挫折したことがありませんね」と言われることがある。

とんでもない。

挫折というのは途中で駄目になることだが、ぼくは四十歳を越えてもまだ五里霧中で、

挫折どころか、出発していなかった。

自分はどうだろう? と考えさせられる名言。

挫折だと思っているのは案外自分だけだったりして。

やなせたかしの名言その12

経験したことすべてが役立つんです。

だから失恋しても、泥棒にあっても、戦争にあっても、病気しても、

目の前に起こることすべてが役立つんですよ。

僕にとって漫画っていうのは、それを集約して作品にしていくってことなんですね。

これは誰にでもいえること。

どんな困難もいつか必ず役に立つ。

やなせたかしの名言その13

「恥ずかしいからやらない」のではなく、

「恥をかいてもやってみる」ほうが、人生はおもしろいし、そこから得るものがある。

一生懸命やって失敗しても、それは頼んだほうが悪い。

そう思えば気が楽です。

一生懸命やって失敗したら頼んだ方が悪い。

真面目な日本人に教えてあげたい名言だ。

スポンサーリンク

やなせたかしの名言その14

一瞬を一生懸命生きるということと、目の前にいる人を喜ばせる。

毎日、それをやっていきます。

それしかありませんね。

きっと、これからも。

心に留めておきたい名言。

そうすれば、後悔も少なくなるはず。

やなせたかしの名言その15

幸福とは何だろう。幸福の正体はよくわからない。

お腹をすかせて一杯のラーメンがとてもおいしければ、それは本物の幸福だ。

十円には十円の幸福があり、一億円には一億円の幸福がある。

インスタントラーメンも、

シューマイ弁当も、

アンパンも、

ときにはパリの高級レストランの食事よりおいしい。

これは真理ですよね。

幸せってその時の状況や人によって全然違って。

自分だけの幸せをきちんとかみしめて生きていきたい。見失わないように。

やなせたかしの名言その16

やりたくないけれど、やらなければならないことは趣味にしてしまえばいい。

というのは、我ながら大発見。

超ポジティブ理論!

どんなことにも探してみれば楽しめる要素って、案外あったりする。

やなせたかしの名言その17

あんまり深く突き詰めて考えない。

「今日を楽しむ」と考えていけば、何とかやっていけるんじゃないかな。

目の前のことを楽しむ。今を楽しむ。

その積み重ねが人生の楽しみになるはず。

やなせたかしの名言その18

ひとはひとを喜ばせることが1番うれしい。

人生は、よろこばせごっこ。

人生は喜ばせごっこ。

とても素敵な言葉だ。心に刺さる。

やなせたかしの名言その19

幸福とは何か?

この命題に対してはいくつかの答えがあります。

たとえばそれは健康であり、

たとえばそれは成功であり、

あるいは草むらの上をはだしで歩くことといった

普通なごく素朴な喜びもまた幸福です。

でも、その最大のものは、やはり「めぐりあい」。

人と人との出会いです。

大好きな人に出会えた喜びは

きっとっどんな幸せにも勝るのだろう。

その感謝をずっと持って生きていきたい。

やなせたかしの名言その20

お金持ちになれる正しい原則は、良心的なおもしろい仕事をすることです。

仕事が楽しければ、心の健康にもいいし作業効率も上がるだろう。

仕事を選ぶときぜひ参考にしたい。

スポンサーリンク

やなせたかしの名言その21

人は何が一番楽しいんだろう。何が一番うれしいんだろう。

その答えが「よろこばせごっこ」だった。

母親が一生懸命に料理をつくるのは、「おいしい」とよろこんで食べる家族の顔を見るのがうれしいからだ。

父親が汗をかいて仕事をするのは、家族のよろこびを支えるためだ。

美しく生まれた人は、その美しさで人をよろこばせることができる。

学問が得意な人は学問で、絵を描ける人は絵を描くことで。歌える人は歌で。

人を喜ばせること。

人生において幸福を手にするためのキーワード。

人はもともと、とてもやさしい心で生まれてくるのだろう。

スポンサーリンク

やなせたかしの名言その22

好きなことや得意があるということは、いいことですよ。

心のよりどころになるし、いつか自分を助けてもくれる。

どんなにちっぽけなことでも、自分のいいところをきちんと把握しておいてあげよう。

そして褒めてあげるのだ。

やなせたかしの名言その23

好きなことを見つけて、それを一生、やっていってほしい。

見つからないなんて言っていないで、とにかく必死で探すのだ。

絶対に何かひとつはあるはずだ。

この好きなことというのは、大掛かりな夢とか仕事とかじゃなくて

どんなに些細なことでもいい。

むしろ些細なことで好きなことを見つけられると、人生はその分幸せなものになるはずだ。

やなせたかしの名言その24

絶望の隣が絶望だったらこれはもう生きていかれない。

絶望したとしても、必ずまたいいことがあります。

すぐそばに希望がある、そう信じてもう少しの間頑張ろうと思います。

今が絶望だからと言ってずっとそれが続くということはあり得ない。

必ず次は良いことが起こるはず。

やなせたかしの名言その25

一歩一歩、平凡に生きていくことは人の記憶には残りにくい。

だが、その平凡なことを何十年も続けていくと、いつの日か、遠大な目標も果たされるのだ。

当たり前のこと、小さなことをおろそかにしては、目標や希望にはとうてい手が届かない。

長い人生を生きてきて、ぼくは心からそう思っている。

90年以上生きた先人が言うのだ。間違いはないだろう。

小さなことからコツコツと。やはりこれがとても重要なこと。

スポンサーリンク

やなせたかしの名言その26

心と心がふれあって、なんにもいわずにわかること。

ただそれだけの喜びが、人生至上の幸福さ。

大切な人とそんな関係になれたら、この上ない幸せである。

やなせたかしの名言その27

アンパンマンは、世界最弱のヒーローだ。

正義を行う人は強い人かというと、そうではないと思う。普通に弱い人なんだと思う。

でも、火事で子どもが焼け死にそうになっているのを見れば、人が止めても、火の中に飛び込んでいく。

溺れている子がいれば、やっぱり水に飛び込んでいく。

子どもが助かっても、自分は命を落としてしまうこともある。

こんなふうに、ちっとも強いわけではない。

だけど、やらなければならないときには、勇気を出して戦う。それが正義だ。

強さがヒーローの証なのではなく、

自分が傷つこうとも人を助ける心の優しさがヒーローの証なのだろう。

やなせたかしの名言その28

一日一日は楽しい方がいい。

たとえ十種の病気持ちでも運は天に任せて、できる限りお洒落もして、この人生を楽しみたい。

いつでもどんな時でも、その状況下でできる精一杯の楽しいことをやる。

それが人生を幸福に生きるテクニックだろう。

やなせたかしの名言その29

強いからヒーローなんじゃない。

喜ばせるからヒーローなんだ。

これも心に刺さるセリフ。

ヒーローの基準は体の強さではなく心のやさしさだ。

やなせたかしの名言その30

「継続は力なり」というが、あきらめないでひとつのことを思いを込めてやり続けていると、

ちゃんと席が空いて、出番がやってくるものなのだ。

やなせたかしさんに言われると、信用できる。

もう少し頑張ってみようと思えてくる。

やなせたかしの名言その31

ごくありふれた日常に

さりげなくひっそりと

幸福は隠れている。

その隠れた幸福にきちんと気づいて感謝できるなら、

人生を幸せに過ごせるはずだ。

スポンサーリンク

やなせたかしの名言その32

「悲喜こもごも」という言葉がありますが、まずは悲しみが先にやってくる。

人間が生きていることを感じるのは、悲しいときのほうが多いんですね。

悲しみがあるから喜びを感じられる。

人生において悲しみもとっても大事な感情だ。

やなせたかしの名言その33

いつも前を見て、倒れるときも前のほうに倒れる。

そんな生き方を理想に、生きていきたい。

そうしたら、どんなときでも前にしかいかない。

倒れたいときは倒れればいい。

スポンサーリンク

やなせたかしの名言その34

夢を実現することだけが人生の目的ではない。

夢に向かって1歩ずつ1歩ずつ

進もうとするその力が尊いのだ

心温まる名言。

夢は叶えることが重要なのではない。その途中のいろいろな頑張りに意味があるのだ。

やなせたかしの名言その35

正義に勝ち負けなんて関係ない。

困っている人のために愛と勇気をふるって、ただ手をさしのべるということだけなのだ。

ヒーローものって、戦って最後に必ず勝つ。

というのがよくあるイメージだが、じつはそうじゃないのかも。

本当のヒーローがくれるのは勝利ではなく愛のこもった普通の優しさだ。

やなせたかしの名言その36

さみしさに負けそうなとき

にぎりこぶしをつくりなさい。

げんこつで涙ふきなさい。

寂しい時、思い出したい格言。

やなせたかしさんがそばにいてくれる気持ちになる。

やなせたかしの名言その37

正しいことをする場合、必ず報いられるかというと、

そんなことはなくて、逆に傷ついてしまうこともあるんです。

傷つくかもしれないけれど、それでもやらなければいけないときがある。

傷つくけれど、でも正しいことをする。

それが本物のヒーローなのだろう。

やなせたかしの名言その38

正義って相手を倒すことじゃないんですよ。

アンパンマンもバイキンマンを殺したりしないでしょ。

だってバイキンマンにはバイキンマンなりの正義を持っているかも知れないから。

正義の反対はまた別の正義。なんて言葉もあるが、本当にその通りなのだろう。

きっとどんな悪人にも守りたいものや大切なものがあるから戦うのだ。

やなせたかしの名言・格言まとめ

この記事では、やなせたかしの名言・格言を紹介した。

心に響くすてきな名言がたくさんあったが、

「ひとはひとを喜ばせることが1番うれしい。人生は、よろこばせごっこ。」

「ごくありふれた日常にさりげなくひっそりと幸福は隠れている。」

という言葉が私はとくに印象に残っている。

あなたはどの名言に元気をもらえただろうか。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー