名言・格言

ほっこり温かい。吉本ばななの名言集12選!人生/恋愛/女/心に響く格言もご紹介!

吉本ばななの名言・格言

この記事では、吉本ばななの名言・格言を集めてみた。

父は詩人の吉本隆明・姉は漫画家のハルノ宵子。

姉が絵がうまかったことから「それなら私は文章だ」と思い、5歳くらいから作家になろうと決めていたという。

幼いころから作家を志し、いろいろな言葉に、感情に触れてきた彼女の名言たちをぜひ見ていってもらいたい。

吉本ばななのプロフィール

吉本 ばなな(よしもとばなな)

  • 本名:吉本 真秀子(よしもとまほこ)
  • 生年月日:1964年7月24日
  • 出身地:東京都文京区
  • 職業:小説家
  • 活動期間:1987年~
  • 父:吉本隆明
  • 妹:ハルノ宵子

スポンサーリンク

吉本ばななの名言・格言

今日あったいやなことは、

とりあえずみんななかったことにしよう。

いやなことは次の日に持ち込まない。

単純だけど、これ、けっこう大事なことだ。

嫌いな人がいたら、好きになるところまで

離れればいいのよ。

近すぎると、いやなところがありありと見えてしまうもの。

だったら、許容できる距離まではなれればいいのだ。

自分も含めていろんな人の人生を見てみると、

全部がダメっていう状況ってない。

これはかなり元気が出る名言だ。

行き詰ってしまったときはいいものが転がっていないか周りを見回してみよう。

大丈夫、大丈夫、 いつかはここを抜ける日がやってくる

つらいときに思い出したい名言。

辛い日がずっと続くなんてことはないんだから。

こわがっていたら、なにも進まない、なにも起きない。

誰も愛せない。

なにも動くことがなくなってしまう。

慎重すぎるのも困りもの。

勇気を出して一歩踏み出してみることが大切だ。

スポンサーリンク

何かを手に入れる時には、何かを手放すに決まってるだろう?

何事も代償は生じる。

その代償を比べて、大切なほうを間違わないで手に入れていきたい。

人は人に捨てられたりなんかしない。自分が自分を捨てることしかできないよ。

人は人に捨てられない。

ずっと胸に刻んでおきたい名言だ。

別れも死もつらい。

でもそれが最後かと思えない程度の恋なんて、女にはひまつぶしにもなんない。

だから、今日ちゃんとお別れできて、よかったと思う。

いまが楽しいだけの恋は、しょせんその程度だ。

未来のある恋愛がしたいものである。

どうしてもどうしてもさわりたくて、

気が狂うほど、もういてもたってもいられなくて、

彼女の手に触れることができたらもうなんでもする、神様。

恋の甘さと苦しさ、両方が感じられるこの名言。

こんな風に誰かに思われる自分でいたいものだ。

スポンサーリンク

止めることのできない時間は

惜しむためだけでなく、

美しい瞬間を次々に手に入れるために流れていく。

なんだか未来へ希望が持てる格言である。

美しい記憶をこれから先つかみ取っていきたい。

いろいろなことがあって、何度も底まで沈み込む。

何度も苦しみ何度でもカンバックする。

負けはしない、力は抜かない。

そこまで沈むことがあれば、また泳いで這い上がればいい。

大事なことは負けないこと、諦めないことだ。

やりたいと思ったときが、 時間のある時なんだ。

そういうのをしなくなったら、 時間の奴隷になっちゃうよ。

やりたいと思ったとき、パッと手を出さないと 届かないことがあるんだ。

やりたいと思ったときに手を出さないと届かなくなることがある。

この名言をしっかり胸に刻んで後悔のない人生を歩みたい。

吉本ばななの名言・格言まとめ

この記事では、吉本ばななの名言・格言を紹介した。

どれも心に響くステキな名言ばかりだったが、

「自分も含めていろんな人の人生を見てみると、全部がダメっていう状況ってない。」

「止めることのできない時間は 惜しむためだけでなく、美しい瞬間を次々に手に入れるために流れていく。」

という言葉が私はとくに印象に残っている。

あなたはどの名言が好きだっただろうか?

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.